介護資格・職種 情報

社会福祉施設指導員になるには?3つの職種と必要な資格&給料まとめ

「社会福祉施設指導員」という仕事を知っていますか?

社会福祉施設指導員は、老人ホームや障害者施設、児童福祉施設などの社会福祉施設で働く人を一言でまとめた総称です。
社会福祉施設で働き、介護や障害、育児放棄や虐待で悩む人を総合的にサポートします。

社会福祉施設指導員になるには資格が必要で、どの資格を取得するかは自分が働きたい施設によって異なります。
そのため、資格取得に向けた準備をする前に、まず自分がどの施設で働くかをあらかじめ決めておく必要があるのです。
とはいえ、社会福祉施設指導員として、それぞれの施設でどんな仕事をするのかわからないと決めようがありません。

そこでこの記事では、社会福祉施設指導員としてどんな施設で働くことができるのかを紹介した上で、それぞれの施設で働く場合に必要な資格について解説します。
それぞれの仕事内容や給料も合わせて紹介するので、職業選びの参考にしてみてください。

社会福祉施設指導員とは?仕事内容は?

社会福祉施設指導員の仕事内容

社会福祉施設指導員とは、老人ホームや障害者施設、児童福祉施設などの社会福祉施設で働く人をまとめた言い方です。
働く場所によって、職業の名前や仕事内容が変わります。

とはいえ業務の目的はどの職種でも共通しており、日常生活に不安や悩みを抱える人が、自立した生活を送れるようにサポートすることです。

社会福祉施設指導員とは、社会福祉施設で働く職員の総称

社会福祉施設指導員は、社会福祉施設で働く職員のことをまとめたものなので、働く施設によって名前が異なります。
具体的な職業名としては、例えば以下の3つがあります。

  • 介護施設で働く「生活相談員」
  • 障害者施設で働く「相談支援専門員」
  • 児童福祉施設で働く「児童指導員」

一般的に社会福祉施設指導員というと、この3つが挙げられることが多いです。
この3つの仕事内容について、詳しく解説していきます。

介護施設で働く「生活相談員」

老人ホームなどの介護施設で働く社会福祉施設指導員は、「生活相談員」と呼ばれます。
仕事内容としては、主に以下の3つです。

  • 施設や事業所での窓口業務
  • 施設への入所・サービスを検討している人の相談業務
  • 関係機関との連絡・調整

施設や事業所の利用を検討している人の相談に乗り、事務作業や関係機関との連絡・調整など、様々なことを経験します。

生活相談員の仕事内容について、詳しくはこちらの記事をチェック!

障害者施設で働く「相談支援専門員」

障害者施設で働く社会福祉施設指導員は、「相談支援専門員」と呼ばれます。
仕事内容としては、主に以下の2つです。

  • 障害者支援サービスを利用する際に必要なプランの作成
  • 自立した生活を送るために必要な手続きや支援サービスの提供

相談支援専門員の仕事は、心や体に障害を抱えた人やその家族を総合的にサポートすることです。
障害を抱える人が、自立した生活を送れるように必要な支援をします。

相談支援専門員の仕事内容について、詳しくはこちらの記事をチェック!

児童福祉施設で働く「児童指導員」

児童養護施設や放課後デイサービスなどの児童福祉施設で働く社会福祉施設指導員は、「児童指導員」と呼ばれます。
仕事内容としては、主に以下の2つです。

  • 施設の子供達のお世話
  • 相談業務、心のケア

児童指導員の仕事は、児童福祉に関する施設で子供達のお世話をすることです。
障害を抱えていたり、家族に育ててもらうことが困難になった子供たちが、のびのびと成長していけるようにサポートを行います。

児童指導員の仕事内容について、詳しくはこちらの記事をチェック!

社会福祉施設指導員に必要な資格

社会福祉施設指導員に必要な資格

社会福祉施設指導員は、生活相談員や相談支援専門員、児童指導員と働く場所によって仕事の名前や業務が変わります。
そのため、それぞれの仕事に就くために必要な資格や条件も異なるのです。

ここでは、生活相談員と相談支援専門員、児童指導員の3つの仕事に就くために必要な資格や条件について解説します。

社会福祉施設指導員は、職場によって資格や条件が異なる

社会福祉施設指導員は、どの施設で働くかによって、求められる資格や条件が異なることがわかりました。
それでは、生活相談員と相談支援専門員、児童指導員になるには、それぞれどんな資格や条件があるのかについて解説します。

生活相談員は「社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格のいずれか」

生活相談員になるには資格が必要で、以下の3つのうちどれか1つでも持っていればOKです。

  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • 社会福祉主事任用資格

ただし、自治体によっては上記の資格を持っていなくても、他の特定の資格を持っている場合に生活相談員として働ける場合があります。
各自治体によって対応が異なるので、気になる方は近くの市役所や区役所などに確認してみましょう。

生活相談員に必要な資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

相談支援専門員は「実務経験を積み、相談支援事業者初任者研修を修了すること」

相談支援専門員になるために必要な特定の資格はなく、以下の2つの条件をどちらも満たすことで相談支援専門員として働くことができます。

  • 実務経験者であること
  • 「相談支援事業者初任者研修」を修了すること

相談支援専門員になるには、実務経験を積み、相談支援事業者初任者研修を修了することが必要です。
この「実務経験」については、市区町村により内容と期間が若干異なりますが、一般的には介護施設や障害者施設で3〜10年程度働くことが求められます。

受験を考えている場合には、受験地の市区町村に確認しましょう。

相談支援専門員になるための条件について、詳しくはこちらの記事をチェック!

児童指導員は「指定条件6つのうちどれか1つを満たすこと」

児童指導員になるために必要な特定の資格はなく、以下の6つの条件のうちどれか1つを満たすことで児童指導員として働くことができます。

  • 児童指導員の専門学校を卒業した方
  • 社会福祉士または精神保健福祉士の資格を持つ方
  • 福祉系の大学や大学院の学部で、指定の科目を学ぶ学科、またはこれらに相当するカリキュラムを修めて卒業した方(外国の大学でも可)
  • 中学や高校を卒業し、大学に入学した方、もしくは12年の学校教育を修了した方で、2年以上、児童福祉に関する仕事をした方
  • 小中高または中等教育学校の教諭の資格を持っている方
  • 3年以上、児童福祉に関する仕事をした方

この6つのうち、どれか1つでも該当する方であれば、児童指導員として働くことができます。

ただし、働きたい施設が公立の施設である場合はこの資格要件を満たすだけではなく、合わせて公務員試験に合格する必要があるので注意しましょう。

児童指導員になるための条件について、詳しくはこちらの記事をチェック!

社会福祉施設指導員の年収・給料

社会福祉施設指導員の年収・給料

ここでは、社会福祉施設指導員の年収や給料について解説します。

社会福祉施設指導員は、職場によって年収や給料が異なる

これまでお伝えしたように社会福祉施設指導員は職場によって職業名や仕事内容、資格が異なります。
そのため、職場によってもらえる給料や年収が異なるのです。

ここでは、社会福祉施設指導員の年収・給料について、生活相談員、相談支援専門員、児童相談員の3つの職種で比べてみましょう。

生活相談員の年収・給料

生活相談員になるには特定の資格が必要なため、誰でも生活相談員になれるわけではありません。
そのため、一般的な介護職員に比べて、給料は比較的高めに設定されています。

平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果によると、平成30年度の生活相談員の平均基本給額は、常勤職員で210,570円、非常勤で206,660円

相談支援専門員の年収・給料

相談支援専門員は、「基幹相談支援センター」という障害者支援の施設への配置が義務付けられており、障害者支援を行う職種の中でも特に重要な役割を担います。
また、日本政府が地域支援事業に力を入れている現代社会において相談支援員のニーズが高まっているため、他の社会福祉に関する職業と比べて給料は高めです。

「平成29年度障害福祉サービス等従事者処遇状況等調査結果の概要」によると、平成29年度の相談支援専門員の平均基本給は、常勤職員で248,040円、非常勤職員で187,611円となっています。
働く場所によっては相談支援専門員の資格を持っていることで資格手当が出るところもあります。

児童相談員の年収・給料

児童指導員が働く児童養護施設は、公立の施設民間の施設の2つに分けられます。
このうち、公立の施設で働く児童指導員は、公務員試験を受けて合格した公務員です。

そのため、公立の施設で働く児童指導員の方が、民間の施設で働く場合に比べて給料が高い傾向にあります。
勤務する施設によって異なりますが、児童指導員の平均月給は30万円程度のようです。

キャリアアップして年収を上げたい方は、「児童発達支援管理責任者」を目指しましょう。

社会福祉施設指導員に向いている人

社会福祉施設指導員に向いている人

社会福祉施設指導員は、どの施設でも「相談業務」を行います。
介護や障害、育児放棄や虐待で不安や悩みを抱える人の話を聞き、適切なサポートを行うためには、相手の気持ちになって親身に話を聞くことが大切です。
そのため、相談に乗るのが得意な人は社会福祉施設指導員に向いているといえます。

また、社会福祉施設指導員として、どの職場でも1人1人の人生に深く関わることになります。
自分の意思をしっかり持ち、責任を持って業務に取り組むことができる人が社会福祉施設指導員に向いていると言えるでしょう。

社会福祉施設指導員の将来性

社会福祉施設指導員の将来性

介護や障害、育児放棄や児童虐待などの社会福祉に関する問題が多い現代社会において、社会福祉施設指導員の需要は高まっています。
今後の活躍が期待される社会福祉施設指導員の将来は明るいと言えるでしょう。

社会福祉施設指導員を目指すきっかけ

社会福祉施設指導員を目指すきっかけ

社会福祉施設指導員を目指すきっかけは、自分や家族が社会福祉施設指導員にお世話になった経験や、学生時代の職業体験で社会福祉施設指導員の仕事の素晴らしさを学んだことによるものが多いです。

社会福祉に関する悩みを抱える人やその家族1人1人と深く関わり、日常生活を送れるようにサポートしていく仕事には大きな責任感が伴いますが、その分やりがいは大きなもの。
その大きなやりがいに魅力を感じ、相談支援専門員を目指す人が多いと言えるでしょう。

資格を取得して、社会福祉施設指導員として活躍しよう!

資格を取得して、社会福祉施設指導員として活躍しよう!

この記事では、社会福祉施設指導員になるために必要な資格について解説しました。

「社会福祉施設指導員」というのは、老人ホームや障害者施設、児童福祉施設などの社会福祉施設で働く人をまとめた言い方なので、職場によって必要となる資格が異なります。

ここでもう一度、「生活相談員、相談支援専門員、児童指導員」になるために必要な資格や条件を確認しましょう。

  • 介護福祉施設で働く「生活相談員」
    「社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格」のうちどれか1つの資格を取得
  • 障害者施設で働く「相談支援専門員」
    実務経験を積み、相談支援事業者初任者研修を修了すること
  • 児童福祉施設で働く「児童指導員」
    指定条件6つのうちどれか1つを満たすこと

時には大変なこともありますが、相談者やその家族1人1人と深く関わり人生をサポートできる社会福祉施設指導員は、大きなやりがいを感じることができるところが魅力です。
現代社会においてますますニーズが高まる社会福祉施設指導員の資格を取得して、社会福祉施設指導員として活躍しましょう!

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。