介護資格・職種 情報

児童指導員の給料・年収を職場や雇用形態別に解説

児童指導員になってサポートが必要な子ども達の手助けをしたいと夢見ている方も多くおられるでしょう。

福祉の仕事に就くことを目指す方々にとって仕事を選ぶ基準は給料の高さではないかもしれません。

とはいえ、やはり実際の児童指導員の給料や年収は気になってしまいますよね。

この記事では、児童指導員の給料・年収を職場別や雇用形態別に比較していきます。

また、児童指導員の給料・年収を上げる方法や問題点、福利厚生や将来性についても解説していきます。

児童指導員の給料・年収は職場によって違う

児童指導員の給料・年収は職場によって違う
児童指導員の給料・年収と一括りにしても、勤務する職場によって差が生じます。

児童指導員が働く職場ごとに給料・年収の違いを確認していきましょう。

公立施設で働く場合

公立施設とは、発達支援センターや児童養護施設、障がい児入所施設といった公立の児童福祉施設のことを指します。

児童指導員が公立施設で勤務する場合は、公務員給与規定に基づいて給料が支給されます。

公立施設で働く児童指導員の給料の相場は、年収450万円~550万円ほどです。

公立施設に就職した直後は民間施設で勤務する場合とあまり差はないものの、勤続年数にしたがって徐々に昇給していくことになるので、キャリアを積むごとに民間施設勤務との差が大きくなります。

しっかりとした福利厚生も受けられる上に給料・年収もいいので非常に人気の職場です。

公務員という扱いになるため就職試験もそう簡単ではなく、採用人数も限られるために倍率が高くなっています。

民間施設で働く場合

民間施設とは民間が運営する施設のことで、企業やNPO法人などがそれに当たります。

民間施設で働く児童指導員の給料の相場は、年収300万円~450万円ほどです。

民間施設の子ども達の利用は、市区町村などの行政機関によって決められます。

放課後等デイサービス事業所などは、公務員の一般職の資金によって決められると言われます。

給与や待遇は公共施設ほどではありませんが、比較的求人も多く就職しやすいのが特徴です。

特に近年は放課後等デイサービス事業所の人気によって、民間施設への勤務を希望する児童指導員も増えてきています。

民間施設は公共施設よりも給料が低めであるとはいえ、待遇が他の民間施設よりも悪ければ人手不足につながります。

民間施設同士の競争であるとも言えるので、今後は児童指導員の給与や待遇面が改善されていく傾向にあると予想されています。

児童発達支援管理責任者の場合

児童発達支援管理責任者は、児童指導員のキャリアが5年以上ある場合に取得することができる資格です。

児童発達支援管理責任者の資格を取得することでキャリアアップをして役職者になり、給与・年収を上げることができます。

児童発達支援管理責任者の資格取得者の一般的な給料の相場は、350万円〜500万円ほどと言われています。

雇用形態による児童指導員の給料・年収の差

雇用形態による児童指導員の給料・年収の差
児童指導員の給料・年収は勤務する職場でも違ってきますが、雇用形態によって大きな差が生まれます。

児童指導員として働く場合、おもに正社員、派遣社員、パート・アルバイトの3種類の雇用形態が存在します。

それぞれの雇用形態の給料・年収を見ていきましょう。

正社員の場合

正社員は基本的に、1日8時間の勤務を週に5日間行う雇用形態です。

正社員、派遣社員、パート・アルバイトの3つの雇用形態の中で最も給料が高いのが特徴で、連続で勤務することで昇給も望める可能性が高いです。

正社員の場合、給与は年収300~350万円ほどの方が多く、日本の他の職業の平均年収と比べるとやや低くなります。

もっとも多い層は年収300~350万円ですが、全体的な年収の幅は260~580万円とかなり幅広いのが特徴です。

正社員の児童指導員と一口に言っても、勤務する職場や連続勤務年数、スキルなどによって大きな差があるということを覚えておきましょう。

派遣社員の場合

派遣社員という雇用形態で児童指導員として働いている方もいらっしゃいます。

正社員よりも勤務時間や勤務日数が少なくなるので、育児中の方や副業を持っている方にとっては働きやすい雇用形態です。

しかし全体の勤務時間が少なくなる分、正社員よりも給料が少なくなります。

派遣社員の児童指導員の場合、平均時給は約1270円です。

給与だけで見ると厳しく思えますが、中には派遣社員などの非正規雇用から正社員の登用を行っている職場もあります。

自分が将来どのような雇用形態で働きたいかをはっきりさせておき、求人に応募する際に正社員登用があるかどうかなどを確認するようにしましょう。

パート・アルバイトの場合

パート・アルバイトの児童指導員として勤務している方もいらっしゃいます。

正社員と比べると勤務時間やシフトの自由度はかなり高くなりますが、その分給料も少なくなります。

児童指導員のパート・アルバイトの平均時給は約990円です。

仕事の重要性や大変さを考えると、他の業種のアルバイトよりも給料が低い傾向にあるのが分かりますね。

パート・アルバイトとして働く場合、キャリアアップも昇給も望めないことが多いので、パート・アルバイトとして実務経験を積んで正規登用を狙うまたは転職するといったキャリアの積み方をするのがいいでしょう。

児童指導員の給料・年収の問題点

児童指導員の給料・年収の問題点
児童指導員の仕事は福祉関係ということもあり、他の業種と比べると給料・年収が少ない傾向にあります。

そんな児童指導員の給料・年収の問題点について知っておきましょう。

勤務時間に対して給料が割に合わない職場も

児童指導員は子ども達の先生や親の代わりとなって生活の指導や将来自立できるようなサポートを行います。

障がいや心の傷をもつ子ども達を相手するということは、予期しないトラブルも当然起こります。

子どもが病気をする、学校などの施設で問題を起こすといったことがあれば勤務時間外でもイレギュラーに対応しなければなりません。

そしてそれら突発的な業務に対して残業代が支払われないこともあります。

元々給料が高くないことに加えて、拘束時間の割に給料が低くなる可能性も十分あります。

最近では福祉業の労働時間が問題視されてメディアで取り上げられることも増えた影響で、改善しようとする動きもありますが、十分に改善されるのはもう少し先のようです。

無資格だと給料がかなり低くなる

児童指導員の需要は高まっており、人手不足の施設も少なくありません。

そのため児童指導員の任用資格を満たさない応募者でも、パート・アルバイトや派遣社員で雇用する施設もあります。

しかし非正規雇用の場合の給料は前述の通り高いとは言えず、児童指導員一本で生活をしていくのさえ厳しいという額です。

こうした非正規雇用の方々が給料を上げたいと考える場合、まずは児童指導員の任用資格を取得することが必要になります。

生涯をかけて児童指導員の仕事をやっていきたいのであれば、児童指導員の任用資格を取って正規雇用を目指すことをおすすめします。

キャリアを積んでも昇給することが少ない

児童指導員は一般企業の会社員と違って、キャリアを積んでも昇給しにくいという特徴があります。

障がい児入所施設や児童養護施設などでは、施設ごとの運営予算に限りがあり管理職の席が少ないという背景があります。

福祉業界の場合、民間企業と同じように個人のスキルや業績を評価して昇給するということも難しくなってしまいます。

福祉業界で働きたいと考えている方は、給料よりも仕事のやりがいを求める方が多い傾向にありますが、家族を養わければならない状況の方にとっては、昇給しにくいという事実はかなり厳しいでしょう。

児童指導員として給料・年収を上げるなら

児童指導員として給料・年収を上げるなら
児童指導員として給料・年収を上げたい場合はどのような方法があるのでしょうか。

児童指導員が給料・年収を上げる3つの方法について解説します。

資格を取得する

前述したように、児童指導員は昇給するのが難しい職業と言えます。

しかし、児童発達支援管理責任者という資格を取得できれば、資格手当がもらえる職場もあります。

この資格は、児童指導員として5年以上勤務している場合に受けることが可能です。

この資格を取得することで、児童やその家族に対する個別の療育計画の立案や、他の従業員の指導ができるようになります。

キャリアアップして役職に就く

オーソドックスな方法ですが、同じ職場で何年も継続して働き続けてキャリアアップを目指すという方法もあります。

しかし、長く勤務すれば確実に昇給できるわけではありません。

そもそも役職の席も限られているため、資格取得はもちろん、新人時代から上司とコミュニケーションを積極的に取るようにし、この人となら仕事がしやすいと思ってもらえるようにしましょう。

待遇が良い職場に転職する

児童指導員の給料は職場によって差があります。

民間施設より公立施設の方が給料は高いですし、民間施設の中でも給料・年収の違いがあることがほとんどです。

現在の給与・年収に納得がいっていない場合は、他の施設の給与をよく調べた上で転職を考えるのも有効と言えます。

児童指導員に将来性はある?

近年では核家族や片親の家庭が増え、発達障がいや精神障がいなどももつ子ども達を世話する余裕がないという親も少なくありません。

また、精神的に余裕がない親が聞き分けのない子どもを虐待してしまうケースもあります。

そういった子ども達を保護し、健全な成長ができるようにサポートするためにも、児童指導員の仕事は求められ続けます。

実際に2012年から2019年の7年間で、児童発達支援施設は2.7倍、放課後等デイサービス施設は4.5倍に増えており、児童指導員の需要が高まっていることがわかります。

まとめ

児童指導員の給料・年収や待遇は、公立施設か民間施設かで大きな差があります。しかし公立施設は就職・転職の倍率も高いです。

児童指導員の給料・年収を上げたい場合は、児童発達支援管理責任者などの資格を取得して資格手当てやキャリアアップを目指すのがおすすめです。

しかし、児童指導員は給料・年収には関係なく非常にやりがいがあり、感動を共有できる仕事です。

給料・年収だけに捉われず、自分が子ども達を支えているという自覚をもち、胸を張れる児童指導員を目指してくださいね。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。