介護資格・職種 情報

医療ソーシャルワーカーの1日!仕事の流れややりがいについてご紹介

日本社会の高齢化に伴って、今後の活躍が期待される医療ソーシャルワーカー

将来、医療ソーシャルワーカーになりたいと考えている人は、この職業の仕事内容や働き方などが気になりますよね。

この記事では、医療ソーシャルワーカーの仕事の1日の流れを始め、医療ソーシャルワーカーと他の職業との違いといった根本的な疑問や、仕事において大事なこと、大変なことについて紹介していきます。

医療ソーシャルワーカーとは?似た職業との違い

医療ソーシャルワーカーと似た職業の違いに悩む女性のイメージ

医療ソーシャルワーカーという職業自体の認知度は、あまり高くありません。

ソーシャルワーカーや社会福祉士といった言葉の方が、聞いたことがある人が多いかもしれません。

ソーシャルワーカー、医療ソーシャルワーカー、社会福祉士の違いは、業界で働く人の中にも明確に説明できない人が多いほど、混同されがちです。

まずは、これらの違いについてしっかりと理解しておきましょう。

そもそもソーシャルワーカーってなに?

ソーシャルワーカーとは、医療や福祉、教育などの業界で、相談員として支援をする生活相談員のことを指します。

生活相談員は働く場所によって、社会福祉士や精神保険福祉士などの異なる名前で呼ばれますが、ソーシャルワーカーというのは、これらの総称として使われることが多いです。

医師のように、医師免許をもっていないのに医師を名乗ると法律違反になるというようなことは、ソーシャルワーカーにはありません。

資格をもっていなくてもソーシャルワーカーを名乗って仕事をすることが可能です。

ソーシャルワーカーの種類は、医療ソーシャルワーカー以外にも様々なものがあります。

スクール・ソーシャルワーカー

児童相談所、教員、家庭と連携を取り、学校や家庭における子どもの問題を解決する職業です。

コミュニティ・ソーシャルワーカー

地域の福祉力を高めることを目的とし、地域内で援助を必要とする人を、支援する体制を作ります。

サイキアトリック・ソーシャルワーカー

精神障害者に対しての相談援助を行います。精神科の病院や診療所、福祉行政施設、医療機関が併設するデイケア施設などに配置されます。

医療ソーシャルワーカーとはこんな仕事

数あるソーシャルワーカーのうち、病院などの医療機関で患者に対しての支援をする職業を、医療ソーシャルワーカーと呼びます。

医療ソーシャルワーカーは他にも、医療相談員やメディカルソーシャルワーカー(Medical Social Worker)、英語名を略してMSWと呼ばれることもありますが、基本的にはどれも同じ職業を指す呼び方です。

医療ソーシャルワーカーは、医療機関に勤務し、入院している患者や外来で来る患者に対する相談業務を行います。

相談者やその家族を、社会福祉の立場でサポートして、安心して社会に復帰できるように支えるのが役割です。

具体的な仕事内容としては、患者の入院時に病状に適した部屋を手配する、退院時に
他の部門や関連の機関と連携をとりながら日時を調整する、患者の自宅での生活状況を踏まえて福祉用具を手配する、生活改善のためのアドバイスや利用可能な制度・サービスを提案するといったことを行います。

相談業務も多いのですが、様々な施設と関わりながら患者を支援する必要があるので、書類仕事や電話対応といった事務的な業務も多くなります。

社会福祉士とはどう違うの?

社会福祉士というのは本来、国家資格の名称で、日常生活を送ることが困難になってしまった人に対する専門的な相談や支援を行うのに必要な資格です。

しかし、社会福祉士は職業の名前としても通用しているため、混乱を招くことが多々ありますが、ソーシャルワーカーは、社会福祉士や精神保険福祉士といった職業の総称として使われています。

しかし、特別な資格がなくてもなれるソーシャルワーカーとは異なり、社会福祉士を名乗るには同名の国家資格を取得している必要があるというのが、この2つの大きな違いです。

資格をもっていないのにも関わらず、社会福祉士を名乗って仕事をすることは、法律違反になるので注意が必要してください。

介護・医療・福祉の資格をとるならケア資格ナビで!

医療ソーシャルワーカーは、病院のどんなところで働いている?

医療ソーシャルワーカーが働いている場所を表すイメージ

医療ソーシャルワーカーにお世話になったことがない人にとっては、彼らがどういった場所でどのように働いているのか、想像しにくいですよね。

医療ソーシャルワーカーには、決められた制服が存在しない職場が多く、大抵は事務職の方と同じような格好をしています。

そのため、パッと見ても医療ソーシャルワーカーであることを見分けるのは難しいかもしれません。

彼らは様々な業務を請け負うため、病院内をあちこちと移動しながら仕事をしていますが、事務作業を行う部屋も用意されています。

職場によってその名称は異なりますが、医療福祉相談室や地域医療連携室というように、医療、相談、連携といった言葉が使われることが多いようです。

介護・医療・福祉の資格をとるならケア資格ナビで!

医療ソーシャルワーカーの1日の流れと比較

医療ソーシャルワーカーの1日の業務内容のイメージ

医療ソーシャルワーカーと似た職業の違いがわかったところで、病院などの医療機関で働く医療ソーシャルワーカーの1日の流れを見てみましょう。

また、参考までに、地域包括支援センターで働くソーシャルワーカーの1日もご紹介するので、2つの仕事の違いを比較してみてくださいね。

病院で働く医療ソーシャルワーカーの1日の流れ

出勤

外来が始まる少し前、8:00〜8:30ごろの出勤となる職場が多いようです。

  • 出勤したら病院のスタッフ全員で、朝のミーティングを行います。
  • ミーティングが終わったら、引き継ぎのために日誌を確認。
  • 1日のスケジュールの確認と共有、部署宛てのメールの対応もこの時間に済ませます。

午前中

  • 担当の患者さんのカルテを確認しながら、相談支援の計画を練る、支援内容を見直すといった作業を行います。
  • 入院患者さんの病室に伺う、リハビリを見学するというように、患者さんの調子を確認しながらコミュニケーションをとることも重要です。
  • 相談支援の計画に沿って、患者さんのご家族や、関連する施設に連絡をとります。
  • ご家族や施設の方に実際に会いに伺い、支援の計画を立てるための会議を行います。

お昼休憩

仕事のことやプライベートのことを職場の人と話しながら、昼食をとります。

午後

午前と比べると外来が少ない職場が多いようです。

  • 医師、看護師、医療ソーシャルワーカーが参加するカンファレンスに出席し、患者さんの支援に対して話し合いをします。
  • それ以外にも、他の職種の人と退院計画に打ち合わせます。
  • その他に事務的な業務も済ませます。

夕方

翌日になるべく仕事を残さないように、連絡や調整が必要なものは済ませます。

  • 医療ソーシャルワーカーが複数人いる職場の場合は、情報共有をし合い、引き継げるようにします。
  • 1日の業務内容や出来事をカルテに記入し、その日を振り返ります。

退勤

残業があることは少なく、基本的には定時で帰れる職場が多いようです。

しかし、時間外に面談があることこともあり、その場合は残業することになります。

地域包括支援センターで働くソーシャルワーカーの1日の流れ

出勤

8時ぐらいを出勤時間とする職場が多いようです。

  • センターのスタッフ全員で朝のミーティングを行い、1日のスケジュールを共有します。

午前

  • デイサービスなどの支援施設や、介護用品に関する問合せなど、センターに寄せられる質問や相談の電話に対応します。必要であれば相談者に、関連する機関を紹介し、調整します。
  • 相談者やその家族と面談するため、相談者のお宅へ伺います。
  • 相談者が利用できそうな福祉サービスを提案します。

お昼休憩

午後

  • 相談者の今後の対応について、ケアマネージャーや保健師といった他の専門職の方を会議で話し合います。
  • 相談者が直接センターに来所することもあります。来所の相談の場合は事前に予約をとってもらい、面談を実施します。午前と午後の業務内容は状況によって変動することがあります。

夕方

  • 相談業務が落ち着いたら、福祉事業所に提出するための公的書類を作成するといった、事務的な業務を進めていきます。

退勤

相談が長引く場合もあるようですが、基本的には残業が少ない職場が多いです。

介護・医療・福祉の資格をとるならケア資格ナビで!

医療ソーシャルワーカーの仕事の大変なところ

医療ソーシャルワーカーの仕事の大変さに悩む女性のイメージ

医療ソーシャルワーカーは非常にやりがいを感じられる仕事であると同時に、大変なこともあります。

実際に医療ソーシャルワーカーとして働いた経験がある人の声によると、医療従事者サイドと患者さんサイドの板挟みになるケースがあるとのことでした。

支援をする側としては、患者さんやご家族の希望にできる限り沿ってあげたいという気持ちになりますが、社会の制度や施設の体制などによって、どうしても妥協しなくてはいけないこともあるようです。

患者さんの気持ちを汲み取り、寄り添える優しさも大事なのですが、相手に同調しすぎてしまうと、自分の身が持たなくなってしまいます。

上手いバランスを保って、業務にあたる必要があるのです。

また、意外にも、同期がいないのが辛いといった声も多く上がっていました。

医療ソーシャルワーカーの人数が少ない病院がほとんどな上に、一般企業のように新卒が毎年決まって何人も採用されるような職種ではないため、同じ職業の同期が存在しないことが多いのです。

プライベートで同じ職業の人との交流を深めたり、愚痴を気軽に言い合える友人を持てると、ストレスを抱えないで済むでしょう。

介護・医療・福祉の資格をとるならケア資格ナビで!

医療ソーシャルワーカーの仕事において大事なこと

医療ソーシャルワーカーの仕事は多岐に渡るため、マルチタスクに慣れるまでは苦労するかもしれません。

何人もの患者さんの相談を聞き続け、精神的に疲弊してしまう方も少なくありません。

この仕事を続けるにあたって大事なのは、ONとOFFをはっきり切り替えることです。

患者さんのことが気になってしまうのも無理はありません。

しかし、プライベートまで責任の伴う仕事のことをずっと考えていては、心が休まる暇がありません。

仕事中とそうでない時のメリハリをしっかりつけるようにするといいでしょう。

介護・医療・福祉の資格をとるならケア資格ナビで!

まとめ

医療ソーシャルワーカーが得られる達成感のイメージ

医療ソーシャルワーカーは、決して簡単な仕事とは言えないかもしれません。

しかし、困っている人の問題を解決することができる達成感や、心のこもったありがとうを聞いた時の喜びは、この仕事でなければ味わうことができないのも事実でしょう。

医療ソーシャルワーカーの認知度は、まだまだ高いわけではありませんが、医療現場において重要な役割を果たしています。

病院に行った時には、患者さんのために一所懸命動いている医療ソーシャルワーカーの姿を想像してみてくださいね。

医療ソーシャルワーカーについては、こちらの記事をチェック!

介護・医療・福祉の資格をとるならケア資格ナビで!

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。