介護資格・職種 情報

【年収・給料】ケースワーカーの収入は?仕事内容や必要な資格も解説!

介護や福祉関係の施設で相談業務にあたっている「ケースワーカー」という職業があります。
ケースワーカーの仕事内容はハードで、強いメンタルとタフな体力がないと務まりません。
一体どんな仕事をして、どのくらいの収入をもらっているのか気になりませんか?
今回は、ケースワーカーの具体的な仕事内容やソーシャルワーカーとの違い、平均給料・年収、必要な資格などを紹介していきます。

ケースワーカーとは?

ケースワーカーとは、福祉事務所・病院・公的機関のいずれかに勤めており、世代の生活に困っている地域住民の相談に乗り、抱えている悩みや問題を解決に導く手助けをする仕事です。

精神的・肉体的・社会的の面で複雑な課題を抱えている、児童から高齢者までの幅広い世代の方が相談に来ます。
タフな精神力と体力、コミュニケーション能力を必要とする仕事で、幅広い視野を持ち相手の立場で物事を考えられるような人がケースワーカーに向いています。

具体的な仕事内容


生活保護に関する業務が中心で、主な仕事内容は「生活保護申請の相談、支援」「生活保護者の自立支援」の2つに分かれます。
支援するにあたって、現場に出て調査をするなどの「現場仕事」と、必要な情報と資料をまとめるなどの「事務仕事」を行います。

現場仕事

現場仕事として具体的にあげられるのは以下のような業務内容です。

・窓口対応
・電話相談
・申請手続きのサポート
・打ち合わせ
・訪問調査

訪問調査は、居住確認も含めて家庭訪問を行います。
訪問する目的は状況に応じて様々で、生活保護に関する申請内容が適切か、生活状態の把握、生活保護が適正に使われているか、収入や資産の状況、相談事はないかなどを確認するために行われます。
月に1回の頻度で行われ、抜き打ちで調査することもあります。

事務仕事

事務仕事として具体的にあげられるのは以下のような業務内容です。

・相談内容や支援状況をまとめて報告書を作る
・訪問調査の結果を書類にまとめる
・生活保護申請者の最低生活費や生活保護費の計算
・相談者に応じた支援策を考える
・公的支援措置の関係窓口を紹介する

公的支援措置の関係窓口を紹介するだけでなく、福祉業界や医療機関などと連携して援助を行うこともあり、必要があれば福祉サービスなどの法的な援助が受けられるように代理で申請書を作成することもあります。
しかし引っ越しや公共料金の手続き、手術や入院時の保証人などになることはできません。
上記の行為は越権行為と捉えられ、相談者の自立を促すための援助の範囲を超えていると判断されます。
ケースワーカーの仕事は、あくまで、相談者が自分の力で自立できる環境づくりを支援することです。

ソーシャルワーカーとの違い

似たような名称で呼ばれるソーシャルワーカーとは、社会福祉支援活動を行う人の総称です。
働く場所や支援対象者によってその呼び名は変わり、医療ソーシャルワーカー、精神科ソーシャルワーカー、スクールソーシャルワーカーなどがあります。

ケースワーカーもソーシャルワーカーのうちの一つであり、福祉施設や児童相談所などで働く相談業務を行う職種(=ソーシャルワーカー)の中でも、自治体の福祉事務所や公的機関、病院に勤めて相談援助をおこなう職員を「ケースワーカー」と呼びます。

ケースワーカーになるには?必要な資格一覧

ケースワーカーは福祉系の公務員なので、①社会福祉主事任用資格の取得と②地方公務員試験に合格は必ず必要です。
さらに③社会福祉士、④精神保健福祉司といった国家資格を取得していると自分のスキルアップに繋がり仕事に役立てることができます。
他にも資格手当が出て給与アップにつながったり、転職にも有利になるので資格の取得がおすすめです。

気になる年収や給料


働く環境によって収入は大きく変わりますが、地方公務員であるケースワーカーの給料は、各自治体の職員の収入とほとんど同じです。

・平均初任給 約22万円
・平均月収 25〜30万円
・平均年収 300〜600万円

その他の介護職の平均月収は20〜30万円なので、ケースワーカーは福祉業界の中でも比較的平均収入は高い職業になります。
とはいえ特別に高い収入が望めるわけではありませんが、公務員として働く諸手当をはじめ、充実した休暇制度や待遇、社会的地位が保証される仕事です。

特別手当

ケースワーカーの仕事の難しさを考慮し、自治体によって特別手当てがつくこともあります。
勤務1日あたり300~400円と設定されている場合が多く、年収で換算すると一般職員に比べて10万円ほど多い計算です。

収入アップを望むなら

先ほども記載した通り、収入アップを目指すなら仕事に役立つ資格を取得することです。
(社会福祉士、精神保健福祉士の資格の他に、介護福祉士やケアマネージャーなどの資格もある。)
仕事の幅が広がるため評価につながり、1つの資格取得につき1万円ほど月収が上がる施設が多いです。
また資格取得は管理職への昇進にもつながるので確実な給料アップが見込めます。
中には、知識や経験を十分に積んだ後フリーランスに転身することで年収1000万円に大幅アップさせる人もいるようです。
自分の働き方や頑張り次第で、仕事の幅を広げるだけでなく収入アップも望めます。

まとめ

ケースワーカーになるためにはたくさん勉強する必要があり、実際に仕事についてからも常に複雑な問題と向き合うので、ケースワーカーは決して簡単に勤められる仕事ではありません。
しかし、その分相談者の悩みを解決したときは、大きなやりがいを感じられるでしょう。
収入面においても、介護福祉業界の中では比較的高い傾向にありますし、資格取得や働き方を変えるなど自分次第で更なる給料アップを望むこともできます。
公共機関で働けば収入も安定しているので頑張るモチベーションにもなりますね。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。