介護資格・職種 情報

児童指導員の仕事内容とは?1日の流れや児童指導員になる方法を解説

児童指導員になりたいと思っている人にとって、その仕事内容やどんな場所で働くのかといった情報は気になりますよね。

児童指導員と一口に言ってもその仕事内容は多岐に渡り、活躍する職場も様々です。

この記事では、児童指導員の仕事内容や活躍の場、やりがいや苦労する点、児童指導員になる方法について詳しく解説していきます。

児童指導員とはどんな職業?

児童指導員とは、障害をもつ子どもや家庭環境により支援を必要とする子どもをサポートする職業です。

児童福祉施設などに通う子ども達の生活の支援や指導をすることによって、健全に成長できるように導き、社会で暮らしていけるようになるための訓練を行います。

児童指導員はそういった子ども達がやがて自立できるようにサポートをする必要があるので、自分が親や先生の代わりであるという自覚をもって子ども達に接しなくてはなりません。

児童指導員の主な仕事内容

児童指導員の主な仕事内容
児童指導員の仕事は子どもの指導のみに留まらず、外部とコミュニケーションを取る、事務的な作業をするというように幅広いです。

児童指導員は具体的にどんなものがあるか詳しくご説明していきます。

児童の生活指導をする

児童指導員の仕事のうち最も代表的なものが、施設に通う子ども達の生活指導をすることです。

起床と就寝、食事マナーなどの生活習慣に対する指導はもちろん、学校の勉強のサポートをすることもあります。

子ども達が将来自立できるように指導しなくてはならないので、ただ優しく接するのではその子どものためになりません。

障がいをもつ子どもを療育する

児童指導員の勤務する施設によっては、発達障がいや身体障がいをもつ子ども達の心のケアが必要になることもあります。

療育とは、そういった子ども達が自立し社会に順応できるように、それぞれの子どもの障がいや個性、成長に合った支援を行うことです。

それぞれ違った個性をもつ子ども達に対して、臨機応変に対応できるスキルが求められます。

児童の生活指導計画を立案する

児童指導員の仕事の中には、子ども達それぞれに合わせた生活指導計画を作成するというものもあります。

子ども達一人一人の個性や特徴、発達状況をよく見ながらそれぞれの指導計画を考えていかなくてはなりません。

子ども達としっかりと向き合って理解していなければ、その子どもにとって望ましい指導案を作ることはできないでしょう。

保護者と面談をする

児童指導員には、子ども達を支援するだけでなくその保護者とも話し合ってケアをすることが求められます。

保護者が子どもを引き取る際の定期的な面談や話し合いを行うことも、児童指導員の仕事の一つです。

発達障がいや身体障がい、精神的な傷などをもつ子ども達の保護者もまた、精神的な悩みや不安を抱えている場合が多くあります。

保護者の悩や不安を解消することは、その子どもの健全な成長をサポートすることにつながります。

児童相談所や学校と連携する

児童福祉施設などの子ども達が通う学校や児童相談所と情報共有をし合うことも児童指導員の仕事です。

子どもたちの様子や精神状況などを正しく理解して適切なケアをするには、そのような関係機関と連携をして子どもたちをサポートしていく必要があります。

児童指導員には、施設内だけでなく外部とも積極的にコミュニケーションをとっていくことが求められます。

事務作業

児童指導員は、事務的な作業もこなさなければなりません。

毎日子ども達の活動の様子を記録する、子ども達の支援に関わる書類を作成するといった業務もあるため、事務仕事のスピードなども必要です。

また、職場によっては送迎時の車の運転や施設内の清掃なども行います。

児童指導員の1日の仕事

児童指導員の1日の仕事
児童指導員のおもな仕事内容がわかったところで、1日の仕事の流れを見てみましょう。

下記のスケジュールは、児童発達支援と放課後等デイサービスが一体となった多機能型の施設の一例ですが、児童指導員の仕事の流れがわかるはずなので参考してみてください。

〜児童指導員の1日の仕事〜

9:00 出社、朝礼
その1日のスケジュールや注意点などを全体で共有します。

9:10 子ども達の療育の準備(児童発達支援)
送迎担当の職員が子ども達の自宅や通う施設に迎えに行き、その間に他の職員は療養プログラムの準備をします。
子ども達が到着したら健康状態などを確認します。

10:00 子ども達の療養の開始(児童発達支援)
子ども達それぞれの指導計画に沿って運動や散歩、音楽・創作活動などのプログラムを実施します。

10:00 朝食
子ども達の食事を準備し、食事の様子を見守ります。食事作法などの指導を行うこともあります。

13:00 子ども達の療育の終了(児童発達支援)
送迎担当者は子ども達を自宅や施設に送り届け、その間に他の職員は事務仕事や施設の清掃などを行います。

13:30 お昼休憩

14:30 子ども達の療養の準備(放課後等デイサービス)
児童発達支援で行う準備と同様です。

15:00 子ども達の療養の開始(放課後等デイサービス)
子ども達は自由に遊ぶ、集団で遊ぶといった過ごし方をします。おやつを提供する、宿題を手伝うといったサポートも行います。

17:00 子ども達の療育の終了(放課後等デイサービス)
児童発達支援で行う業務と同様です。

18:00 退勤

児童指導員が活躍する職場

児童指導員が活躍する職場
児童指導員が活躍できる職場はいくつか存在します。

職場によって仕事内容も異なりますが、 子ども達が自立できるようにサポートするという点はどの施設でも同じです。

児童養護施設

児童養護施設は、病気や災害、事故などの事情によって保護者を亡くした子どもや、親の虐待によって保護する必要がある子どもが入所する施設です。

入所しているのは18歳以下の児童です。

子ども達が生活を共にしながら健全に発達できるように、また自立して社会に適応できるようにサポートをします。

児童発達支援施設

障がいをもった未就学児が通う施設で、医療型と福祉型に分かれます。

日常生活に必要となる基本動作をマスターする、集団行動ができるといったこれから社会で生きていくための能力を育むサポートをします。

障害児入所施設

児童発達支援施設が障がいをもつ未就学児のための施設であることに対して、障害児入所施設は障がいをもつ児童が入所して利用できます。

同じく医療型と福祉型が存在します。

福祉型は子どもに必要な介護を行い、日常生活に不可欠な動作や能力、コミュニケーションの向上ができるようにサポート。

医療型は上記以外にも、病気の治療、看護や介護といった医療的な支援が可能です。

放課後等デイサービス

小学生〜高校生までの子どもが通うことのできる施設です。場合によっては20歳まで通えることもあります。

児童発達支援センターよりも通所できる対象年齢が幅広いのが特徴です。

放課後はもちろん、休日や夏休みや冬休みなどの長期休暇に通い、日常生活で必要な動作やマナーを学ぶ、学習のフォローをするといった支援を行います。

児童指導員になるにはどんな方法がある?

児童指導員の仕事内容や1日の過ごし方がわかってイメージも湧いてきたところで、児童指導員になるには実際にどのような方法があるのかを見て行きましょう。

心理学、教育学、社会学専門の大学や大学院を卒業

オーソドックスなのが、大学や大学院で社会福祉学や教育学、心理学、社会学などを専門的に学んで卒業する方法です。

高校生の進路選びの際に、児童指導員を目指したいという目標が決まっているのであればこのルートを選ぶ方は多いでしょう。

大学によってカリキュラムが異なるので、任用資格を得ることができるかどうかを事前にしっかり確認しておくことが重要です。

地方厚生局長等が指定する養成施設を卒業

地方厚生局長等が指定している、児童福祉施設職員を養成するための学校や養成施設を卒業するという方法もあります。

1年間の就業が必要ですが授業料が無料なのが嬉しいポイントです。

講義だけでなく実習もあるので基本的な理論やスキルを身につけることが可能で、就職率も安定しています。

社会福祉士の資格を取得する

社会福祉士の資格を取得するという方法もあります。

社会福祉士は国家試験ですが、受験するための資格が必要です。

受験資格とは、福祉系の大学で指定科目などを履修し卒業している、社会福祉主事養成機関での相談援助実務が2年以上である、一般大学を卒業後に1年以上一般養成施設の課程を履修しているといったことです。

精神保健福祉士の資格を取得する

精神保健福祉士の資格を取得してから児童指導員の任用資格を取得することもできます。

ただし精神保健福祉士の試験を受けるための受験資格というものも存在します。

具体的な資格の内容は、社会福祉士の受験資格と同様のものが多いです。

教員免許を取得後に都道府県知事の認定を受ける

教員免許を取得してから都道府県知事の認定を受け、児童指導員の任用資格を得るという方法もあります。

教員免許は小学校、中学校、高等学校のどれでも問題ありませんが、教員免許を取得するには国家試験を受ける必要があり、難易度は高いです。

実務経験を積む

大学を卒業していなくても児童指導員を目指すこともできます。

高等学校や中等教育学校を卒業している(それと同等以上の資格を有する)場合は、児童福祉事業で2年以上携わった経験があれば資格要件をクリアできます。

高等学校卒業以上または同等の資格がないという人でも、実務経験を積めば任用資格を得ることができます。

児童福祉事業に従事した年数が3年以上の場合は、都道府県知事の認定を受けて児童指導員になるという方法もあります。

児童指導員の仕事の大変なところ

児童指導員の仕事は時に、困難に立ち向かわなければならない状況になります。

子どもは思いのままに発言し行動してしまいます。

児童養護施設に通う子ども達の中には、感情のコントロールが難しい子や他人を傷つけてしまう子、精神って木に傷つきやすい子、人に心を開くことができない子など様々です。

そういった個性をもった子ども達一人一人としっかり向き合うことで信頼関係を築きケアをする必要がありますが、思い通りにいかないのが苦労する点と言えます。

また、職場によっては残業や夜勤シフトがあるので、体力に自信がないという人は肉体的に厳しいかもしれません。

児童指導員の仕事の魅力

児童指導員の仕事の魅力
児童指導員の仕事は大変なこともありますが、それ以上のやりがいも多いです。

最初は話を聞いてくれなかった子が心を開いてくれた時は感動の瞬間です。

また、施設に通う子ども達の成長を間近で感じることによって喜びや達成感を得られます。

子ども達だけでなく、その保護者とも真剣に向き合い話し合う仕事なので、相手の気持ちを汲む力やうわべではない深いコミュニケーションができるようになります。

児童指導員の仕事で培われたコミュニケーション能力は、今後のキャリアでもプライベートでも役に立つ一生もののスキルです。

まとめ

児童指導員のおもな仕事内容は児童養護施設の子ども達が自立して社会で生きていけるようになるために支援することですが、保護者や関連施設とのコミュニケーションや事務作業など様々です。

児童指導員を目指す場合は資格が取得できる大学を卒業するのもいいですし、大学を卒業していなくても児童福祉事業に従事していれば任用資格を得ることができます。

将来は児童指導員になりたいという方は、ぜひこの記事を参考に資格取得を目指してみてくださいね。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。