介護資格・職種 情報

ケースワーカーの仕事とは?知られざるその役割について

生活に困難を抱える人の支援をするケースワーカーにやりがいを感じて興味を持つ人は多いですがその仕事内容というのは意外にも知られていないことが多いです。

そこで今回はケースワーカーの仕事はそのようなものなのか、どのような場所で働いているのかについてご紹介していきます。

ケースワーカーという職業の名前はよく聞きますが、その役割は一体どのようなものなのか詳しく見ていきましょう。

ケースワーカーの仕事

ケースワーカーの仕事風景

ケースワーカーの仕事は生活保護に関するものが中心となっており、生活保護が必要な人のサポートを主に行っていきます。

ケースワーカーに寄せられる相談内容は、生活保護に関するものはもちろん、高齢者や病気を抱えている人の介護、あるいは不登校の児童についてなど、広い範囲に及びます。

こうした日常生活を送るうえで社会的に何らかの困難を抱える人々の相談にのり、医師をはじめとする医療関係者などと連携をとりながら必要な援助を行うのがケースワーカーです。

そんなケースワーカーですが、その仕事内容は具体的にどのようなものなのでしょうか。

現場仕事と事務仕事に分けて見ていきましょう。

現場仕事

ケースワーカーの現場仕事の内容は訪問調査と窓口での対応の二つに分けられます。

現場仕事の内容としては訪問調査か窓口での対応をケースワーカーは行っており、訪問調査においては家庭を直接訪問します。

直接訪問の頻度は月に一回行い、それに加えて抜き打ちでも行い、世帯に関するあらゆることを調べていくのも仕事です。

窓口での対応もありますが、訪問調査の現場作業が多く、訪問調査の内容としては主に居住確認と生活保護に関する申請内容が適切かについての調査を行います。

生活保護費が適正に使われているかに加えて、生活状態の把握や障害や病気などの状態確認も行うほか生活保護の不正受給がないかのチェックもケースワーカーの業務です。

一方的な確認だけでなく、日常生活や生活保護の内容について相談事がないかの確認・ヒアリングも行います。

ただし、ケースワーカーはいろいろな相談を受ける一方で、越権行為は行うことができないことがあります。

入院や手術時の保証人にはなれず、引っ越しや電気、ガス、水道に関する手続きを行うこともできません。

ケースワーカーの仕事はあくまで自立の支援であり、自立への妨げになる行為はするべきではないと考えられているからです。

事務仕事

ケースワーカーの事務仕事の内容としては生活保護の新申請者に対する最低生活費の計算、生活保護費の計算を行います。

また、すでに対応している訪問調査の内容を書類にまとめることも事務仕事に入ってきます。

現場仕事ほど仕事量は多くありませんが、計算作業が多く、ミスのないように行うことが大切になってきます。

ケースワーカーの活躍の場

ケースワーカーの仕事内容についてご紹介してきましたが、ケースワーカーは一体どのような場所で働いているのでしょうか。

ここからはケースワーカーの活躍の場についてご紹介していきます。

直接訪問・家庭訪問

先ほどもご紹介した直接訪問・家庭訪問ももちろん、ケースワーカーの活躍の場の一つです。

生活が困難であるということもあり様々な事情で家から出られない方にも対応できるようケースワーカーが直接家に行って生活保護に関する支援を行います。

福祉事務所

ケースワーカーは、地方自治体が設置する福祉事務所の勤務することもあります。

福祉事務所は都道府県や市には設置が義務付けられており、町村では任意で設置できます。

ただし、福祉事務所で勤務する場合は、まず地方公務員試験に合格している必要があります。

基本的には福祉職として採用されますが、ケースワーカーになるためには必ずしも資格が必要というわけではないため、一般職から配属される場合もあります。

ケースワーカーが一人で担当するのは80世帯が目安とされている一方で、生活保護の需給者が増えていることやケースワーカーが足りていないことから1人当たり100世帯以上を担当することも珍しくないです。

児童相談所

児童相談所や養護施設などの児童やその保護者に関する施設で働くケースワーカーは児童福祉に関する調査業務を行います。

不登校の生徒に関する調査から場合によっては児童を保護するかどうかの判定を行います。

病院

病院によってはケースワーカー専門の部署がある場合もあります。

病院などに所属しているケースワーカーは医療ソーシャルワーカーとも呼ばれるので覚えておきましょう。

主な業務内容は入院、受診、退院後の生活、医療費の支払い、介護、医療保険や福祉サービスの利用方法といったことの相談の対応です。

ケースワーカーのやりがい

ケースワーカーが相談になっているイメージ

ケースワーカーの仕事と活躍の場についてご紹介してきました。

ここからはケースワーカーの仕事のやりがいをご紹介していきます。

仕事内容が大変だと言われてしまうことが多いケースワーカーですが、どのようなことをやりがいにしているのでしょうか。

困っている人を助ける仕事

ケースワーカーは、人の人生に深く関わる仕事で大変なことも多いですが困っている人を助けることは意味のある大きな役割です。

ケースワーカーを頼りにやってくる人は、世の中で弱い立場にあり、支援がないと生活が成り立たない人ばかりです。

困っている人を助けたいという人は、日々やりがいを感じられる仕事といえるでしょう。

生活保護受給者だった方が自分のサポートもあり就職が決まり自立したときには、自分のことのように嬉しい気持ちになります。

こうした人たちのために自立の道をともに考えることは社会貢献度の高い仕事ですし、自分が人の役に立っていることを実感できるでしょう。

需要のある仕事

現在の日本では、1人では生活が立ち行かない人も非常に多く、ケースワーカーの需要は高まっています。

ここからさらに高齢化が進むことが予想される日本では、介護や医療に関する制度・サービスを利用する人の増加が見込まれます。

さらに老化に伴って病気や障害を抱える人も増えれば、ケースワーカーの仕事もおのずと増加していくでしょう。

ケースワーカーはこれから益々社会から必要とされる職業なので、就職や転職は難しくないでしょう。

まとめ

ケースワーカーの仕事とその役割、活躍の場、やりがいについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ケースワーカーを頼ってきた相談者が自分で問題を解決し、自立することができた時は本当に嬉しいですし、何より大きなやりがいを感じることができます。

相談者から信頼を獲得し、親身に話してくれるようになった時はモチベーションも大きく上がりますし、相談者側も疑問や不安を打ち明けやすくなります。

また、福祉関連の法律や制度に関する広い専門知識は非常に使い道が多く、ケースワーカー以外の職業でも役に立つ場面があるほどです。

さらに今後もケースワーカーの需要は高まるとされているので、これらの知識や経験はキャリアアップ・転職に生かすこともできそうです。

ぜひ今回の記事を参考にケースワーカーを目指してみてください。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。