介護資格・職種 情報

ホームヘルパーと介護福祉士の違いとは?仕事内容・資格・給料の3つで比較

ホームヘルパーと介護福祉士は、どちらも介護を必要とする高齢者をサポートする仕事のため、同じような仕事だと考えている方も多いかもしれません。
確かに、仕事内容は似ていますが、それらの仕事内容や資格、給料には大きな違いがあるって知っていましたか?

簡単にいうと、介護を必要とする人(要介護者)の家を訪問し、ご飯を食べさせたり掃除や洗濯をしたりするのがホームヘルパーです。
一方で、介護福祉士ホームヘルパーの仕事に加えて相談業務をするなど、実に幅広いものとなっています。

今回の記事では、ホームヘルパーと介護福祉士の違いを「仕事内容、資格、給料」の3つの面から紹介します。
今後の仕事を選ぶ際にぜひ参考にしてみてください。

ホームヘルパーと介護福祉士の仕事内容の違い

ホームヘルパーと介護福祉士の仕事内容の違い

ホームヘルパーと介護福祉士の仕事内容は、どちらも「介護が必要になった高齢者(要介護者)をサポートする」という点では同じです。
要介護者の体に直接触れて、食事やお風呂など生活していく上で必要となる行為の手伝いを行います。

それでは何が違うのかというと、「仕事内容の範囲」です。
ホームヘルパーは要介護者の体に直接触れてお手伝いをする「身体介護」と、掃除や洗濯などの身の回りのお世話をする「生活援助」をメインに行います。
介護福祉士はホームヘルパーの仕事に加えて、家族からの介護の相談に乗ったり、要介護者に介護指導したりと、実に幅広いものとなっています。

ホームヘルパーの仕事内容

ホームヘルパーの主な仕事は、要介護者の体に直接触れて支援する「身体介護」と、身の回りのお世話をする「生活援助」です。
具体的には、ご飯を食べさせたり掃除や洗濯をしたりします。

現場で高齢者と多く関わる仕事なので、おじいちゃんおばあちゃんと関わることが好きな人や、いろんな人とコミュニケーションを取ることが好きな人に向いていると言えます。
良くも悪くも、人と密接に関わる仕事であるため、人付き合いが苦手な人にとってはストレスが溜まってしまうかもしれません。

ホームヘルパーの仕事内容について、詳しくはこちらの記事をチェック!

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士は仕事内容が幅広く、いろいろな仕事を経験できることが特徴です。
ホームヘルパーと同じく身体介護や生活援助はもちろんのこと、家族からの介護の相談に乗ったり、要介護者に介護指導したりと、実に様々な仕事を経験します。

ホームヘルパーと介護福祉士の資格の違い

ホームヘルパーと介護福祉士の資格の違い

ホームヘルパーと介護福祉士の資格には、大きな違いがあります。
ホームヘルパーは「認定資格」といい、各自治体が指定するスクールの講義を受けて筆記試験に合格することで取得できます。

一方で、介護福祉士は「国家資格」であり、試験を受けるためには受験資格を満たす必要があります。
この試験に合格
することで、介護福祉士になれるのです。

ホームヘルパーの資格

施設などでヘルパーとして働く時には資格が必要ありませんが、利用者の家を訪問してサービスを提供するホームヘルパーの場合には、必ず資格が必要です。

ホームヘルパーの仕事をするのに必要な資格は、以下の4つです。
どれか1つでも持っていればOK

  • 介護福祉士
  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修
  • 生活援助従事者研修

介護福祉士は、国が認定する国家資格です。
試験に合格することで取得することが可能です。

「介護職員初任者研修」の資格を取得するには、各自治体が指定するスクールの講義を受けて、筆記試験に合格する必要があります。
試験内容はそれほど難しいものではないため、講義をしっかり受けて内容を確認することで合格は十分に可能です。

また、「介護福祉士実務者研修」も同じようにスクールで受講しますが、こちらは筆記試験はありません。どちらの試験も受験資格等がなく誰でも受験することができるので、挑戦するハードルは低いと言えます。

そして、2018年に「生活援助従事者研修」という資格が新たに作られ、この資格を取得すると、掃除や洗濯などの生活援助に限定して、ホームヘルパーとして働けるようになりました。
こちらも誰でも受けることができる試験になっているので、未経験の方はまずここから挑戦するのがおすすめです。

ホームヘルパーの資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

介護福祉士の資格

ホームヘルパーが「認定資格」である一方で、介護福祉士は「国家資格」です。
介護福祉士の資格を取得するには国家試験を受けて合格する必要があります。

厚生労働省の第31回介護福祉士国家試験合格発表によると、平成31年度の合格率は73.7%となっており、これを見ると難易度は低いように思われます。
介護福祉士の試験を受けるには、受験資格を満たしている必要があります。

受験資格は以下の3つのうち、いずれかに当てはまる人です。

  • 福祉系の高校でカリキュラムを修業すること
  • 介護福祉士の養成施設を卒業すること
  • 従業期間3年以上(1,095日)かつ、従事日数540日以上で、実務者研修を終了した者

要するに、介護福祉士の試験を受けるためには福祉系の高校または介護福祉士の養成所で勉強するか、3年以上介護施設等で働く必要があるということです。
福祉系の高校を卒業していない方は、養成所に通うか、実際に介護施設で働きながら実務経験を積んだ上で研修を受けることで、介護福祉士の試験を受けるチャンスが与えられます。

介護福祉士の資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

ホームヘルパーと介護福祉士の給料の違い

ホームヘルパーと介護福祉士の給料の違い

「ホームヘルパーと介護福祉士の資格の違い」で紹介したように、この2つの資格は取得する際の難易度が違います。

ホームヘルパーは誰でも受けられる試験ですが、介護福祉士の試験を受けるには受験資格を満たしている必要があります。
そのため、この資格取得の難易度が給料の違いを生じさせるのです。

ホームヘルパーの給料

ホームヘルパーの試験は誰でも受けることができ、仕事内容も限定されているため、介護福祉士ほど給料が高くないのが現状です。
また、正職員としての雇用はほとんどなく、パートやアルバイトとして働く人が中心になっています。
そのため、給料は時給制となり、正社員と比べて低い傾向にあります。

平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果によると、ホームヘルパー(介護職員初任者研修)の平均月給は、常勤職員は285,610円、非常勤は187,530円となっています。

介護福祉士の給料

介護福祉士の試験には受験条件があるため、誰でも介護福祉士になれるわけではありません。
介護福祉士は正社員として雇用されることが多く、給料もホームヘルパーより高く設定されています。

平均月給は常勤職員で313,920円、非常勤職員で233,730円です。

介護福祉士は、その幅広い仕事内容から活躍の場が多く、介護施設にとって重宝される存在です。
そのため、事業所によっては介護福祉士の資格を持っていると資格手当が出るところもあります。

また、施設で働く介護職員に指示を出す現場の司令塔のような存在なので、管理職としてのスキルアップが期待できます。
ゆくゆくはケアマネにキャリアアップすることもできるため、ホームヘルパーから介護福祉士を目指す人も多いです。

ホームヘルパーと介護福祉士の違いを理解して、介護職をめざそう!

ホームヘルパーと介護福祉士の違いを理解して、介護職をめざそう!

今回の記事では、ホームヘルパーと介護福祉士の違いについて紹介しました。
どちらも介護を必要とする高齢者をサポートする仕事であり、仕事内容は似ていますが、ホームヘルパーと介護福祉士の資格や待遇には大きな違いがありました。

ホームヘルパーの試験は誰でも受けることができ、仕事の専門性や合格のハードルも低いため、給料はそれほど高くない職業となっています。
一方で、介護福祉士は試験を受けるための受験条件があり、仕事内容が幅広く現場の司令塔のような存在となっているため、高待遇で給料も高い傾向にあります。

福祉系の高校を卒業した方はもちろん、そうでない方は介護支援専門員の養成所に通うか、実際に介護施設で働いて実務経験を積むことで介護福祉士の受験条件を満たすことができます。
このような方はホームヘルパーとして働きながら介護福祉士を目指すのもおすすめです。

介護職は大変ですが、おじいちゃんやおばあちゃんから感謝されるなど、その分やりがいも大きい仕事です。
ホームヘルパーと介護福祉士の違いを理解して、自分に合った職業を選びましょう。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。