介護資格・職種 情報

サービス介助士の給料や年収は?仕事内容や資格取得についても紹介

サービス介助士(ケアフィッター)は、「相手に安心感を与えながら、その時、その場、その人に対して適切なケアをフィットさせられる人」になるための資格です。

今後、超高齢化社会と共生社会を迎える日本において欠かせない存在だろうと注目されています。

今回は、サービス介助士の仕事内容や気になる給与体系、資格取得方法、将来性、メリットをご紹介いたします。

サービス介助士(ケアフィッター)の仕事内容

サービス介助士(ケアフィッター)の資格講座では、多様な人々が暮らしている社会で、高齢者や障害者が自立した生活を送れるようお手伝いをするための「おもてなしの心」と「正しい介護技術の知識」が学べます。

冒頭でも少し触れた通り、現在サービス介助士の需要は高まっておりますが、サービス介助士の資格取得のみで働ける専門職はありません。

サービス介助士の有資格者は、介護職をはじめとする様々なサービス業やその他幅広い職種の現場で、学んだ知識を生かしながら活躍しております。

資格取得によって自分自身や現在の仕事に付加価値を与えられるような資格なので、仕事に良い影響を与えられたり、ボランティア活動や家族の介護など日常生活の様々な場面で生かしたりすることができます。

サービス介助士(介護職員)の給料は?


サービス介助士の給料に関する正確なデータがないため、介護職員の給与待遇を参考にご紹介します。

サービス介助士(介護職員)の平均給与額

まず、以下は令和2年と平成31年の「勤続年数別にみた介護職員の平均給与額」のデータです。

※厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要」を元に作成。

令和2年の介護職員の平均給与額は315,850円でした。
(給与額:一律の手当を含む総支給額のこと)

上記の表からは、①勤続年数が増えると給料が上がること、②前年(平成31年)よりも給与額が増加していることが窺えます。

勤続年数が増えるとともに給与額が増加傾向にあるのは、仕事に慣れ業務の幅が広がることに加え、介護職員は介護業界の資格を取得しスキルアップすることで、給料アップに繋げているためと思われます。

実際に以下の「保有資格別にみる平均給与額の表」から、資格取得が給与アップにつながることが分かります。

※厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要」を元に作成。

保有資格の有無で勤続年数に差もありますが、”保有資格あり”は”保有資格なし”の平均給与額を約4万円も上回っています。

もし介護職員で給料アップを望むのであれば、介護職で活かせる資格を取得しキャリアアップするのが最も有力な方法です。

介護業界のキャリアパスと言われている「介護職員初任者研修→介護福祉士実務者研修→介護福祉士」の順番に資格取得することが最短のキャリアアップルートと言われています。

介護業界の資格は用途ごとで多様にあり、キャリアアップに直接繋がるもの、繋がらないものがあるので、興味のある方は以下を参考にしてみてください。

>>>「【スキルアップ】介護職で必要な資格はコレ!目的別にも紹介!」

サービス介助士(介護職員)の平均給与額の内訳

以下の表は介護職員の平均給与額の内訳を示したものです。

※厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要」を元に作成。

均給与額から手当や賞与を差し引き、介護職員が実際に手取りでもらえる給料は平均182,260円であることが分かります。

サービス介助士(介護職員)の年収は?


サービス介護士の年収に関する正しいデータがないため、介護職員のデータを参考にご紹介いたします。

厚生労働省が出している『令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要』によると介護職員の平均年収は約350万円前後、国税庁が出している『令和2年分 民間給与実態統計調査結果』によると日本の平均年収は約430万円です。

介護職員の平均年収は、日本の平均年収に比べて約80万円も少ないことが分かりました。

介護業界は、介護保険制度という公的サービスを背景に成り上がり、一般的に国が定めた規制の中でしか収益が見込めないため「儲ける」よりも「社会的意義」に重きが置かれてしまいます。

しかし、現在国の方針により介護業界の給与体系は見直されており、「勤続年数別にみた介護職員の平均給与額」の表の「平成31年 300,120円」、「令和2年 315,850円」というデータからもわかる通り介護職員の平均給与額は増加傾向にあります。

高齢化が進んでいる日本では介護職員の需要が高まっていくと考えられるため、給与体系は今後も改良され続けるでしょう。

サービス介助士の資格を取得する方法

サービス介護士は、「公益財団法人日本ケアフィット共育機構」によって認定されている民間資格のため、資格取得には日本ケアフィット共育機構が定めた条件を満たす必要があります。

サービス介助士の資格取得の流れ

まずはサービス介護士資格取得講座に申し込み、教材(テキスト、提出課題)を受け取ります。

申し込みから半年の期間を目処に、テキストに沿って自宅学習を進め、指定された課題を提出します。

課題が合格基準を満たしていた場合、オンライン講習またはスクーリングによる実技教習を受講します。

実技教習修了後、検定試験を受け、合格基準(100点中70点以上)を満たした方に認定状が送られます。

同封されている「サービス介助士 マイページ開設のお知らせ」のハガキのならって、マイページにログインできれば完了です。

以下の記事にサービス介助士資格受講講座概要・試験概要がまとめられているので、詳細を知りたい方はご覧ください。

>>サービス介助士の資格取得の詳しい流れについてはこちらをチェック。

サービス介助士の将来性

介護業界の需要が高まっていることや、2018年のバリアフリー法が改定されたことからも、サービス介助士は注目を集めており将来性のある資格と言えます。

2006年に制定されたバリアフリー法によって施設の規模や利用者数によってバリアフリーを義務化し、さらに2018年の改定により心のバリアフリーを国と国民の責務としました。

そのため、介助する際の「おもてなしの心」と「正しい技術」が学べるサービス介助士は、介護業界だけでなく、交通・流通・金融・飲食などのサービス業をはじめとする様々な職種の現場で必要とされている資格です。

実際に、2021年12月現在、全国約1000社の企業がサービス介護士認定制度を導入しています。

参照:『公益財団法人 日本ケアフィット共育機構公式サイト|主な導入企業』より

サービス介助士の資格取得のメリット

サービス介助士の資格取得のメリットは2つあり、介護業界やサービス介助士を導入している会社の就職活動においてアピールポイントとなること、幅広い職場で役立つ知識が得られることです。

就職活動をするにあたりサービス介助士の資格を保有していることは、介護業界やサービス介助士を導入している会社の面接で好印象を与え、自身の強みとなります。

専門性が強い資格に比ベルとアピールポイントとして弱いですが、資格を持っていないよりは比較的有利に働くでしょう。

また、サービス介助士の資格を活かせる現場は幅広く、職種に関係なく役立てられる知識が得られることもメリットの1つです。

まとめ

サービス介助士は、介護業界における専門性は弱いですが、サービス業界全般をはじめとする様々な職種に役立てることができ需要の高い資格です。

資格取得が直接給料アップに繋がることはありませんが、今後さらに需要が高まり重要視されていくことが考えられるので、今のうちに資格取得してみてはいかがでしょうか。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。