介護資格・職種 情報

レクリエーション介護士の仕事内容とは?資格取得後の活用方法を徹底解説!

介護職の主要資格のひとつである、レクリエーション介護士をご存知ですか?

一般的に、ほとんどの介護施設では介護レクリエーションが取り入れられています。
介護レクリエーションとは、高齢者に喜びや生きがいを与える手段のひとつであり、介護の中でも大切な役割を果たしています。

レクリエーション介護士は、「高齢者に喜ばれるレクリエーション」を提供するスキルを持った人材のことです。

今回は、そんなレクリエーション介護士の仕事や資格について、資格取得のメリット、資格の活かし方などをご紹介します。

レクリエーション介護士の仕事とは?

レクリエーション介護士の仕事は、高齢者が楽しめて笑顔になれるような介護レクリエーションを企画し、実践することです。

介護レクリエーションは高齢者の生活を豊かにするうえで必要であり、喜びや生きがいを与えるだけでなく、身体機能の維持・向上、脳の活性化、他者との交流、気分転換などの役割も担っています。

介護事業所や施設で行われるレクリエーションは、施設に勤める介護士かボランティアで募集したレクリエーション介護士が行うのが一般的です。

レクリエーション介護士になるには、レクリエーション介護士の資格取得が必須となります。

レクリエーション介護士の資格について

レクリエーション介護士の資格は、一般社団法人日本アクティブコミュニティ教会の管轄のもと、2014年に認定されたばかりの新しい民間資格です。

「介護レクリエーションの正しい知識を学びたい」という介護士の声をきっかけに誕生しました。

創設当初は「レクリエーション介護士2級」のみでしたが、認知度や需要が高まってきたことから、上級資格の「レクリエーション介護士1級」も制定されました。

◯レクリエーション介護士2級
自分の趣味・特技を活かしながら、高齢者を笑顔にできるレクリエーションを考案・提供できるスキルが学べる資格です。
介護未経験の方でも受講可能であり、一般的に35000円〜4万円の費用と、最短2日の講義受講日数(スクールによって差異が生じます)で資格取得できます。

◯レクリエーション介護士1級
レクリエーション介護士2級の知識を活かしながら、介護施設などでレクリエーションリーダーとして活躍したり、介護レクリエーション講師として人材育成・現場の活性化を実践したりするためのスキルを学ぶことができます。
レクリエーション介護士2級の資格保持者が受講可能であり、91300円の費用と、最短4日の講義受講日数で資格が取得できます。(講義の受講方法や試験を受ける場所は指定されています。)

>>レクリエーション介護士の資格取得に関する詳細は「レクリエーション介護士になるには?資格取得方法や、試験の難易度を徹底解説!」をご参考下さい。

レクリエーション介護士資格を取得するメリット


レクリエーション介護士の資格を取得するメリットは3つあります。

介護士の仕事に役立つ

レクリエーションは、介護施設や事業所に勤める介護士の業務のひとつなので、介護士の仕事に役立てられるスキルです。
レクリエーションの工夫方法がわかったり、マンネリ解消に繋げられたりするので、現在介護士として働いている方や介護士を目指している方は資格取得をおすすめします。

求人で必須資格として記載されている資格ではありませんが、介護職の主要資格のうちの一つにあげられていることからも、需要が高まっている資格と言えます。

介護業界で優遇されやすくなる

介護職は未経験者でも足を踏み入れられる業界ですが、基本的に高い専門性が求められる職業なので、資格保有者は優遇されやすくなります。

レクリエーション介護士2級は、介護職の資格の中でも比較的難易度が低く、低価格で講義をうけられるうえに短期間で資格取得ができるので、おすすめの資格です。

介護に役立つ知識ではありますが、キャリアアップには直結しないため、介護職でキャリアアップしたいなら以下の記事をチェックしてみてください。

>>>「【スキルアップ】介護職で必要な資格はコレ!目的別にも紹介!

転職活動で有利に働く

介護職に限らず、資格保持者は転職活動において有利に働きます。
仕事に対し前向きに取り組む姿は、好印象を与えることができるため、介護職だけでなく自分自身のスキルアップになります。

レクリエーション介護士資格の活用方法


レクリエーション介護士の資格は、取得後以下のように活用していくことができます。

介護職の業務に活かす

資格取得のメリットで先ほども少し触れましたが、事業所や施設に勤める介護職員は仕事の一つにレクリエーション業務があります。
レクリエーション介護士の資格を持っていると、施設利用者に楽しんでもらえるレクリエーションを提供することができ、施設でも頼られる存在となります。
レクリエーションの基礎知識から応用知識まで学ぶことができるので、レクリエーション介護士1級と2級の資格を取得するといいでしょう。

ボランティア活動に活かす

介護事業所や施設には、レクリエーション介護士をボランティアとして募集しているところがあります。
レクリエーション介護士2級の資格を持っていれば、介護士でなくてもレクリエーション介護士として施設のボランティアをすることができます。

自分の趣味や特技を社会のために活かすことで、新しい経験を積めますし、介護業界を知るきっかけにもなるでしょう。

家族や身内の介護に活かす

ご家族や身内の在宅介護を行っている高齢者の介護に活かすことができます。
介護においてコミュニケーションは大切ですが、介護の知識がない状態だと高齢者と接することが難しく感じてしまいます。
レクリエーション介護士では、高齢期の心理や高齢者との接し方のポイントも学べるので、ご家族と円滑なコミュニケーションに繋がります。

また、ご自身で簡単なレクリエーションも行えるので、ご家族の生活に役立てることができます。

介護業界への就活に生かす

介護・福祉関係の資格を持っていると、介護業界へ就職したい際に優遇されやすくなりますし、レクリエーション介護士2級は介護の基礎知識についても学ぶことができるので、介護職の就職活動に活かすことができます。

介護業界に興味を持っている方は、レクリエーション介護士の資格から介護業界に足を踏み入れてみることも選択肢に入れてみてください。

レクリエーション介護士の資格をとって可能性を広げよう!

レクリエーション介護士は、介護業界で注目され始めている資格であり、介護士の業務で役立つスキルです。

生花やヨガ、ネイルなどさまざまな分野の介護レクリエーションがあるため、自分の趣味や特技を使って社会に貢献することができますし、介護業界を知るきっかけにもなります。

レクリエーション介護士の資格をとって、自分の可能性を広げてみませんか?

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。