介護資格・職種 情報

介護福祉士の仕事とは?

介護福祉士は、心身の障がいにより日常生活が困難な人に対し、食事や排泄、入浴などの身の回りの介護を行う国家資格が必要な仕事です。

ただお世話をするというわけではなく、介護を必要としている人が、その人らしい生活を送ることができるようにいろいろな人と協力しながら支援します。

大変そうなイメージが強い職種でもありますが、大変やりがいのある仕事になっています。

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の仕事は、直接体に触れて行う「身体介助」と家事全般のお手伝いをする「生活援助」に大きく分けることができます。

このように介護のイメージが強い介護福祉士ですが、要介護者の家族の方に家庭での介護のアドバイスを行ったり、介護に関する相談にも対応することも多いです。

次項からは福祉介護士の大まかな仕事内容についてご紹介していきます。

身体介助

食事、排泄、着替え、入浴、屋内外の移動、場合によっては歩行や車いすへの移乗を含む日常生活における介助を身体介助と言います。

身体介助は基本的に病気や障がいの内容に配慮しながら慎重に行う必要があります。

例えば、心臓が弱い人に対しては脈拍や表情をよく観察しながら介助を行うことが大切です。

関節に痛みを抱えている人に対しては痛みを増強しないよう細心の注意を払いながら介助しなければなりません。

このように介助が必要な人が無理のないように動けるように考えて介助することが基本的な介護福祉士の考え方となります。

生活援助

食事の準備や洗濯、家の掃除、買い物など、家事全般の手伝いを「生活援助」と言います。

身体介助とは違い介護福祉士が単独で行う仕事が多いのが生活介助です。

また、レクリエーション活動も、余暇活動の充実と福祉介護士と介助が必要な人とのコミュニケーションを図る上で大切な活動となります。

限られた時間の中で、その人が望んでいることを的確に把握することが介護福祉士には必要な能力と言えるでしょう。

介護の相談対応・アドバイス

介護福祉士は介護だけではなく、介護が必要な人と一緒に暮らすご家庭に人への相談にのったり、アドバイスすることも多いです。

食べ物を上手く噛めない人に適した介護食の作り方から、ベッドから車いすへ乗り移る際の介助方法など、介護未経験の人にも分かりやすく指導・アドバイスしなければなりません。

教科書通りの指導はもちろん、その人の身体の状態や部屋の広さ、形、介護する家族の負担などさまざまな要素に配慮した的確なアドバイスができることが重要です。

介護福祉士の活躍の場

手助けのイメージ

介護福祉士の就職先には以下のようなところがあり、それぞれ仕事内容などが少しずつ異なります。

活躍の場が広がっている介護福祉士のそれぞれの仕事内容とその違いをあらかじめ知っておきましょう。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは中~重度の在宅での生活が困難になった要介護の高齢者が入居する公的な介護保険施設のことを言います。

入所条件は要介護レベルの高齢者で、原則として入所期限はなく、終身に渡る介護が行われることが多いです。

特別養護老人ホームでは介護福祉士は利用者の食事や入浴、排泄など日常生活に伴う身体介助を中心に、生活援助、レクリエーション実施、緊急時対応など多岐にわたります。

また、看護職員とともに利用者の健康管理をサポートしたり、理学療法士などのリハビリ専門スタッフとともに機能訓練に関わったりすることもあります。

時としては、終末期ケアや看取りという場面の対応も非常に重要な業務となります。

介護老人保健施設

介護老人保健施設は要介護の高齢者が入居する公的な介護老人保健施設のことです。

比較的幅広い範囲で介助が必要な人に3~6ヶ月程度の一定期間で退去することを前として医療ケアとリハビリを行いながら在宅復帰を目指します。

イメージとしては老人ホームと病院の中間的な施設と捉えるとわかりやすいです。

介護老人保健施設には医師や看護師など医療従事者の人員数も多くいるため、有事の際も迅速に適切な対処が行えます。

ここでは介護福祉士は身体介助、生活援助、通院同行、レクリエーション実施、緊急時対応などに携わることになります。

先ほどご紹介した特別養護老人ホームとの違いは基本的に在宅復帰に向けたサポート業務がより多くなる点にあります。

機能訓練用の器材も充実していることが多く、介護福祉士は理学療法士などの他の専門スタッフと連携をとりながら、利用者の健康と回復をサポートしていきます。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、民間の事業者が運営する、有料老人ホームの中でも比較的手厚い介護サービスを提供している施設です。

有料老人ホームの形態としては他にも、住宅型有料老人ホームや健康型有料老人ホームなどがあります。

介護付き有料老人ホームには24時間介護職員が常駐し、身体介助、生活援助はもちろんのこと、機能訓練、レクリエーションなど、利用者の要介護度とニーズに合わせたサービスが提供されています。

民営であることから、入居要件は施設によって異なっており、60歳または65歳以上で介護認定に該当しない人でも入居できる施設もあります。

介護付き有料老人ホームでは介護福祉士は基本的に、中~重度の要介護者のサポートを中心に介護業務に携わります。

ただし、社会福祉的な側面が重視される特別養護老人ホームや介護老人保健施設とは違い、介護付き有料老人ホームの場合は、在宅復帰よりも利用者が快適に生活を送るためのサービスの充実に重点が置かれる傾向があります。

一般的に介護付き有料老人ホームのほうが特別養護老人ホームや介護老人保健施設よりも規模が小さいことが多く、利用者の数も少ない傾向にあるので、就職の際は規模に注目してみるのも良いでしょう。

訪問介護事業所

訪問介護事業所はその名のとおり、訪問介護を行うスタッフが勤める事業所です。

介護福祉士またはホームヘルパーが、介護が必要な高齢者がいる住宅や施設を訪問して、身体介助、生活援助などを行うための事業所です。

後ほど詳しく説明はしますが、ホームヘルパーは3年以上の実務経験を経て、実務者研修を受講すると、介護福祉士国家試験の受験資格を得られます。

デイサービス

デイサービスはおもに日中の時間帯に高齢者を施設に招き、食事、入浴などの介護や機能訓練、運動、レクリエーションなどを行う日帰りサービスです。

デイサービスセンターなどの他、特別養護老人ホームや介護老人保健施設でもデイサービスを行っています。

ここでも介護福祉士が介護を中心とした業務に携わるのですが、他の勤務先と違ってデイサービスでは基本的に夜勤はないので、夜の仕事が不安な方にはおすすめです。

介護福祉士になるには?必要な資格や能力について

では、実際に介護福祉士にはどのような必要な資格や能力が必要になるのでしょうか。

次項から詳しく見ていきましょう。

介護福祉士になるには国家資格が必要

介護福祉士になるのに必要な資格とは

介護福祉士国家試験を受験するには、「社会福祉及び介護福祉士法」に定められた受験資格が必要です。

自分の学歴が受験資格に相当するかどうかについては、公益財団法人社会福祉振興・試験センターが運営するホームページなどに掲載されています。

受験資格取得ルートには、3年以上の介護実務経験を経て取得する「実務経験ルート」と、福祉科のある高等学校などで、所定の課程を修める「福祉系高校ルート」の2つのルートが一般的に選ばれます。

実務経験から国家試験の受験資格を得る

介護老人保健施設や特別養護老人ホームの介護職員、訪問介護員など、主に介護の業務に従事した期間が3年以上、実働日数にして540日以上の実務経験に加え、全国各地で実施されている「実務者研修」を修了することで、介護福祉士の国家試験受験資格を取得できます。

受験の際は、勤務先または勤務していた事業所の代表者などが発行する「実務経験証明書」を提出する必要があるので、忘れないようにしましょう。

福祉系の高校を経て国家試験の受験資格を得る

福祉系の高等学校または福祉系特例高校において、福祉に関する所定のカリキュラムを修了、卒業することが必要です。

介護福祉士の国家試験受験資格を取得できます。

ただし、福祉系特例高校の場合は、卒業後に9カ月以上の実務経験が必要です。

難易度

介護福祉士の国家試験の合格基準は、筆記試験、実技試験ともに総得点の約60%台が目安となっています。

基本的な知識や技術をしっかり身に付けておけば、比較的合格しやすい試験であると言えますが、実技試験をクリアするためには、できるだけ多くの事例を経験しておくと有利に試験を進めることができます。

筆記試験や実技試験の内容を把握して、できるだけ万全の状態で試験に臨みましょう。

筆記試験の免除

介護福祉士国家試験では、筆記試験と実技試験が実施されますが、資格取得ルートによって受験内容が一部異なります。

実務経験ルートで受験資格を取得した場合および、平成21年度以降に福祉系の高等学校に入学して受験資格を取得した場合は、実技試験が免除、筆記試験のみの受験となります。

また、平成20年度以前に福祉系の高等学校に入学し卒業した人、また福祉系特例高校を卒業後に9カ月以上の実務経験を経た人は、技術講習を修了することで実技試験が免除されます。

なお高等学校卒業後、修業年数2年以上の介護福祉士養成施設を卒業、または福祉系大学などを経て修業年数1年以上の介護福祉士養成施設を卒業している場合は、国家試験を受験することなく、介護福祉士の国家資格を取得できます。

以上のことを覚えておくと進路選びにも役立つので、これからの進路に迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

介護福祉士とヘルパーは何が違うのか

介護福祉士とヘルパーの違いについて疑問に思う人も少なくないと思います。

イメージとしては両方人と接する、人を介助するということについては共通していますが、一体どのような部分で違いが出てくるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

仕事内容

一般的に広く「ヘルパーさん」という呼び名で知られているホームヘルパーは、介護保険制度が誕生する以前から存在しています。

当時から病気や障害により家庭内の家事をこなすのが困難な場合に派遣される「家庭奉仕員」として活躍。

平成3年に現在の呼び名であるホームヘルパーに名称が変更され、ホームヘルパー1~3級の階級分けと、それぞれを養成する研修制度である「訪問介護員養成研修」が導入されました。

その後、平成12年に誕生した介護保険制度では、訪問介護に従事できる専門職として、訪問介護員養成研修修了者(ホームへルパー1級・2級修了者)が明記されています。

一方で、介護福祉士は昭和62年に誕生した国家資格です。

介護福祉士とは、心身の障害により日常生活を営むのに支障がある者に対して心身の状況に応じた介護を行うと共に、その者または介護者に対して介護に関するアドバイスを行うとされています。

一見、ホームへルパーの仕事と変わらないようにも見えますが、介護福祉士は訪問介護に止まらず、施設介護、通所介護など職域を問わず介護に従事できるのが特徴です。

また、介護全体の指導的な立場として活躍できる人材として養成される点もホームヘルパーとは異なっています。

必要な資格

ホームヘルパー1級・2級の養成研修は、平成25年3月末に廃止されており、以降は、ホームヘルパー2級に相当する「介護職員初任者研修」、1級に相当する「実務者研修」が新設されました。

ホームヘルパーとして訪問介護業務に従事したい場合は、最低でも介護職員初任者研修を修了しておくことがおすすめです。

なお、既にホームヘルパー1級・2級の資格を持っている場合は、新たな資格取得の必要はありません。

一方、介護福祉士として介護に従事したい場合は、先ほどの通り、厚生労働省が指定する介護福祉士養成校を卒業するか、3年以上の介護実務経験および実務者研修を修了した上で、介護福祉士国家試験に合格しなければなりません。

介護職員初任者研修および実務者研修を修了すれば、訪問・在宅問わず介護の仕事に就くことができます。

給与面や社会的な信頼の面から見ても、介護福祉士の資格を取得していた方がさまざまな場面で有利にはたらくことが多いです。

介護福祉士として5年以上の実務経験があれば、介護支援専門員(ケアマネージャー)の受験資格が得られるため、さらなるキャリアアップを目指すこともできます。

介護職として、さまざまな場所で働いていくためにも、介護福祉士の資格取得を視野に入れておくことがおすすめです。

介護福祉士のやりがい

そんな介護福祉士ですが、そのやりがいというのはどのような場面で感じることができるのでしょうか。

必要な資格や仕事内容が分かっても、何をやりがいにしたら良いかわからないと進路を選ぶ決め手にまではならないと思います。

そこでここからは介護福祉士のやりがいについて見ていきましょう。

お礼や感謝の言葉を直接貰える

介護福祉士はほかの介護に関わる仕事に比べ、要介護者と接する時間が長い傾向にある職業です。

食事や入浴の時間以外にも、何気ない会話を重ねる機会が多くなっています。

接する機会が多い分、介護施設や病院から自宅に戻る際、誰よりも先に、お世話になった介護福祉士に会って話をしたいという人も多いです。

自分が担当していた人から感謝の気持ちを受け取ったときの喜びは、仕事を頑張ろうという気持ちになってきます。

利用者が生き生きするようになるのを間近で見られる

介護福祉士は、介護を必要としている人の生活はもちろん、その人の人生そのものに寄り添う役割も担っています。

介護福祉士は、要介護者のできないことを助けるだけではなく、「一人でできそう」または「少しの介助でできそう」という部分を探し出すことも必要になります。

大人用オムツを着用している人に対し、少しずつトイレで排泄できるようサポートしたり、ポータブルトイレの使い方を一緒に練習するといった工夫をすることで、元の生活に近い形で生活できるように促します。

できなくなってしまったことができるようになれば、生き生きとしている姿や希望を持って生活している人の様子を間近で見ることができ、それが仕事のやりがいに繋がっていきます。

介護福祉士の仕事は身体的にも精神的にも負担の大きい仕事ですが、その分やりがいを感じられる仕事でもあります。

高齢化が進み、今後ますます需要の高まる介護職のなかでも、リーダー的存在として活躍が期待されている介護福祉士の資格を目指してみてはいかがでしょうか。

まとめ

介護福祉士の仕事について今回はご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

介護福祉士の仕事は国家資格が必要な専門職です。

難しい仕事も中にはありますが、やりがいを強く感じることができる仕事でもあります。

介護福祉士という仕事に今回の記事で興味を持っていただけた方は是非、国家資格合格を目指してみてくださいね。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。