介護資格・職種 情報

福祉用具専門相談員に向いている人やその適正とは?

将来は福祉用具専門相談員になりたいと考えている人にとって気になるのは、自分は福祉用具専門相談員に向いているのか、適正はあるのかということでしょう。

この記事では、福祉用具専門相談員の基礎知識から向いている人と向いていない人、その適正について解説していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

福祉用具専門相談員の仕事内容とは?


介護を受けることになり福祉用具が必要になった方に対して、福祉用具の選び方や正しい使い方などについてアドバイスする職業が福祉用具専門相談員です。

介護が必要な方が可能な限り自立した生活を送るために必要な福祉用具の専門家というべき存在です。

福祉用具の販売や貸し出しをしている事業所に2名の福祉用具専門相談員を配置しなければいけないことが介護福祉制度で決められています。

そんな福祉用具専門相談員の仕事内容を詳しく見ていきましょう。

福祉用具の選定相談

福祉用具専門相談員の重要な仕事の一つは利用者に適した福祉用具を選ぶお手伝いをすることです。

利用者やその家族の希望を考慮しつつ、利用者本人の体の様子やライフスタイルに合うように福祉用具を考えなければいけません。

また利用者に対して、貸し出す福祉用具の全国平均貸与価格と該当する事業者における貸与価格の双方について説明することが、2018年10月に厚生労働省によって義務つけられました。

福祉用具の扱い方の説明と調整

貸し出す福祉用具を利用者が正しく安全に有効活用しながら生活できるように取り扱い方を説明することも福祉用具専門相談員の役割のうちの一つです。

また、福祉用具が利用者の体の特徴や使用する環境、ライフスタイルにマッチして使いやすくなるように調整をしなければなりません。

福祉用具の専門的な知識はもちろんのこと、利用者さんの生活の様子を想定しながら利用者さんの体型や歩き方の癖などを考慮して福祉用具の説明をすることが求められます。

福祉用具の利用計画の作成

それぞれの利用者に対して福祉用具の利用計画を作成することも福祉用具専門相談員の仕事です。

介護が必要になった利用者には1人のケアマネージャーがついてケアプランを作成します。

そのケアプランをベースにしつつ、利用者やそのご家族と相談しながら福祉用具の利用計画を立てていきます。

福祉用具サービス計画とも呼ばれるこの計画書は、福祉用具を使ってこれからの生活をどうしていきたいのかという利用者の希望を踏まえて考えられ、今後レンタルしていく福祉用具について書かれるものです。

利用者が計画書の内容に同意することで、福祉用具のレンタルが始まります。

反対に利用者が納得できていない場合は再度相談を重ねて計画を考えなおす、利用者にわかってもらえるように説得するといった工程が必要です。

モニタリング(訪問)

福祉用具専門相談員は年に2回、利用者の自宅に訪問することが義務つけられています。

利用者の様子を定期的に確認することによって福祉用具の利用状況や安全性を詳しく調べます。

利用者さんの身体の変化や生活環境の変化があればそれに合うように福祉用具を調整し直す必要があるためです。

利用者が正しく福祉用具を使い続けられているかも確認し、使用方法や注意点についてもこまめに説明します。

福祉用具専門相談員に向いている人の適正とは?


福祉用具専門相談員になりたいと思っていても、自分に本当にその仕事が務まるのだろうか、自分はその仕事に向いているのかどうか不安になることもあるでしょう。

福祉用具専門相談員に向いている人の特徴やその適正について解説していきます。

社会の役に立ちたいという思いがある人

福祉業界を志す人は社会問題の話題に敏感である方や、社会貢献をしたいという気持ちがある方が多い傾向にあります。

福祉業界の職業の年収は他の業界と比べると低い傾向にあり、仕事内容も幅広いです。

しかし、高い給料よりも社会貢献できているという喜びや困っている人をサポートできる喜びの方が強く感じるという人は、福祉用具専門相談員をはじめとする福祉業界の職業の適正があると言えます。

福祉や医療に関することに関心がある人

社会貢献したいという気持ちとは別に、福祉や医療に関わる社会問題やそれを解決する最新技術の情報に関心があるという人も、福祉用具専門相談員に向いていると言えます。

AIやロボットなどの最新技術は福祉用具や介護の現場でも徐々に取り入れられ始めています。

福祉用具専門相談員の仕事は技術を開発することではありませんが、そういった最新技術を知っておくことで利用者さんにより適したアドバイスや提案ができることも。

福祉のシステムや医療技術の進化は社会問題の緩和につながります。

そういった話題への高い関心は、福祉用具専門相談員の適正と言えるでしょう。

人と関わることが好きな人

一人で黙々と事務的な作業をすることが好きな人もいれば、人と関わる仕事をすることが好きな人もいます。

福祉用具専門相談員は福祉用具の利用者やその家族とコミュニケーションをとらなければ務まらない仕事ですし、ケアマネージャーや福祉施設の職員などと連携をとって利用者をサポートする仕事です。

人と関わることが苦手な人には厳しいですが、逆に人と関わることが好きで協力して何かを成し遂げることに喜びを感じるという場合は、福祉用具専門相談員に向いている人であると言えるでしょう。

人の話を聞くのが上手な人

よく他人から相談をされる、人の話を聞くのが好きという人は福祉用具専門相談員の適正があると言えるでしょう。

福祉用具専門相談員にはコミュニケーション能力が求められますが、それはただ人とスムーズに会話できる能力のことではありません。

福祉用具専門相談員に必要なコミュニケーション能力とは、相手の言動から気持ちを汲み取ることができる力と相手の立場に立ってわかりやすく物事を伝える力のことを指します。

人の話を聞くのが上手な人は共感力が高く、相手の話を自分に置き換えて考えながら聞くことができる人でしょう。

福祉用具専門相談員は利用者さんの気持ちを考えながらサポートをする必要があるため、聞き上手な人は向いている人と言えます。

観察力があり細かい変化に気づける人

福祉用具専門相談員は利用者の体力や体型、生活スタイルの変化に合わせて福祉用具を選ぶ必要があります。

福祉用具を使っている本人は使いにくさをそれほど感じていなくても、知らずのうちに身体に負担がかかっている場合もあります。

利用者の変化をいち早く察知してより適した福祉用具を選べるスキルが重要なので、観察力に自信のある人や他人が気づかない細かい変化にも敏感な人は福祉用具専門相談員の適正があると言えるでしょう。

最新情報を取り入れることが好きな人

福祉用具は常に進化し続けており、最新のテクノロジーを取り入れるなど毎年メーカーが新機能を実装して開発を進めています。

福祉用具のプロである福祉用具専門相談員は、こういった福祉用具の最新知識を入れておくことで利用者さんに適切な福祉用具を提案することが可能になります。

インターネットやSNS、勉強会やセミナーなどで業界の最新情報を学び業務に活かせると望ましいです。

自分の関わる分野の最新情報を調べるのが好きな人や常にアンテナを張って情報収集ができる人であれば、福祉用具専門相談員に向いている人と言えます。

体力やタフな精神に自信がある人

福祉用具専門相談員の仕事の中には、ベッドの組み立てなどの力が必要になる作業もあります。

業務内容も幅広いので体力が重要になってきます。

また、予定にない利用者からの依頼や新規利用者の対応、ケアマネージャーから急に仕事を依頼されるなど臨機応変な対応が求められるシチュエーションも多くあります。

急な依頼でもストレスを抱えずにスムーズにこなせる精神力も大事です。

また、風邪を引きやすい体質で頻繁に欠勤をしてしまうと仕事のスケジュールに支障をきたし利用者にも迷惑がかかってしまいます。

基礎体力と精神力に自信がある人は福祉用具専門相談員の適正があると言えます。

福祉用具専門相談員の適正がない人とは?


福祉用具専門相談員に向いている人とはどんな人かについてお話ししてきました。

反対に福祉用具専門相談員に向いていない人、その適正がない人とはどんな人なのかを見ていきましょう。

人と接することが苦手

福祉用具専門相談員は利用者やその家族、職場のケアマネージャーや外部の福祉事業所の人とコミュニケーションをとらなければ成立しない仕事です。

そもそも人と関わることや話すことが苦手という人は福祉用具専門相談員には向いていないと言えます。

もし福祉用具専門相談員を目指しているが人と接することが苦手でどうにかしたいと考えているのであれば、自分が人と関わることが苦手な理由を分析し、積極的に強い分から人と関わるように意識してみましょう。

変わりたいという強い願いがあれば努力することで克服できるはずです。

高い給料を求める人

高い給料が欲しいと思っている人も福祉用具専門相談員には向いていません。

介護業界の仕事は他の仕事と比べると年収が低いのが特徴です。

働く原動力をお金だけに感じている人は、業務内容や拘束時間のわりに給料が少ないと感じてしまうことが多く働くことへのモチベーションが下がりやすいでしょう。

潔癖なところがある人

福祉用具専門相談員の中には介護業務を兼務している人も多く存在します。

介護業務は利用者に触れることはもちろん、排泄物の処理なども行う必要があります。

介護職についたばかりの人は誰しも大変な思いをすることもありますが、回数を重ねるごとに慣れてくると言います。

しかし比較的潔癖の気質が強い人にとっては厳しいと感じる場面が多いでしょう。

まとめ

福祉用具専門相談員の向いている人はどんな人なのかについて、その適正、福祉用具専門相談員に向いていない人、仕事内容について解説してきました。

もし福祉用具専門相談員を目指している方で、自分の現在の性格と適正が見合っていなかったという場合でも諦めないでくださいね。

本当になりたいのであれば努力や経験を積むことによって適正が身に付く可能性もあります。

みなさんが立派な福祉用具専門相談員になれるように応援しています。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。