介護資格・職種 情報

介護職員初任者研修とは?学習内容や資格取得方法を丁寧にご紹介!

介護業界は資格を持っていなくても職に就くことができますが、他職種と同じで、資格を持ち専門性を高めている方のほうが優遇されます。
そこで介護職の入門資格と位置付けられているのが「介護職員初任者研修」です。
介護における基本的な知識必要なスキルを身につけることができます。
今回は、「介護職初任者研修」の学習内容や資格取得までの流れ、メリットなどを紹介していきます。

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修は、厚生労働省の提出している資料の中で、「介護に携わる者が、業務を遂行する上で最低限の知識・技術とそれを実践する際の考え方のプロセスを身につけ、基本的な介護業務を行うことができるようにすることを目的として行われるものである。」と定義づけられています。

資格取得までの期間や難易度が幅広い介護資格の中で最もとりやすいと言われており、介護未経験の方でも1〜3ヶ月程度で取得できる資格です。
元々「ホームヘルパー2級」と呼ばれていましたが、2013年4月より制度の修正とともに名称が変更されました。
介護職への就職・転職を考えている方やスキルアップを狙っている方、サービス業についている方、またはご家族のために介護の知識を着けたい方などにオススメの資格です。

では具体的に何を学び、どのように資格を取得していくのでしょうか。
詳しくみていきましょう。

資格取得するには

資格取得のためには、専用のスクールに通い2つの行程を踏まなければいけません。

  • 130時間(10項目)の講義を受ける
  • 修了試験に合格する(1時間)

まず介護に関する基本的な知識や技術を身につけるため、「厚生労働省が定めたカリキュラム」をこなす必要があります。
全ての講義を受講した後、それぞれのスクールにて、学習した内容を振り返る「修了試験」を受けます。
試験に無事合格すると、「介護職員初任者研修の修了の証明書」によって資格取得を認められます。

講座内容(カリキュラム)

講義内容は座学と実技に分かれていて、主に「高齢者や障がい者の生活をサポートするために必要な専門的な知識と技術」を学ぶ内容になっています。

項目 学習内容
①職務の理解 6h 介護の仕事、サービスや施設の種類やその職務内容。
②介護における
尊厳の保持・自立支援 9h
介護職においての基本的な理念。
(人の尊厳や権利、個人の能力に応じた自立支援など)
③介護の基本 6h 介護するうえで必要な基本内容。
(専門性、職業倫理、他職種との連携、リスクマネジメントなど)
④介護・福祉サービスの理解と
医療の連携 9h
介護の制度やサービスの理念、しくみ。
介護保険制度や障害者総合支援制度など)
医療やリハビリテーションとの連携。
⑤介護における
コミュニケーション技術 6h
コミュニケーションの重要さや実用的な技術。
(介護サービス利用者やその家族との信頼関係の築き方、職員同士の情報共有など)
⑥老化の理解 6h 老化が日常生活に与える影響。
(加齢による身体や心の変化、疾病による症状や訴えなど)
⑦認知症の理解 6h 認知症の知識。
(基礎知識、健康管理法、心身や生活の変化、必要なケアなど)
⑧障害の理解 3h 障害福祉の知識。
(基礎知識、心理・行動の特徴、本人や家族への支援など)
⑨こころとからだのしくみと
生活支援 75h
・技術Ⅰ 基本知識の学習 (12h)
・技術Ⅱ 生活支援技術の学習 (53h)
・技術Ⅲ 生活支援技術演習 (10h)
・技術Ⅰ 基本知識の学習。
(人体構造や機能の基礎など。)
・技術Ⅱ 生活支援技術の学習。
(安全な介護サービス提供方法の基礎など。)
・技術Ⅲ 生活支援技術演習。
(実技演習。ロールプレイングを行いながら、基本的な介護技術を身につける。)
⑩講義の振り返り 4h 研修全体を振り返り、知識の定着をはかる。
合計時間 130h

(参照:厚生労働省『介護員養成研修の取扱細則について』)

スクールを選ぶ

介護職員初任者研修を学ぶスクールは、全都道府県で開講されています。
厚生労働省の管轄の元で行われているので大差はありませんが、実習の規定などは地域によって少し異なるようです。

試験について

試験の内容は、厚生労働省によって定められた「問題数が最低32題、各科目から1題以上」という規定に沿って各スクールごとで作成されます。
あくまで知識の定着をはかるために行われるので、講義で習った基礎的な問題しか出題されません。
テストの形式は選択式で、ほとんどのスクールが合格基準を70点に定めています。

もし試験に落ちてしまっても、再試を受けることができます。(指定期間内なら無料のスクールが多い。)
再試でほぼ全ての方が受かるので安心してください。

試験の実施は各スクールの定めた日程で行われるので、スクールにお問い合わせください。

仕事をしながら資格を取る方法


仕事をしながら資格を取る手段として、「通信学習の選択」と「コースの展開」の2種類があげられます。

◯通信学習
介護職員初任者研修は、受講者の負担を考慮し、全130時間のうち最大40.5時間は自宅で学習することを認められています。
残りの90時間はスクールで講義を受けたり実技を学んだりします。
受講者の希望に合わせて「通学のみ」と「通学+通信」の2種類から選択できるので、仕事をしながら資格をとりたい方は通信学習を選択するといいでしょう。

◯コースの展開
受講者が通学のペースを選べるように「土日コース」「夜間コース」「週1コース」などコースを展開しているスクールが多いです。
自分のライフスタイルに合ったコースを選択して、仕事を続けながら無理なく資格を取りましょう。

介護職員初任者研修の資格をとるメリット


介護職員初任者研修の資格を取るメリットは、以下の5つです。

  1. 就職、転職に有利
  2. 仕事の幅が広がり、給料アップにつながる
  3. キャリアアップにつながる
  4. ニーズが高く安定して働ける
  5. 身内の介護に役立つ

①就職、転職に有利
介護職は無資格でも働ける業界ですが、資格を持っていると面接の際や働いている会社から優遇されやすいです。
実際「介護職員初心者研修修了以上」を応募資格に設けている施設も多くあります。
また専門性の高さや仕事に対する前向きな姿勢は好印象であり、面接の評価ポイントの一つです。

②仕事の幅が広がり、給料アップにつながる
無資格者は「身体介護サービス」と「訪問介護サービス」を行うことができません。
資格の取得により実務範囲として認められているので仕事の幅が広がり、業務内容が増えるので給料アップにもつながります。

③キャリアアップにつながる
どの職種でも、資格を取得することはキャリアアップへの1つの手段としてあげられます。
資格取得により、社員になる機会につながるだけでなく、リーダー・管理者などを任される可能性も出てくるでしょう。

④ニーズが高く安定して働ける
介護業界ではすでに人手不足であることがあげられていますが、2025年には約35万人の介護事業者が不足すると予測されています。
現在待遇改善の見直しもされており、介護士の需要度が高まっています。

⑤身内の介護に役立つ
介護の基礎知識やスキルを身に付けていると、将来自分の家族が介護を必要とした時に生かす事ができます。
介護にあたって正しい対処ができますし、施設・サービス選びに役立てる事も可能です。

また介護に関する基本知識は、ご家族の介護の他にもサービス業などで高齢のお客様に対しても生かす事ができます。
介護職員初任者研修は、少ない負担(短期間で資格取得ができて難易度が低い)で多くのメリットを得られ、役立つ場面もたくさんある資格なのです。

キャリアアップするための第一歩

介護業界においての「キャリアパス制度」を設けることで、一人一人の職員が目標を持ってスキルアップできる環境を整えています。
介護職の入門資格と言われている通り、介護職員初任者研修はキャリアパス制度において”最初に取得するべき資格”と示されているため、資格取得によりキャリアアップのスタートラインに立つ事ができるのです。

◯キャリアパスの道順

介護職員初任者研修→介護職員実務者研修→介護福祉士(→認定介護福祉士)

まとめ


介護職員初任者研修は、厚生労働省の管轄の元制定された制度であり、介護職においてキャリアアップを望むなら必要な資格です。
専門のスクールで、介護の基礎知識・実務に活かせるスキルを無理のないライフスタイルで学ぶ事ができます。
高齢化社会の日本では、介護士は重要視されていて将来性のある職業ですし、介護の知識はご家族の介護や身近な高齢者のサポートにも役立てられるのでとても実用性の高い資格です。
短期間で難易度の低い介護職員初任者研修で、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。