介護資格・職種 情報

医療ソーシャルワーカーの給料・年収は?地域や年齢別に紹介!

医療ソーシャルワーカーを目指している方の中には、その職業の給料や年収が気になっている方も少なくないでしょう。
自分がやりたい仕事をどのような基準で決めるかは、人それぞれですよね。

やりがいがあるということを重視する人もいれば、給料や待遇面に重きを置く人もいるでしょう。どちらも欠かせないものです。

この記事では、医療ソーシャルワーカーになった場合の年収はどれくらいになるのか、そして、働く地域や年齢などによる給料の違いがあるのかといった疑問を解消していきます。

医療ソーシャルワーカーってどんな仕事?

医療ソーシャルワーカーの仕事を考える女性のイメージ画像

まず、年収・給料についてお話しする前に、医療ソーシャルワーカーとは何なのか、どういった仕事なのかということをしっかり理解しておきましょう。

医療ソーシャルワーカーは、Media Social Worker(メディアソーシャルワーカー)や、それを略したMSW、医療相談員とも称されます。
数あるソーシャルワーカーのうちの1つで、主に病院などの医療機関に勤務して患者さんの生活を支援する職業です。

医療ソーシャルワーカーの仕事は、患者さんの病気や怪我、入院生活に伴う悩みや人生に対する不安を解消できるように、患者さんやその家族の相談に乗り、適切なアドバイスをすることです。

具体的な仕事内容としては、患者さんの悩みをヒアリングする、各々の悩みに合った社会制度を提案する、入院や退院に伴う事務手続きをサポートする、患者さんが関わる医療機関や福祉機関と連携をとるといったものがあります。

患者さんが、経済的な問題や心理的な不安から開放され、社会復帰できるように導く役割を担うのが、医療ソーシャルワーカーといえるでしょう。

医療ソーシャルワーカーにはどうやったらなれる?

医療ソーシャルワーカーを目指す場合、どうしたらいいのでしょう。
特別な資格を取るために、専門の試験のようなものがあるのでしょうか。

実際のところ、医療ソーシャルワーカーの資格というものは存在しません。

しかし病院の求人では、社会福祉士の資格を持っていることを応募条件にしていることが多いようです。
社会福祉士は国家資格なので、福祉系の大学や専門学校などで学んだ後に、国家試験
に合格しなくてはなりません。

医療ソーシャルワーカーへの道のりは簡単ではないかもしれません。
しかし、福祉に関する深い知識は、患者さんに対してより良い支援をするために役立ちます。

医療ソーシャルワーカーの年収はどれくらい?

医療ソーシャルワーカーの年収のイメージ画像

それでは、医療ソーシャルワーカーの年収はいったいどれくらいなのか、実際に見ていきましょう。

厚生労働省によると、医療ソーシャルワーカーの平均年収は393万円という統計結果が出ています。
単純計算で月給に換算すると、25万円ほどになります。

この数字はあくまで平均値なので、経験豊富なベテランの方の収入はもっと多くなり、新人の方の給料はもっと少ない可能性もあります。
医療ソーシャルワーカーになりたての頃は少し厳しさを感じることもあるかもしれません。

しかし、平均年収を見る限りは、高いというわけではないけど、低すぎるということもないということがいえると思います。

参考:厚生労働省
https://shigoto.mhlw.go.jp/User/Occupation/PrintAll?occupationId=408

アルバイトの場合の給料は?

医療ソーシャルワーカーとして働く人の中には、正社員で働く人もいれば、アルバイトやパートとして勤務している人もいます。
その場合の給料はどれくらいになるのでしょうか?

アルバイト、パートの時給の平均は約1200円になります。
アルバイトよりも正社員の方が、給料が高くなるのは当たり前なのですが、時給1200円というのは意外な結果ですね。

もちろん、スキルによってはもっと高い時給で働いている方もいらっしゃるでしょう。

参考:求人ボックス給料ナビ

地域別の平均年収を比較

多くの職業は、働く地域によって年収・給料も変わってきます。

そこで、医療ソーシャルワーカーの平均年収を8つの地域(北海道、東北地方、中部地方、関東地方、近畿地方、中国地方、四国地方、九州地方)に分け、にまとめて以下の表にまとめてみました。

ご自分の該当する地域を確認してみてください。

医療ソーシャルワーカーの地域別年収
地方 平均年収
北海道 369万円
東北 370万円
関東 433万円
中部 369万円
近畿 415万円
中国 393万円
四国 379万円
九州 359万円

比較して見てみると、地域による年収の差がわりと大きいことがわかりますね。
年収が一番高い地方は関東地方で、一番低い地方は九州地方でした。

医療ソーシャルワーカーとして働くために上京するという考えも、ありかもしれません。

年齢別の平均年収を比較

次に、医療ソーシャルワーカーの年収を年齢別に見てみましょう。
年代ごとの平均年収を以下の表にまとめました。

医療ソーシャルワーカーの年代別年収
年代 平均年収
20代 300万円
30代 310万円
40代 377万円
50代 439万円
60代以上 364万円

30代と40代の間で平均年収が大幅に上がっており、一番年収が高い年代は50代という結果が出ました。
経験を積んでベテランになるにつれて、年収が上がっていくということがわかりますね。

役職別の平均年収を比較

医療ソーシャルワーカーの仕事にも役職というものが存在し、役職に就くことができれば、給料も上がります。

上の役職になればなるほど大きな責任を担うことになりますが、その分、年収も増えるのが特徴です。

役職は、主任、係長、課長、部長の順に昇格していきます。
それぞれの役職の平均年収を見ていきましょう。

医療ソーシャルワーカーの役職別年収
役職 平均年収
主任 約390万円
係長 約445万円
課長 約590万円
部長 約650万円

表を見てみると、係長から課長へ昇格したときに、年収がかなり上がることがわかりますね。
課長や部長クラスになることができれば、一般的に高めの年収を得ることができるといえるでしょう。

男女別の平均年収を比較

最後に、医療ソーシャルワーカーの年収を男女別に見てみましょう。
下の表は、40代の男女の平均年収を比較したものです。

医療ソーシャルワーカーの男女別年収
性別 平均年収 給料
男性 約460万円 約30万円
女性 約340万円 約20万円

比較してみると、男女差が大きいことがわかります。

データは40代のものなので、男性に比べて女性の正規雇用者が少ないといった理由も考えられます。
しかし、近年では、同じ職場で長く働き続け、役職に就くといった女性が増えているのも事実です。

今後は、結婚や出産後も女性が働きやすい職場が、増えていってほしいですね。

参考:平均年収JP
https://heikinnenshu.jp/iryou/iryousocialworker.html

医療ソーシャルワーカーの労働条件は?

医療ソーシャルワーカーの労働条件のイメージ画像

医療ソーシャルワーカーの年収が分類別にわかったところで、医療ソーシャルワーカーの労働条件や仕事における待遇面について、確認していきましょう。

医療ソーシャルワーカーの職場には、病院などの医療機関の他に、保健所や社会復帰施設といった場所もあります。

業務は、患者さんの相談に乗ることが中心になるので、基本的に夜勤はありません
しかし場合によっては、夜間や休日に患者の会などのグループワークが行われ、対応することもあります。

休日に関しては、週休2日制で、日曜日と平日のどこか1日が休みになる場合や、月に8日間が休日のシフト制になる場合があります。

残業が発生することがありますが、多くの場合、月に10時間ほどのようです。

医療ソーシャルワーカーのボーナスや昇給はどれくらい?

医療ソーシャルワーカーのボーナスや昇給は、勤務する場所や雇用形態によって異なります。

ボーナスに関しては、年2回の賞与とする病院や機関が多くみられますが、賞与自体がないなど、勤務先によっても大きく異なる場合があります。

昇給に関しても、勤務先によって差があります。
基本的には、長く働き続けると給料が上がる場合が多いですが、中にはあまり昇給しない病院や機関もあり、一概にはいえません。

ボーナスや昇給に関しては、求人に応募する前によく確認するようにしましょう。

医療ソーシャルワーカーが高収入を得るには?

医療ソーシャルワーカーの高収入のイメージ画像

医療ソーシャルワーカーとして収入を上げるためには、同じ勤務先で経験を積み、キャリアアップをするです。

主任、係長、課長、部長といった名のある役職に就くことができると、年収もアップします。

社会福祉系や医療の資格を取得し、仕事の幅を広げることはキャリアアップに役立つでしょう。

医療だけでなく、福祉の現場での実務経験を積むことができれば、活躍の場の選択肢も多くなります。

キャリアアップのために国家資格の取得を目指す方も少なくありませんが、国家資格が全てではなく、様々な現場の経験によって国家資格の有資格者よりも給料が高くなるケースもあります。

まとめ

医療ソーシャルワーカーの給料、年収についてのまとめのイメージ

今回は、医療ソーシャルワーカーの給料や年収について、働く地域や年代、男女別に比較をしながら説明してきました。

医療ソーシャルワーカーの年収は、勤務先によっても変わってくるので、一概にはいえないところもあるかもしれません。

しかし、医療や福祉の現場で経験を積む、資格を取得する、役職に就くといった頑張りやキャリアアップが認められる職場もちゃんとありますので、労働条件を確認した上で自分が働きたい場所を決めるといいでしょう。

中には、決して高い給料がもらえていなくても、医療ソーシャルワーカーの仕事自体に大きなやりがいを感じて働き続ける方もいらっしゃいます。

医療ソーシャルワーカーは、不安を抱えている人に寄り添ってあげることできる、非常に大事な存在です。

将来は医療ソーシャルワーカーを目指し、収入も上げられるようになりたいという方は、今のうちから、社会福祉士の資格の勉強をしておくといいでしょう。

医療ソーシャルワーカーについては、こちらの記事をチェック!

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。