介護資格・職種 情報

サービス提供責任者とホームヘルパーの違いとは?仕事内容や資格、給料を徹底比較

サービス提供責任者とホームヘルパーは、どちらも介護を必要とする人の自宅を訪問して介護サービスを提供する「訪問介護」に関する仕事です。
この2つの仕事内容や資格、給料には大きな違いがあるって知っていましたか?

訪問介護サービスのプランを作るのがサービス提供責任者です。
そして、サービス提供責任者が作った訪問介護サービス計画書に基づいて、利用者の家を訪問して実際に介護サービスを提供するのがホームヘルパーの仕事になります。

今回の記事では、ホームヘルパーとサービス提供責任者の違いを「仕事内容、資格、給料」の3つの面から紹介します。
また、それぞれの仕事に向いている人も併せて紹介しますので、今後の仕事を選ぶ際にぜひ参考にしてみてください。

ホームヘルパーとサービス提供責任者の仕事内容の違い

ホームヘルパーとサービス提供責任者の仕事内容の違い

サービス提供責任者は、訪問介護の利用者一人一人に専用のプランを作ります。
このプランは具体的に「いつ、何時間、どのようなサービスを提供するか」という内容をまとめた、スケジュール表のようなものになっています。

一方で、ホームヘルパーは、サービス提供責任者が作成したスケジュールに従い、利用者の自宅を訪問して介護サービスを提供する仕事です。

サービス提供責任者の仕事内容

サービス提供責任者は省略して「サ責」とも呼ばれ、主な仕事は訪問介護サービスの計画書を作ることです。
現場で働くホームヘルパーに指示を出し、まとめる司令塔のような役割でもあるため、管理職としても活躍します。

時には自らホームヘルパーとして訪問介護をする場面もあるため、訪問介護のプロフェッショナルといえるでしょう。

サービス提供責任者の仕事内容①訪問介護サービスの計画書の作成

サービス提供責任者は、ケアマネジャーが作成した介護サービス全体の計画書をもとに、具体的に「いつ、何時間、どのようなサービスを提供するか」という内容をまとめた「訪問介護計画書」を作成します。

訪問介護計画書を作るためには、利用者とその家族にしっかりと事情を聞き、必要な情報をくみ取ることが必要です。
具体的には、「要介護者や家族は何に困っているのか、どういう手助けが必要なのか」徹底的な聞き取りを元に、その悩みを解決するための訪問介護サービスを組んでいきます。

利用者が自立した生活を送るためにサービス計画を考え、それによって利用者の状態が良くなっていく過程でやりがいを感じるところが、サービス提供責任者の魅力だと言えるでしょう。

サービス提供責任者の仕事内容②ホームヘルパーの業務管理

サービス提供責任者は、ホームヘルパーの業務管理を行い、ホームヘルパーをまとめるリーダーのような存在です。
訪問介護サービスの利用者ごとにふさわしいホームヘルパーを配置し、業務の進捗管理を行います。

ホームヘルパーの養成・教育も担当するため、ホームヘルパーたちの成長を伺えた時には大きなやりがいを感じます。
職場の全てのホームヘルパーから頼られる存在であるため、責任感とリーダーシップが求められるでしょう。

サービス提供責任者の仕事内容③ホームヘルパーとして訪問介護サービスを提供する

サービス提供責任者は、その名の通り「訪問介護サービスを提供する際の責任者」です。
そのため、ホームヘルパーが急きょ欠勤になってしまった時には責任を持ち、自らホームヘルパーとして訪問介護を行うこともあります。

たとえ代理だとしても質の高い訪問介護サービスを提供するため、日頃からホームヘルパーとしてのスキルアップも欠かせません。

ホームヘルパーの仕事内容

ホームヘルパーは訪問介護員のことで、自力で生活することが難しい人の自宅に訪問して介護サービスを提供する仕事です。
ご飯を食べさせたり、掃除や洗濯などの身の回りのお手伝いを通して、健康的な生活が送れるようにお手伝いします。

外出できずに家にいる高齢者にとって、ホームヘルパーは最も身近な存在です。
体だけでなく心のサポートも、ホームヘルパーの大切な仕事の1つだと言えます。

ホームヘルパーの仕事内容①身体介護(体に触れるサービス)

利用者の体に直接触れて行うサービスを、身体介護といいます。
例えば、ご飯を食べさせる、体を拭く、髪を整えるなどのサービスのことです。

介護サービスはあくまで「利用者が自立した生活を送れるようになること」を目的としているため、利用者ができるところは自分でやってもらうように促すことも必要です。
「できないところを手助けして、できるところを増やしていく」のが、ホームヘルパーの仕事になります。

ホームヘルパーの仕事内容②生活援助(身の回りのサービス)

部屋の掃除や洗濯など、日常生活において必要なサービスを提供するのが生活援助です。

「腰が痛くてしゃがむことができず、床拭きができない」「腕が上がらなくて洗濯物を干すことができない」など、高齢者の多くが日常生活において困難を抱えています。
そんな
困難を少しでも軽減し、毎日を健康的に暮らしていけるように支援していくのがホームヘルパーの仕事です。

ホームヘルパーの仕事について、詳しくはこちらの記事をチェック!

ホームヘルパーとサービス提供責任者の資格の違い

ホームヘルパーとサービス提供責任者の資格の違い

サービス提供責任者は資格ではなく、業務上の役割やポジションです。
サービス提供責任者の仕事をするには介護福祉士の資格が必要で、持っていない場合には介護福祉士の実務者研修を受ければ資格を満たすことができます。
受験資格などはないため、誰でも受講が可能です。

また、ホームヘルパーもそれ自体は資格ではありません。
施設でヘルパーとして働く時には資格は必要ありませんが、利用者の自宅を訪問するホームヘルパーの場合には必ず資格が必要です。

サービス提供責任者に必要な資格

サービス提供責任者は、業務上の役割・ポジションのことであり、資格ではありません。
サービス提供責任者を行うにあたり、以下のどちらかにあてはまることが条件です。

  • 介護福祉士の資格を持っている人
  • 介護福祉士実務者研修を修了した人

サービス提供責任者として働くには、介護福祉士の資格を持っている必要があります。
そのため、介護福祉士からの役割替えでサービス提供責任者になる方が多いです。

介護福祉士実務者研修とは、介護福祉士の試験を受けるための条件のひとつとなっている研修で、指定されたスクールでカリキュラムを修了することが求められます。
介護職員初任者研修と違って、筆記試験はありません。

内容としては、介護に関するものはもちろん、医療の分野まで幅広く学習するものです。
誰でも受講することができる上、修了後に介護施設で働き実務経験を積むことで、介護福祉士の試験を受ける資格を得ることができます。

そのため、介護職の経験がない方はまず実務者研修を修了してサービス提供責任者として働き、介護福祉士になるのがおすすめです。

サービス提供責任者に必要な資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

ホームヘルパーに必要な資格

以前はホームヘルパー1〜3級という資格がありましたが今では廃止され、ホームヘルパーという資格はなくなりました。
施設などでヘルパーとして働く時には資格が必要ありませんが、利用者の家を訪問してサービスを提供するホームヘルパーの場合には、必ず資格が必要です。

ホームヘルパーの仕事をするのに必要な資格は、以下の4つです。
どれか1つでも持っていればOK

  • 介護福祉士
  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修
  • 生活援助従事者研修

介護福祉士は、国が認定する国家資格です。
試験に合格することで取得することが可能です。

「介護職員初任者研修」の資格を取得するには、各自治体が指定するスクールの講義を受けて、筆記試験に合格する必要があります。
試験内容はそれほど難しいものではないため、講義をしっかり受けて内容を確認することで合格は十分に可能です。

また、「介護福祉士実務者研修」も同じようにスクールで受講しますが、こちらは筆記試験はありません。
どちらの試験も受験資格等がなく誰でも受験することができるので、挑戦するハードルは低いと言えます。

また、2018年に「生活援助従事者研修」という資格が新たに作られ、この資格を取得すると、掃除や洗濯などの生活援助に限定して、ホームヘルパーとして働けるようになりました。
こちらも誰でも受けることができる試験になっているので、未経験の方はまずここから挑戦するのがおすすめです。

ホームヘルパーに必要な資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

ホームヘルパーとサービス提供責任者の給料の違い

ホームヘルパーとサービス提供責任者の給料の違い

サービス提供責任者は、訪問介護サービスの責任者です。
作成したプランに対して責任を負う立場であるため、一般的な介護職よりも平均給料は高くなります。

一方でホームヘルパーは、介護職の中で最も挑戦しやすい職業のため、比較的に給料は低めです。
とはいえ、全ての介護職の基本となる仕事なので、まずは実務経験を積み、サービス提供責任者にキャリアアップを目指しましょう。

サービス提供責任者の給料

訪問介護サービス事業所には、最低1名以上のサービス提供責任者を置くことが決められています。
また、事業所のホームヘルパーをまとめる存在であることから、サービス提供責任者は非常にニーズのある仕事といえます。

そのため、雇用形態は正社員の場合が多く、一般の介護職員より給料は高めに設定されています。
平均月給は常勤職員で306,150円、非常勤職員で235,300円です。

キャリアアップして「主任サービス提供責任者」になることで、さらに給料アップが期待できます。

ホームヘルパーの給料

ホームヘルパーは、介護職の中で最も挑戦しやすい職業のため、比較的に給料は低めです。
雇用形態はパートやアルバイトが多く、平均月給は常勤職員で285,610円、非常勤で187,530円です。

資格の難易度が低いため、初めて介護の仕事をする方はまず、ホームヘルパーとして働くのがおすすめです。
ホームヘルパーは全ての介護職において基本となる仕事なので、まずは実務経験を積み、サービス提供責任者にキャリアアップを目指しましょう。

ホームヘルパーとサービス提供責任者に向いている人

ホームヘルパーとサービス提供責任者に向いている人

サービス提供責任者として利用者のニーズを満たすサービス計画を作るためには、人の話をしっかり聴く力が必要です。
また、事業所のホームヘルパーたちをまとめる存在でもあるので、責任感やリーダーシップが求められます。

一方で、ホームヘルパーは利用者にとって多くの時間を一緒に過ごすことになります。
自分から積極的に話しかけられる人や、相手の気持ちになって考えることができる人は、ホームヘルパーに向いているでしょう。

サービス提供責任者に向いている人

訪問介護サービスの計画書を作る時には、利用者の思いをくみ取り、そのニーズを満たす必要があります。
そのため、相手の話をしっかり聞くことができる人や、他人の相談に乗ることが得意な人が向いているといえます。

また、事業所のホームヘルパーたちをまとめる役割であるため、リーダーシップを発揮できる人や、責任感がある人が活躍できるでしょう。

ホームヘルパーに向いている人

ホームヘルパーは、利用者にとっては日常生活で困っていることを実際に助けてくれるありがたい存在です。
また、あまり外出できない利用者にとっては、家に来てくれる貴重な話し相手でもあります。
「今日の調子はどうですか?」など、自分から積極的に話しかけることができる人は、利用者からの信頼を得ることができるでしょう。

また、ただサービスを提供すればいいというわけではないので、「利用者は今どんなことを考えていて、どうすれば喜んでくれるんだろう?」と相手の気持ちになって考えることが必要です。
客観的に現状を見て判断する力も必要になります。

ホームヘルパーとサービス提供責任者の違いを理解して、介護職をめざそう!

ホームヘルパーとサービス提供責任者の違いを理解して、介護職をめざそう!

今回の記事では、サービス提供責任者とホームヘルパーの違いについて紹介しました。
どちらも訪問介護に関する仕事ですが、サービス提供責任者は訪問介護サービスのプランを作り、そのプランに従ってサービスを提供するのがホームヘルパーです。

介護職は大変なこともありますが、おじいちゃんやおばあちゃんから感謝されるなど、その分やりがいも大きい仕事です。
ホームヘルパーとサービス提供責任者の違いを理解して、自分にあった職業を選びましょう。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。