介護資格・職種 情報

生活相談員の1日をのぞいてみよう!一目で分かる仕事の流れ

生活相談員は、介護サービスの利用者とその家族を、現場の介護職とつなげるパイプ役!

利用者が快適に介護サービスを利用できるよう、相談に乗ったり、希望を他の介護スタッフに伝えたりします。

そんな、利用者サイドと施設をとりもつ相談・調整業務が、生活相談員は、一体どんな風に1日を過ごしているのでしょうか?

日帰り施設であるデイサービスと入居施設である老人ホーム、それぞれの施設で働く生活相談員の1日に密着!

二つの違いや、気になる残業時間についても解説していきます。

生活相談員とは?無資格でもなれる?

生活相談員とは?無資格でもなれる?

生活相談員になる人は、社会福祉士や精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格のいずれかを持っている人がほとんど。

しかし、生活相談員に必要な資格は、国や都道府県などによって異なります

自治体によっては実務経験などがあれば認められることがあるので、どのような条件が定められているかは地域の情報を確認しましょう。

ケアマネジャーとは何がちがうの?

生活相談員は、ケアマネジャー(介護支援専門員)と混同されることがありますが、両者は全くの別物。

生活相談員は、老人ホームなどの介護施設で、利用者やその家族の相談に乗るのが主な仕事。
それにくらべてケアマネジャーは、介護施設・事業所で、介護サービス利用者のケアプランを考えるのが主な業務です。

生活相談員は、自治体によって資格要件が異なるため、実務経験さえあれば未経験でも就業が可能な場合があります。

しかし、ケアマネジャーは介護支援専門員実務研修受講試験という資格試験に合格する必要があります。

ケアマネジャーになるには?必要な資格要件を解説

生活相談員として働くための適性

生活相談員には、介護サービスの利用者をはじめとして、さまざまな相談ごとが持ち込まれます。

こういった問題を解決するために、積極的に行動できるような人物が、生活相談員としてはふさわしいでしょう。

また、生活相談員は他の施設やスタッフと連携・調整を行う場面が多くあるため、マネジメント力が求められます。

施設の顔として地域の医療機関や他の介護施設に顔を出す機会もあるため、コミュニケーションも必要な職種です。

生活相談員に向いている人の特徴をチェック

生活相談員の仕事内容

生活相談員の仕事内容

生活相談員の主な仕事は、介護サービス利用者とその家族の相談に乗ること。

そしてその問題解決のために、ケアマネジャーや介護スタッフなどに必要事項を伝達する連絡係も務めます。

そのほか、施設の入退所やサービス利用に関する手続き、地域・他機関との連携や調整も、生活相談員の業務です。

生活相談員が活躍する職場

生活相談員は主に、ショートステイ(短期入所)サービスを提供している介護施設で働いています。

具体的には、有料老人ホームや、特別養護老人ホームなどです。

また、日帰りの介護施設であるデイサービス(通所介護)でも働いており、これらの介護施設・事業所では生活相談員を営業時間内に1人以上配置することが法律によって義務付けられています。

介護スタッフや管理者と兼任することも

生活相談員は、相談・調整業務がメインの仕事ですが、働く施設によってその業務内容には幅があります。

施設利用者の送迎をおこなったり、介護スタッフ管理者など別の役割を兼任していることも。

高齢化が止まらない日本では、どこの介護施設や事業所でも慢性的な人手不足なんですね。

生活相談員の1日の仕事の流れ

生活相談員の1日の仕事の流れ

生活相談員は、「介護の何でも屋さん」と呼ばれるほど、幅広い業務を請け負います。

実際、生活相談員の仕事内容は働く施設によってさまざまで、これから介護業界で働こうと考えている人には、1日の業務の流れが想像しづらいかもしれませんね。

そこで、利用者が日帰りで利用するデイサービスと、看取りにも対応しているため終のすみかとなりうる特別養護老人ホーム。

この二つの施設で働く、とある生活相談員の1日をのぞいてみましょう。

デイサービスでの1日の流れ

それではまずはじめに、デイサービス(通所介護)での生活相談員の1日の流れについて紹介します。

デイサービスで働く、とある生活相談員の1日に密着してみましょう。

8時 出勤

制服に着替えて出勤。
朝礼で昨日からの申し送りや今日やることの確認、メールチェックなどをおこないます。

9時 利用者の到着

送迎車によって、利用者がデイサービスに到着。
看護師が全員の健康状態をチェックします。

11時 調整・相談業務

職場内の会議後、利用者本人や家族の相談に対応。
この日は、入所希望者に対する施設の見学案内もおこないました。

12時 昼食

12時〜と13時〜の組に分かれて、ほかの職員と交代で休憩をとります。
利用者が食事をする際は、介護スタッフとともに見守りや介助にまわります。

13時 関係者との打ち合わせ

ケアマネジャーと、とあるサービス利用者の介護計画書の変更について話し合い。
ケアプランの見直しについて、サービス担当者会議があったので出席し、連絡事項をまとめます。

15時 レクリエーション

利用者同士のコミュニケーションを図るため、毎日この時間は体操やレクリエーションにあてます。
利用者の症状によっては、個別にリハビリテーションを行うこともあります。

16時 利用者の送迎

送迎バスで利用者をお見送りし、本日のサービスは終了。
そのあとはミーティングで意見交換を行なったあと、面談記録などの書類を作成します。

18時 退勤

明日の申し送りや連絡事項を確認したあと、退勤。
デイサービスは日勤のみなので、夜勤はありません。

特別養護老人ホームでの1日の流れ

次に、特別養護老人ホームで働く生活相談員の1日の流れを解説します。

こちらも、特別養護老人ホームに在籍するとある生活相談員に話をうかがいました。

8時 出勤

メールやスケジュールをチェック。
夜勤の介護職員から申し送りを受けて、朝礼でその日の予定を確認します。

9時 調整・連絡業務

業務開始。
行政や他の事業所にメールや電話をし、連絡事項を伝えたり、必要な調整をおこないます。

12時 昼食

みんなで交代で昼食をとります。

13時 ミーティング

入居者の様子や相談業務の進捗、今後の介護計画などについて、運営者会議で話し合います。

14時 利用者面談

施設の入居者とその家族と面談。
今後の介護計画について話し、不安に思っていることや悩みに耳を傾けます。

16時 書類作成

今日の面談記録を報告書にまとめ、そのほか新しい入居者の書類など事務処理を行います。

17時 翌日の準備

翌日のスケジュールを確認し、今日中に処理できなかった残務があればここで片付けます。

18時 退勤

今日の業務はこれで終了。遅番の人と交代し、退勤します。

生活相談員の残業はどれくらい?

生活相談員の残業はどれくらい?

生活相談員は、朝の8時〜9時に業務を開始、17時や18時前後で退勤という時間帯での勤務が多いです。

利用者からの相談ごとや他職種との連絡事項が多かったり、他の施設の関係者とアポが重なったりした場合は、30分〜1時間の残業を行うこともあります。
が、他の介護職種と比べると残業は少ないほうでしょう。

ただしそれは、生活相談員という役割のみを事業所内で担っている場合です。

生活相談員だけなら、日勤が基本の職種なので残業はあまりありませんが、入所施設で介護スタッフを兼任している場合は、夜勤が発生します。

相談・調整業務以外にも、生活相談員の仕事はさまざま!

相談・調整業務以外にも、生活相談員の仕事はさまざま!

生活相談員の主な仕事は、相談・調整業務となっています。

デイサービスのような日帰り施設と、老人ホームのような入居施設の違いは、送迎と夜勤の有無
日勤で働きたい場合は、遅番や夜勤がないデイサービスがおすすめです。

また、生活相談員は介護の何でも屋さんと呼ばれるだけあって、施設によってその他の業務内容は異なります

働く前と後で大きなギャップが生じないよう、実際に働いている人に話を聞いたり、面接時に条件を確認したりすると安心です。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。