介護資格・職種 情報

児童指導員に将来性はある?現状やこれからについて解説

児童指導員になることが将来の夢であるという人にとって、児童指導員は将来性がある職業なのかどうかということは非常に気になるでしょう。

少子化が深刻な社会問題として取り上げられて久しい現代ですがこの先の未来、児童指導員の需要はあるのでしょうか。

児童指導員のあり方はどのように変わっていくのでしょうか。

この記事では、児童指導員の仕事内容などの基礎知識から、現状と活躍の場、将来性があるのかということについて解説していきます。

児童指導員とは?

児童指導員とは?
児童指導員の将来性についてのお話しをする前に、児童指導員という職業に対するイメージがまだ明確ではない人のために、児童指導員とはどんな職業かということについてや、その仕事内容を説明します。

児童指導員とはどんな職業?

児童指導員とは、児童福祉施設に通っているまたは入所している子ども達が健全に成長できるようにサポートをする職業です。

放課後等デイサービスや児童発達支援などの児童福祉施設へ通所または入所する子ども達は、発達障がいや知的障がいなどをもっています。

こういった子ども達の中には、安心して生活できるような家庭環境が整っていない、親から虐待を受けるといった子ども達もいます。

児童指導員はそういった子ども達の親や先生などの代わりとなって、生活の指導を行う職業です。

児童指導員の仕事内容

児童指導員の役割は支援を必要とする子ども達が将来、自立できるようにサポートしていくことですが、その仕事内容は幅広く様々です。

子ども達それぞれに合わせた個別支援計画を作成し、それに基づいた療育プログラムを実施します。

もちろん身体を動かして一緒に遊ぶ、学習のフォローを行うということも仕事の一部です。

子ども達の活動の記録は忘れずに実施し、送迎や掃除、洗濯などの雑用も行います。

児童指導員が関わるのは子ども達だけではなく、その保護者と面談を行う、関連施設と連携を取るといった業務も必要になり、コミュニケーション力や臨機応変に対応する能力が問われます。

児童指導員が活躍する場

児童指導員が活躍する場
現在、児童指導員は様々な児童福祉施設で活躍しています。児童福祉施設と一口に言ってもその種類は多く、施設を利用する子ども達や利用される目的も違ってきます。

児童指導員が活躍しているおもな児童福祉施設としてあげられるのが、放課後等デイサービス、児童発達支援施設、福祉型障がい児入所施設、児童養護施設、乳児院の5つです。

それぞれの施設がどんなものであるかを詳しく解説していきます。

放課後等デイサービス

放課後等デイサービスとは、発達障がいや知的障がいなどをもつ6歳~18歳までの子ども達が通所できる福祉施設です。

放課後や夏休み、冬休みなどの長期休暇の間に利用することができ、集団活動をすることによって、自分の居場所つくる、友達をつくるといったことが可能になるので、障がいをもつ子どもの学童と言えるでしょう。

通所する子ども達はただ自由に遊ぶだけではなく、児童発達支援管理責任者が考えた個別支援計画に沿って自立支援活動が行われます。

児童発達支援施設

児童発達支援施設とは、おもに小学校に就学する前(6歳まで)の障がいをもつ子どもが通所し、支援を受ける施設です。

自立支援や日常生活に必要な機能、動作の訓練を行う他、元気に遊ぶ、学ぶといった支援を目的とします。

児童発達支援施設も、2012年の児童福祉法改正によってサービスが開始しました。

児童発達支援施設は、おもに児童発達支援センターと児童発達支援事業所に分けられます。

福祉型障がい児入所施設

福祉型障がい児入所施設は、身体や知的、精神に障害をもつ子どもが入所するための施設です。

家庭の事情で家庭での養育が難しい子ども達に対し、食事や排せつ、入浴などの日常生活を送るために必要な動作を訓練する、知識つけるといったサポートをします。

福祉型とは別に、医学的な治療が必要な子どもが入所するための医療型障がい児入所施設もあります。

児童養護施設

児童養護施設とは、保護者が存在しない場合や、虐待を受けている場合など、社会的な養護が必要な子ども達が生活する施設です。

施設の名前の通り、児童が対象になります。

子ども達が児童養護施設へ入所する理由の65%が虐待です。

児童養護施設で生活する子ども達は経済的な理由により大学への進学率が低いので、施設を対処した後に自立することも難しいという状況です。

乳児院

乳児院は、何らかの事情によって保護者と生活することが難しい乳児を保護し、養育することを目的とした施設です。

対象年齢は0〜2歳児ぐらいで、入所した子ども達は1日を通して乳児院で生活します。

乳児院で成長した子ども達は親の元へ戻る、里親に引き取られる、児童養護施設へ入所するといういずれかの人生を歩みます。

乳児院には、医師や看護師も常駐するため医療的な支援も可能になっています。

児童指導員の現状とは?

児童指導員の現状とは?
児童指導員の将来性を語るには、まずは現状知っておく必要があります。

児童指導員の現場ではどんな問題が起こっているのかを詳しく見ていきましょう。

人手不足と重要の高まり

現在、児童指導員を求める福祉施設は多く、人手不足が目立っています。

児童指導員という職業に就いている人は多いわけではなく、存在自体が貴重と言っても過言ではありません。

役職者や正規雇用の枠が限られている施設も多いのが現状ですが、児童指導員は需要がある職業であると言えるでしょう。

労働条件に対する不満が多い

児童指導員の年収は比較的低い傾向にあり、さらにサービス残業も多いことから、給料と拘束時間や仕事内容が見合わないという不満も多いようです。

施設に対して子どもの数が多すぎる場合もあり、個人にかかる負担が大きいという意見も見受けられました。

毎日子ども達を相手にし、保護者とコミュニケーションを取る必要もあるため、仕事内容に対して給料が低すぎると人手不足にもつながるでしょう。

人間関係で悩むケースも多々

福祉業界ということもあり、施設で働く人のうち女性の割合が高くなることが多く、男性が働きにくいという不満もあるようです。

また、経営者や役職者との価値観が合わずにストレスを感じる、職場の雰囲気が想像していたものとはまったく違ったというケースも。

子ども達と健康なメンタルで接することができるように、極力職場でのストレスが発生しない環境を選びたいですね。

児童指導員の将来性

児童指導員の将来性
児童指導員は支援が必要な子ども達にとって欠かせない存在です。

しかしこれからの時代、児童指導員は必要とされ続けるのか、将来性はあるのかと不安になることもあるでしょう。

児童指導員の将来性について、詳しくお話ししていきます。

少子化の影響は大きいか

社会全体を見ると少子化の影響は大きいと感じられるかもしれません。

全体の子どもの数が少なくなれば、障がいをもつ子ども達の割合も減るでしょう。

しかしそれと同時に、核家族で共働きの家庭も年々増加傾向にあります。

それだけでなく、近年では突然精神疾患を発症する大人も増えており、子育てが負担になる、自分をコントロールできなくなって虐待や育児放棄をしてしまうケースも少なくありません。

少子化だからといって児童指導員の重要性がなくなるわけではなさそうです。

これまでよりも家族の形が多様化するに従い、児童指導員や児童福祉施設の需要も高まることが予想されます。

児童指導員の今後のおもな活躍の場

児童指導員の今後のおもな勤務先として事業が拡大すると予想されるのが、放課後等デイサービスです。

2012年に創設された放課後等デイサービスは、共働きの夫婦が珍しくない近年、需要が高まっています。

これまで障がいをもつ子どもの親(特に母親)は、子どもの面倒を見るため子育てしながら長時間仕事をするのが困難でした。

しかし、放課後等デイサービスの誕生によって保護者がフルタイムで働くことも可能になりました。

放課後等デイサービスを利用している子どもは現在22万人にも上り、施設数も1万3000以上あります。

同施設に児童指導員がいることが義務化されたのは2017年ですが、その後は児童指導員の求人が増えています。

現在でも、需要に対して児童指導員や施設の数が追いついていない状態なので、将来的にはさらに需要が高くなると予想されます。

賃金の増加は見込めるのか

児童指導員の仕事の現状として、賃金や労働条件に対する不満が目立つという点があります。

児童指導員だけではなく、介護士や保育士といった福祉関係の職業は総じて賃金が低い傾向にあります。

これは施設内の予算が限られているからです。

サービス残業が当たり前、有給が取りにくいという労働環境の中で、一度は児童指導員の職に就いた者や資格を取得した者が、他の業界に転職してしまうというケースも多いです。

しかし児童指導員をはじめとする福祉に携わる職業は、この世の中になくてはならない存在になりつつあります。

福祉業の低賃金や人手不足が社会的に問題視されていることを受けて、政府も何かしら対策を取る可能性もあるでしょう。

AIに代替えされないか

これからの時代を生きるにあたって職業の将来性を考える際に一番不安なのは、自分の目指している職業や今の職業の仕事が将来、AIに取られてしまうのではないかということではないでしょうか。

精度の高い対話力や翻訳力を備え、接客をするAIのニュースをテレビで見て、将来は自分の仕事に取って代わりAIが活躍するのではないかと不安を覚えることもあるでしょう。

しかし、児童指導員のおもな仕事は人と密に関わることです。

子ども達の気持ちを汲みながらも厳しく指導をする、あらゆるトラブルに臨機応変に対応するといった業務は、AIにはかなり難しい作業のはずです。

そういった点では、児童指導員は将来性のある職業であると言えます。

まとめ

児童指導員の仕事内容や現状、そして将来性についてお話ししてきました。
少子化が進んでいるとはいえ、児童福祉施設を必要とする子ども達とその保護者はまだまだたくさん存在します。

児童指導員はAIに仕事を取られる可能性も少なく、これからも需要が高まる職業であるため、将来性のある仕事と言えるでしょう。

児童指導員の将来性に不安を感じていた方は、安心して児童指導員を目指してくださいね。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。