介護資格・職種 情報

精神保健福祉士の仕事や就職先とは

精神保健福祉士の仕事に興味がある方のために、その仕事内容や、社会福祉士や介護福祉士との比較、働く場所などをまとめました。

「精神保健福祉士がどんな仕事をするのか、いまいちよく分からない」「自分にもできるのか知りたい!」という方は必見です。

精神保健福祉士とは

精神保健福祉士とは

精神保健福祉士は、精神に障がいを持つ方を相談業務などでサポートします。

精神保健福祉士という国家資格があり、社会福祉士介護福祉士とともに福祉系の三大資格と呼ばれています。

医療ソーシャルワーカー生活相談員という肩書きで働くことが多く、その中でも精神保健福祉士の資格がある人だけが精神保健福祉士と名乗れるのです。

逆に言えば、精神保健福祉士の資格がなくても医療ソーシャルワーカーや生活相談員として、精神に障がいのある方をサポートすることもできます。

精神保健福祉士の詳しい仕事内容

精神保健福祉士の詳しい仕事内容

精神保健福祉士は、普段どのような仕事をしているのでしょうか。
ここからは、精神保健福祉士の仕事内容をより詳しく紹介していきます。

精神保健福祉士の仕事①相談業務

精神保健福祉士のメインの仕事は、精神的に障がいを抱えた方や、その家族の相談に乗ることです。

精神に障がいがある方の相談に乗る仕事として、他に心理カウンセラーもありますが、精神保健福祉士と心理カウンセラーでは目的が違います。

心理カウンセラーが精神疾患を治すことを目的としてカウンセリングを行うのに対し、精神保健福祉士は自立した生活を送れるようにすることを目的としています。

たとえば「生活費に困っている」「職場に復帰したい」など、生活面で困っていることに関してサポートするのが精神保健福祉士の仕事なのです。

精神保健福祉士の仕事②支援制度の紹介

相談者の悩みに対して、活用できる支援制度を紹介します。

医療費を軽減する自立支援医療(精神通院医療)や、職場復帰のためのプログラムなどを紹介し、場合によっては精神保健福祉士が手続きを代行することもあります。

精神保健福祉士の仕事③社会復帰の訓練

精神保健福祉士は、社会復帰のための訓練も行います。
日常生活の指導やストレスの振り返り、グループワークなどを行い、日常生活に戻れるようにサポートします。

このような訓練は、リハビリ職の作業療法士と協力して行うことが多いです。

他の福祉職との違い

他の福祉職との違い

精神保健福祉士の仕事は、他の福祉職と比べてどんな違いがあるのでしょうか。
今回は、比較されやすい社会福祉士介護福祉士と比べて見てみましょう。

社会福祉士と精神保健福祉士の違い

社会福祉士と精神保健福祉士は、どちらも相談業務がメインという共通点がありますが、支援対象者の範囲が違います。

精神保健福祉士は、精神疾患を持っている方をメインにサポートしますが、社会福祉士は精神障がい者も含め、高齢者や身体障がい者、児童、生活困窮者など、さらに幅広い人々を支援します。

ですが、老人性うつや貧困によるうつ病など、生活に福祉のサポートを必要としている方は心の病にもなりやすく、精神保健福祉士の力が必要なケースも数多くあります。

相談者が抱える問題が複雑であることも多いので、社会福祉士と精神保健福祉士の資格を両方取得すれば、多方面から支援することもできます。

社会福祉士になるには?資格取得に必要なことを徹底解説

介護福祉士と精神保健福祉士の違い

介護福祉士も相談業務を行いますが、身体介護や生活援助の仕事がメインです。
食事や入浴、排泄などの身の回りのお世話をするのが、介護福祉士の主な仕事です。

また介護福祉士は、高齢者や身体障がい者を支援対象者としています。

ただ、生活相談員として精神保健福祉士を採用する福祉施設もあり、介護福祉士と精神保健福祉士が協力して、高齢者や身体障がい者をサポートする機会も多いです。

介護福祉士になるには?資格を取得するための方法を解説

精神保健福祉士の仕事のやりがい・大変なこと

精神保健福祉士の仕事のやりがい・大変なこと

続いて、精神保健福祉士の仕事のやりがいと、大変なことについて紹介していきます。

精神保健福祉士のやりがい

精神保健福祉士のやりがいは、人の支えになり、役に立てることです。

精神疾患によって働けなくなったり、自信を失ったりしてしまった方が、精神保健福祉士のサポートにより再び健康を取り戻すことができるようになります。
その様子を間近で見られることが、大きなやりがいにつながるようです。

精神疾患の患者は年々増えていて、厚生労働省のデータによると、2017年の時点で400万人を超えています。

精神疾患に悩むこれだけ多くの方々を、サポートして社会復帰させることができるのは、精神の大きなやりがいだと言えるでしょう。

精神保健福祉士の大変なこと

精神保健福祉士は、精神障がいを抱えた方と直接コミュニケーションを取るため、自分自身がメンタルを保たなければなりません。

相談者の気持ちに寄り添いすぎて、自分自身が疲弊してしまうということがないよう、上手く向き合うことが必要です。

また精神疾患は再発しやすいため、一度は社会復帰した相談者が再び戻ってきてしまうということもあります。
そんな時でも気落ちせずに、根気強く相談者に付き合うことが求められます。

精神保健福祉士の仕事場所

精神保健福祉士の仕事場所

精神保健福祉士の仕事場所は、病院の精神科や心療内科といった医療機関が多いですが、他にも多くの場所で活躍することができます。

医療機関

精神科、心療内科、メンタルクリニックなど、医療機関に就職する精神保健福祉士は多いです。

医療機関では精神疾患が原因で休職している方向けに、復職を目指すリワークプログラムを実施しているところも多く、精神保健福祉士は医師、看護師、作業療法士など他の職種と連携しながらリハビリテーションを行います。

介護施設

介護の現場も、精神保健福祉士が活躍する場所の1つです。
生活相談員として、介護施設に入所している方やその家族の相談に乗り、サポートを行います。

利用者の生活をサポートするには、介護福祉士との協力が必要不可欠です。

行政機関

保健所や精神保健福祉センターなどの行政機関では、精神保健福祉士が地域に住む方を対象に相談業務を行なっています。

医療機関へ行くのにためらいがある方に簡単な助言をしたり、どこへ受診したら良いか分からない方へ医療機関の紹介をしたりします。

就労関係施設

ハローワークなどで、精神障がいを持つ方の就職を支援するのも、精神保健福祉士の仕事です。

相談者に対してカウンセリングをするだけでなく、企業担当者へも精神障がい者を雇う際のサポートを行います。

また就職後も働き続けられるよう、相談者の主治医や企業担当者と連携しながら、雇用をサポートします。

働きながら精神保健福祉士をめざす方法

精神保健福祉士ルート図

(引用元:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター

仕事をしながら精神保健福祉士をめざす場合は、まず精神保健福祉士の受験資格を満たしましょう。

今まで福祉の勉強をしたことがない場合でも、一般養成施設、つまり福祉系の専門学校等に1年以上通えば、精神保健福祉士の国家試験を受けることができます。

ただし最終学歴によって、相談援助実務も必要になります。
上のチャート図を見ながら確認していきましょう。

  • 4年制の一般大学等卒業の場合:一般養成施設等1年以上のみ
  • 3年制の一般短大等卒業の場合:相談援助実務1年+一般養成施設等1年以上
  • 2年制の一般短大等卒業の場合:相談援助実務2年+一般養成施設等1年以上
  • それ以外:相談援助実務4年+一般養成施設等1年以上

つまり大卒の場合は、今の仕事を続けながら一般養成施設に通い、それ以外の場合は、生活相談員などに転職して経験を積んでから、一般養成施設に通うことで、精神保健福祉士の国家試験を受けられるようになります。

精神保健福祉士をめざそう!

精神保健福祉士をめざそう!

精神保健福祉士は、精神的に障がいを抱えた方が問題なく生活を送れるよう、相談を受けて支援する仕事です。

精神保健福祉士の働く場所は多く、精神疾患の患者が増えている現代では、さらに活躍の場が広がることが予想されます。

心の病で困っている方の生活を支えたい方は、ぜひ精神保健福祉士をめざしてみてはいかがでしょうか。

精神保健福祉士については、こちらの記事をチェック!

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。