介護資格・職種 情報

社会福祉主事の給料・年収は?他の職種と比較

社会福祉主事は市役所や福祉事務所で働く公務員で、貧困で生活に困っている方の相談に乗ったり、生活保護の手続きをしたりするのが主な仕事です。

この記事では社会福祉主事の年収をはじめ、社会福祉主事任用資格を活かして民間で働く場合の年収や、社会福祉士との比較など、社会福祉主事の給料にまつわるデータを調査しています。

「給料についてしっかり知った上で、社会福祉主事を目指したい」という方はぜひチェックしてみてくださいね。

社会福祉主事の平均年収は約514万円

社会福祉主事の平均年収は約514万円

社会福祉主事は公務員のため、所属する自治体によって給料が変わります。

社会福祉主事は福祉職一般行政職として採用されることがほとんどなので、今回は平成31年地方公務員給与の実態のうち、福祉職と一般行政職の平均給与に注目して見てみましょう。

調査によると福祉職の平均年収は約514万円一般行政職の平均年収は約576万円なので、社会福祉主事の平均年収も大体このくらいの金額になると考えられます。

月収に直すと、31万円〜34万円ほどです。

なお、この平均年収・平均月収には、特殊勤務手当や時間外勤務手当は含まれていません。

年齢別の平均年収

年齢別の平均年収

では続いて、年齢ごとに社会福祉主事の平均年収を比較します。

社会福祉士の年代別年収
年齢 平均年収
20〜24歳 430万円
25~29歳 351万円~401万円
30~34歳 360万円~460万円
35~39歳 372万円~476万円
40~44歳 414万円~535万円
45~49歳 477万円~599万円
50~54歳 532万円~642万円
55~59歳 527万円~637万円
60~65歳 333万円~637万円

引用:平均年収.JP

公務員は年功序列のため、年代が上がるにつれて順当に給料も上がっていきます。

40代になると、社会福祉主事全体の平均年収を超えるでしょう。

また現場で相談業務をするケースワーカーから、監督役のスーパーバイザーにキャリアアップすることで、さらなる給料アップが望めます。

社会福祉主事任用資格を活かした仕事の年収

社会福祉主事任用資格を活かした仕事の年収

さて、ここまでは公務員の社会福祉主事の給料について紹介してきましたが、社会福祉主事任用資格を活かして民間で働く場合の給料もチェックしていきましょう。

社会福祉主事になるには、社会福祉主事任用資格を取って公務員試験に合格する必要がありますが、資格だけ取って民間の仕事に活かすこともできるのです。

今回は、病院で働く医療ソーシャルワーカーと、福祉施設で働く生活相談員の給料を見ていきます。

医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカーは、患者さんの生活面での悩みを聞いてサポートする仕事です。

医師が病気の治療を行うのに対し、医療ソーシャルワーカーは医療費のことや退院後の生活などについて相談に乗ります。

医療ソーシャルワーカーの平均年収は約393万円

社会福祉主事と比べるとやや低い印象ですが、役職がつけば平均年収500万円を超えることもあります。

医療ソーシャルワーカーの給料・年収は?地域や年齢別に紹介!

生活相談員

生活相談員は福祉施設で利用者の相談に乗り、医療や行政などと連携して悩みを解決します。

医療ソーシャルワーカーは患者さんを、生活相談員は施設の利用者を支援します。

支援の対象者はそれぞれ違いますが、どちらの仕事も生活に関する相談に乗るという点ではほぼ同じです。

生活相談員の平均年収は、約366万円です。

公務員である社会福祉主事と比べるとやはり低く感じてしまいますが、介護職の中ではやや高い水準にあります。

生活相談員の給料はどれくらい?さらなる給与アップを目指す方法

社会福祉士との給料や仕事内容の比較

社会福祉士との給料や仕事内容の比較

では、社会福祉主事の上位資格である社会福祉士の給料はどうでしょうか。

社会福祉士全体の平均年収は、約377万円です。

この数字だけ見ると社会福祉主事より少ないと思うかもしれませんが、公務員の社会福祉士に限定すると、社会福祉主事と同じく500万円ほどとなります。

社会福祉士は生活困窮者だけでなく、高齢者、児童、障がい者などさまざまな人を対象に相談業務を行うのが仕事です。

そのため社会福祉主事が主に福祉課に配属されるのに対し、社会福祉士は福祉課、介護支援課、児童課、障がい者支援課など、幅広い部署に配属される可能性があります。

同じ公務員で相談業務をする仕事でも、より幅広い分野で活躍したいという場合には、社会福祉士になることをおすすめします。

社会福祉士は国家資格のため難易度は高いですが、取得すれば将来独立することも可能になり、さらなる年収アップが望めますよ。

社会福祉士の給料・年収は低い?稼げる職場をチェック!

ワークライフバランスが取りやすい!社会福祉主事の働きやすさ

ワークライフバランスが取りやすい!社会福祉主事の働きやすさ

最後に、給料以外での社会福祉主事の働きやすさについて解説していきます。

社会福祉主事は公務員だけあって、労働環境が良いのが魅力です。

体力仕事ではない

社会福祉主事は相談業務がメインで体力仕事ではないため、長く続けやすい仕事です。

ケースワーカーのうちは家庭訪問で外出することもありますが、年齢が上がってスーパーバイザーになれば、実際に現場に出ることは少なくなるでしょう。/p>

ワークライフバランスが取りやすい

市役所や福祉事務所の業務時間は、基本的に平日の9時〜5時半までというパターンが多いです。

そのため土日はしっかり休めますし、夜勤もないため、ワークライフバランスが取りやすいと言えます。

安定感で選ぶなら社会福祉主事がおすすめ

安定感で選ぶなら社会福祉主事がおすすめ

社会福祉主事の給料は平均年収で約514万円〜576万円と、他の福祉・介護職と比べても高いです。

また公務員のため、給与面だけでなく労働環境にも恵まれています。

安定して長く続けられる福祉職に就きたい!という方は、ぜひ社会福祉主事を目指してみてはいかがでしょう。

社会福祉主事の関連記事

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。