介護資格・職種 情報

介護職って、どんな種類の仕事があるの?職種と資格、業務内容について紹介

「介護職」と一言でいっても、実はさまざまな職業があることをご存知でしょうか?
ケアマネや介護福祉士、ホームヘルパーなど、介護の現場ではいろんな職種の人々が関わって、介護を必要とする人を支えているのです。

高齢化が急速に進む中で、介護職は非常に需要がある仕事であり、多くの人から感謝されるとてもやりがいのある仕事だといえます。

今回は、介護職といわれる職業の、具体的な仕事内容と必要な資格について紹介します。
仕事の内容や働き方によって選択肢が多いので、自分にあった働き方ができる職種を考えてみましょう。

介護に関わる職種は、主に5つ!

介護に関わる5つの職種

介護を必要とする人を支えるためには、実に多くの人々が関わっています。
中でも主な職種となるのが以下の5つです。

  1. ケアマネジャー(介護支援専門員)
  2. 介護福祉士(ケアワーカー)
  3. ホームヘルパー(訪問介護員)
  4. サービス提供責任者(サ責)
  5. 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

まず、それぞれの職種について簡単に表で紹介します。

介護職の仕事の表

それでは、この5つの職業について、ひとつずつ詳しく仕事内容と必要な資格を紹介していきます。

介護の仕事①ケアマネジャー(介護支援専門員)

介護の仕事①ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャーは通称ケアマネと呼ばれ、介護を必要とする人(要介護者)とその家族にとって最も身近な存在です。
要介護者が自立した生活を送れるようになるために、ケアプランという介護サービスの計画書を作成します。

ケアマネジャーの仕事内容

ケアマネジャーの主な仕事は、ケアプランの作成です。
ケアプランとは介護サービスの計画書のことで、一人一人に合わせてプランを組みます。

要介護者が自立した生活を送れるようになるためには、このケアプランはとても重要です。
定期的に要介護者を訪問して様子を確認したり、家族からの相談を受けたりなどのこまめなサポートをすることで、要介護者の自立に繋がります。

他にも、市区町村から委託を受けて要介護認定調査を行ったり、料金の請求を行ったりと、ケアマネジャーの仕事は多岐に渡ります。
責任が大きい仕事ですが、その分やりがいは大きく、活躍の場も多いです。

ケアマネジャーの仕事内容について、詳しくはこちらの記事をチェック!

ケアマネジャーに必要な資格

ケアマネジャーとして働くためには、「介護支援専門員実務研修受講試験」という試験を受けて合格し、「介護支援専門員」の資格を取る必要があります。
この試験は都道府県ごとに行っているもので、受験条件を満たしていれば受験することができます。

ケアマネジャーの受験条件とは、「対象の職務を経験した期間が通算して5年以上であり、かつ、当該業務に従事した日数が900日以上であること」です。
ここでいう「対象の職務」というのは、医師や看護師などの国家資格が必要な職務や、生活相談員、支援相談員、生活支援専門員、主任相談支援員のことを言います。
これらの職務を経験した期間を全て合わせて5年以上であること、かつその業務に従事した日数が900日以上あることが必要です。

そのため、すぐにケアマネジャーになることはできず、まずはホームヘルパーや介護福祉士として働き、実務経験を積んでからケアマネジャーにステップアップする流れが一般的です。

ケアマネジャーの試験の難易度は高いです。
厚生労働省の「第21回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について」によると、平成30年度のケアマネジャー試験の合格率は10.1%と、かなり低くなっています。
誰でもケアマネジャーになれる訳ではないため、介護業界では重宝される資格であると言えるでしょう。

ケアマネジャーに必要な資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

介護の仕事②介護福祉士(ケアワーカー)

介護の仕事②介護福祉士(ケアワーカー)

介護福祉士はケアワーカーとも呼ばれ、介護の現場で最前線に立って働く仕事です。
他の介護職員に指示を出したり、自らも要介護者への介護に携わったりします。

現場を取りまとめる司令塔のような役割をするため、管理職としてのスキルアップが期待できます。

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士は仕事内容が幅広く、いろいろな仕事を経験できることが特徴です。

要介護者の体に直接触れて食事を食べさせたりお風呂で体を洗ったりする「身体介護」や、掃除やベッドメイキングなど身の回りのお世話をする「生活援助」、要介護者やその家族からの相談業務などが主な仕事です。
要介護者をサポートし、自立した生活を送れるように努めます。

他の介護職員に指示を出し、介護現場で司令塔のような役割をするため、管理職としてのスキルを磨くことができます。
実際に、介護福祉士として実務経験を積み、ケアマネジャーにステップアップする人が多く存在します。

要介護者やその家族との距離が近いぶん、感謝の言葉をもらう機会も多いため、やりがいを実感できる職業です。

介護福祉士に必要な資格

介護福祉士として働くためには、「介護福祉士国家試験」に合格し、介護福祉士の資格を取る必要があります。
介護福祉士の試験を受けるためには受験条件があり、これを満たしている人が受験できます。
受験資格は以下の3つのうち、いずれかに当てはまる人です。

  • 福祉系の高校でカリキュラムを修業すること
  • 介護福祉士の養成施設を卒業すること
  • 従業期間3年以上(1,095日)かつ、従事日数540日以上で、介護福祉士実務者研修を終了した者

要するに、介護福祉士の試験を受けるためには福祉系の高校または介護福祉士の養成所で勉強するか、3年以上介護施設等で働く必要があるということです。
福祉系の高校を卒業していない方は、養成所に通うか、実際に介護施設で働きながら実務経験を積んだ上で研修を受けることで、介護福祉士の試験を受けるチャンスが与えられます。

厚生労働省の「第31回介護福祉士国家試験合格発表」によると、平成31年度の合格率は73.7%となっているため、しっかりと対策することで合格の可能性は高いといえます。

介護福祉士に必要な資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

介護の仕事③ホームヘルパー(訪問介護員)

介護の仕事③ホームヘルパー(訪問介護員)

ホームヘルパーは訪問介護員とも呼ばれ、要介護者の自宅に訪問して介護サービスを提供する仕事です。
ご飯を食べさせたり、掃除や洗濯などの身の回りのお手伝いを通して、健康的な生活が送れるようにサポートします。

外出できずに家にいる高齢者にとって、ホームヘルパーは最も身近な存在です。
体だけでなく心のサポートも、ホームヘルパーの大切な仕事の1つだと言うことができます。

ホームヘルパーの仕事内容

ホームヘルパーの主な仕事は、要介護者の体に直接触れて支援する「身体介護」と、日常生活における家事を手伝う「生活援助」の2つです。
具体的には、ご飯を食べさせたり、掃除や洗濯などをします。とはいえ、「なんでもやってあげる」のではなく、おじいちゃんやおばあちゃんのできないところをお手伝いし、できるところは自分でやってもらう「自立支援」を心がけます。

あまり外出できずに家にいる高齢者にとって、ホームヘルパーは最も身近な存在です。
日々の出来事や悩みを聞いてあげることで、家族の負担を減らすことができます。
体だけではなく心のサポートも、ホームヘルパーの大切な仕事であると言えるでしょう。

現場で高齢者と多く関わる仕事なので、おじいちゃんおばあちゃんと関わることが好きな人や、いろんな人とコミュニケーションを取ることが好きな人に向いています。

ホームヘルパーの仕事内容について、詳しくはこちらの記事をチェック!

ホームヘルパーに必要な資格

施設などでヘルパーとして働く時には資格がいりませんが、利用者の家を訪問するホームヘルパーの場合には必ず資格が必要です。

ホームヘルパーの仕事をするのに必要な資格は、「介護職員初任者研修」や「介護福祉士実務者研修」です。
この資格を取得するには、各自治体が指定するスクールの講義を受けて、筆記試験に合格する必要があります。

試験内容はそれほど難しいものではないため、講義をしっかり受けて内容を確認することで合格は十分に可能です。
また、この試験には受験資格等がなく誰でも受験することができるので、挑戦するハードルは低いと言えます。

また、2018年に「生活援助従事者研修」という資格が新たに作られ、この資格を取得すると、掃除や洗濯などの生活援助に限定して、ホームヘルパーとして働けるようになりました。
こちらも誰でも受けることができる試験になっているので、未経験の方はまずここから挑戦するのがおすすめです。

ホームヘルパーに必要な資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

介護の仕事④サービス提供責任者(サ責)

介護の仕事④サービス提供責任者

サービス提供責任者は、訪問介護サービスの責任者です。
ケアマネジャーが作ったケアプランをもとに目標を設定し、具体的に「いつ、何時間、どのようなサービスを提供するか」などの具体的な内容を訪問介護サービスの計画書にまとめます。

また、ホームヘルパーをまとめるリーダー的な存在であり、自らもホームヘルパーとして働く場面もあります。

サービス提供責任者の仕事内容

サービス提供責任者は省略して「サ責」とも呼ばれ、主な仕事は訪問介護サービスの計画書を作ることです。
ケアマネジャーが作成した介護のサービス計画書をもとに、「いつ、何時間、どのようなサービスを提供するか」などの具体的な内容をまとめます。

訪問介護計画書を作るためには、要介護者とその家族にしっかりとヒアリングしてニーズをくみ取る必要があります。
具体的には、「何に困っているのか、どういう手助けが必要なのか」徹底的なヒアリングを元に、その悩みを解決するための訪問介護サービスを組んでいきます。

また、サービス提供責任者は、ホームヘルパーをまとめるリーダーとしての役割もあります。
利用者ごとにふさわしいホームヘルパーを配置し、業務の進捗管理やホームヘルパーの養成・教育も担当します。
ホームヘルパーが急きょ欠勤になったときなど、場合によっては自ら訪問介護を行うこともあるため、ホームヘルパーとしてのスキルも欠かせません。

サービス提供責任者の魅力は、利用者が自立した生活を送るためにサービス計画を考え、それによって利用者の状態が良くなっていく過程でやりがいを感じることです。
また、教育を担当したホームヘルパーの成長が伺えた時には、大きな喜びを感じます。

サービス提供責任者に必要な資格

サービス提供責任者になるには、「介護福祉士の資格を取得する」または「介護福祉士実務者研修を修了する」という2通りの方法があります。
介護福祉士の資格を持っていればサービス提供責任者として働くことができるので、介護福祉士として働いている方が、役割替えでサービス提供責任者になることが多いです。

介護福祉士の資格を持っていない場合には、「介護福祉士実務者研修」を修了することで、サービス提供責任者として働くことができます。
介護福祉士実務者研修とは、介護福祉士の試験を受けるための条件の1つとなっている研修で、指定されたスクールでカリキュラムを修了することが求められます。

修了試験等はなく、研修を終えれば認定証がもらえる仕組みです。
内容としては、介護に関するものはもちろん、医療の分野まで幅広く学習します。
誰でも受講することができる上、修了後にサービス提供責任者として働きながら実務経験を積むことで、介護福祉士にキャリアチェンジすることもできます。

初めて介護職を経験する方で「サービス提供責任者になりたい!」という方におすすめなのが、こちらの方法です。

サービス提供責任者に必要な資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

介護の仕事⑤社会福祉士(ソーシャルワーカー)

介護の仕事⑤社会福祉士(ソーシャルワーカー)

社会福祉士は、体や心に障害を抱えて、日常生活を送ることが難しい人たちのサポートをするのが仕事です。
支援を必要とする人の相談に乗り、時には医療機関や役所と連携をとって必要とするサービスを提供します。

福祉の分野のプロフェッショナルとして、「高齢者介護」「障害者支援」「生活困窮者」「児童福祉」など全ての社会福祉の分野で活躍します。
働く場所により呼び方が変わり、介護施設では「生活相談員」、病院では「医療ソーシャルワーカー」と呼ばれることが多いです。

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士は働く場所によって仕事内容が異なります。
ここでは、社会福祉の職場として多い介護施設での仕事内容を紹介します。

介護施設で働く社会福祉士は「生活相談員」と呼ばれ、施設の利用者やその家族からの相談業務が主な仕事です。
「困っていることはないか」「今後はどうしていきたいか」などのニーズをくみ取り、利用者が自立した生活を送れるように支援計画を立てていきます。

また、施設に入所を希望する人がいる場合には、「どのようなことに困っているのか」「何を施設に求めているのか」を良くヒアリングして、場合によっては適切なサービスが受けられる施設を案内します。

そのため、病院や他の介護施設との連携が大切で、各機関との調整役でもあります。
社会福祉のプロフェッショナルとして、介護だけでなく医療や障害、児童福祉など様々な分野から支援を必要とする人の課題解決にアプローチできるのは、社会福祉士の強みでもあります。

社会福祉士に必要な資格

社会福祉士は国家試験ですが、相談業務については資格がなくても行うことができます。
そのため、介護施設の生活相談員が全員、社会福祉士の資格を持っているわけではありません。

とはいえ、社会福祉士の資格を持っていることで、社会福祉に関する専門知識とスキルを証明することができ、就職する時に有利になります。
相談業務を行うときでも、社会福祉に関する幅広い知識を持っていることで、要支援者に対して的確なアドバイスをすることができるでしょう。

社会福祉の資格を取る際には、国家試験である「社会福祉士国家試験」を受けて合格する必要があります。
受験する際には受験資格を満たしている必要があり、この資格を得るためには学歴や経験によりいくつものルートが存在します。
福祉系の大学を卒業しているかいないか、卒業している場合には四年制大学や短大か、養成所に通う場合など何パターンもの組み合わせが存在するのです。

福祉系の学校を卒業していない場合でも、養成施設でカリキュラムを修了し、施設などで働いて実務経験を積むことで受験資格を得ることができます。

社会福祉士に必要な資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

介護の仕事には、たくさんの職種が関わっている

介護の仕事には、たくさんの職種が関わっている

今回の記事では、介護職といわれる職業の、仕事内容と資格について紹介しました。
「介護職」と一言でいっても、ケアマネジャーや介護福祉士、ホームヘルパーなどさまざまな職業があることがわかります。

今回紹介した職業以外にも、病院の医師や看護師、栄養士や介護施設の施設長など、介護の現場ではいろんな職種の人々が関わって、介護を必要とする人を支えているのです。
高齢化が急速に進む中で、介護職は非常に需要がある仕事であり、多くの人から感謝されるとてもやりがいのある仕事だといえます。

仕事内容や働き方によって選択肢がたくさんあるので、自分の目的にあった働き方ができる職種を考えてみましょう。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。