介護資格・職種 情報

児童指導員の仕事内容とは?働く場所や仕事のやりがい、大変な点を解説

子どもが好きなので、子ども達をサポートする仕事に就きたいと考える方も多いでしょう。

その選択肢の一つとして、人気の職業が児童指導員です。

児童指導員になりたいけど、そもそも児童指導員の役割やどんな仕事をするのかがあまりわかっていない…という方のために、今回は児童指導員の仕事内容ややりがいについてご紹介していきます。

そもそも児童指導員とは

児童指導員とは、どういった職業なのでしょうか。

児童指導員は、児童養護施設や障がい児入所施設、放課後等デイサービスといった児童福祉施設にて子どもの生活をサポートし、自立を支援する職業です。

おもに、障がいを抱える子ども達や、家庭の事情で施設での生活を余儀なくされた子ども達、身体的または精神的に傷を負った子ども達に寄り添う、重要な役割を担っています。

そのような子ども達が将来自立して、社会に順応しながら生きていけるようにするために、コミュニケーションをとっていくので、子ども達の親や先生のような存在といっても過言ではありません。

児童指導員の仕事内容

児童指導員は、施設に入所している子ども達の心身をケアし、健全に成長できるようサポートをします。

その仕事内容について、詳しく見て行きましょう。

児童の生活指導

児童指導員の仕事内容の中で一番おもだった業務は、施設に入所している子ども達の生活全般に関しての指導を行うことです。

1日の流れとしては、起床から始まり、食事の際のマナー指導や、学校で行う勉学のフォローなども行い、就寝まで見届けます。

また、障がいをもっている子ども達に関しては、生活訓練などもしっかり行っていきます。

障がいをもつ子ども達の療育

配置される施設によっては、発達障がいや身体に障がいを抱える子ども達への対応も求められます。

そういった子ども達のケアをするのも、児童指導員の仕事です。

療育とは、子ども達の自立を促すこと目的として、子ども達それぞれの成長や、障がいの重さ、特性に合わせた支援を行っていきます。

生活指導計画を考える

それぞれの児童の生活指導計画を作成することも、児童指導員の仕事の一つです。

障がいをもつ子ども達の自立をサポートするために、彼ら一人一人に合わせた生活指導計画を作成しなければなりません。

そのためには、子ども達一人一人に対して、何が得意で何が苦手なのか、どんな性格でどういった思考の癖があるのかを見極める必要があります。

子ども達をどのように指導し、支援していくかについて、具体的な目標を見出すことが重要になってくるでしょう。

児童相談所や学校との連絡

子ども達が通っている学校や児童相談所と連絡を取り合い、連携して支援していくことも、児童指導員の役割になります。

関連の機関と連携を取ることで、子ども達の近況を把握し、より丁寧なケアをすることが可能になります。

学校や施設での様子や、勉強の進み具合を共有することで、よりその児童に適した指導やフォロー、ケアができるので、その児童のことを詳しく理解することは大切です。

児童の保護者との面談

児童福祉施設に入所している子ども達は、精神的または身体的な傷を抱え、心を閉ざしているケースもあり、その保護者も悩みや不安を抱えていることも多いです。

児童指導員は、そのような保護者の方との面談も行います。

児童を引き取る際には、保護者の方と定期的な話し合いを重ねていきます。

子どもが健全に成長するためには、保護者の考え方や価値観、精神状態も関係してくるので、保護者の方に寄り添い、悩みや不安を解消するためにも、面談は重要な業務です。

児童指導員が仕事をする場所

児童指導員は児童福祉施設で仕事をしますが、その児童福祉施設の中にもいくつか種類があります。

児童指導員が働く場所について、ご説明していきます。

児童養護施設

児童養護施設とは、病気や事故、災害などの事情により保護者を亡くした児童や、親から虐待を受けたため保護が必要な児童などが入所するための施設です。

18歳までの児童が入所し、共同生活を送る中で、健やかな成長のサポートと、児童の自立に向けた支援を行います。

児童発達支援施設

児童発達支援施設は、障害のもつ未就学児が通所しるための施設で、福祉型と医療型の2つの種類が存在します。

日常生活で必要になる基本的な動作を身に付け、集団生活に適応するための能力を育むことを目的とする施設です。

障害児入所施設

障害児入所施設は、障害をもつ児童が入所する施設で、この施設にも福祉型と医療型の2種類あります。

福祉型は、必要となる介護を受けながら、日常生活に必要な動作や能力の維持、向上を図る、コミュニケーションがとれるように支援します。

医療型は、福祉型と同様の支援に加え、病気の治療や看護、介護も行われる場所です。

放課後等デイサービス

放課後等デイサービスとは、小学生から高校生まで(一部は20歳まで)の子どもが利用できる施設です。

児童発達支援センターとの違いは対象年齢です。

学校の放課後や休日、長期休暇に子ども達が通所することで、日常生活に必要な動作の習得や学習のサポートを受けられます。

児童指導員の仕事のやりがい

児童指導員は、子ども達との関係を築き、コミュニケーションをとる仕事です。

性格や障がい、得意不得意が異なる子ども達に親身になって接するので、彼らの成長を見ることができた時は、感動もひとしおです。

また、様々な背景で育ち、精神的に不安定な子ども達の中には、他人に意地悪をしたり、反抗的な態度をとる子も。

しかし、そういう時には頭ごなしに怒るのではなく、なぜそれをしてしまったのかを理解してあげる必要があります。

そういったコミュニケーションを重ねるうちに、子ども達が少しずつ心を開いてくれるようになり、やがて信頼してもらえることに生きがいを感じる児童指導員も多いです。

児童指導員の仕事の大変なところ

児童指導員の仕事の大変な点として、労働時間や給与面の待遇が挙げられます。

施設によっては夜勤があり、残業もあるケースが多いので、体力に自信がないと厳しいかもしれません。

また、児童指導員の正規雇用の年収は300万円ほどが相場とされているので、高収入を求める方には向いていない職業と言えるでしょう。

仕事では、子ども達に対して根気強く向き合うことが必要になります。

児童指導員は対人の仕事であるため、自分の思うようにいかず、結果がすぐに出ないことがほとんどです。

広い心で子ども達を支援し続ける覚悟がなければ、仕事自体が苦しいと感じてしまうでしょう。

まとめ

児童指導員の仕事内容や活躍する職場、やりがいや大変な点についてご紹介してきました。

児童指導員を目指す方は、子ども好きで心優しい方が多いでしょう。

児童福祉施設の子ども達と向き合うことは、想像以上に難しいかもしれません。

しかし、あなたが本気で向き合うことで、子ども達にもその想いが伝わると思います。

ぜひ、子ども達と一緒に未来を築いていけるような児童指導員を目指してくださいね。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。