介護資格・職種 情報

介護福祉士の一日のスケジュールは?施設ごとに違う一日をご紹介

介護福祉士の仕事が気になるけれど、一体どのようなスケジュールで一日を過ごしているのかイメージがつかないという人も多いのではないでしょうか。

現在、高齢化が進むにつれて、介護福祉士の役割はますます重要になり、需要も高まってきています。

介護福祉士の主な仕事ととして上げられるのは、身体介助、家事サポート、自宅介護のアドバイスなどです。

仕事内容も勤務先によって変わるので、今回は勤務先別に一日のスケジュールの例をご紹介していきます。

介護福祉士の仕事内容とは?

介護のイメージ

介護福祉士の主な仕事の内容として、要介護者に直接触れて身体的な介護を行う「身体介助」や食事の準備や部屋の掃除などの日常の家事をサポートする「生活援助」などはイメージしやすいと思います。

さらに要介護者の家族に対して、自宅介護のアドバイスや介護用具の使い方についての指導、勤務先の介護職の職員の指導等の業務も行っています。

また、勤務先によってその仕事内容も異なっており、入居型の「有料老人ホーム」や、自宅から通所する日勤の「デイサービス」、自宅へ直接訪問する「訪問介護」があります。

他にも介護施設には介護老人保健施設、養護老人ホームなど、サービス内容や入居条件、費用によってさまざまな種類があるので、どういった勤務先があるのか求人でチェックしてみましょう。

一人ひとりの要介護度合いに応じた対応が必須

要介護の身体状況によって、要介護者自信ができることは異なります。

一人では歩けないという人もいれば、激しい運動はできなくても日常生活は一人で行えるという人もいて、必要な介護内容は様々です。

一度の複数の人の介護を行うこともあるので、型にはまらない臨機応変さが求められます。

細やかなシフト制で日常生活を支援

日常生活支援ということもあり、介護士は日勤から夜勤まで細分化されたシフト制で作業を分担しながら勤務しています。

そうすることで、要介護者が介護士を必要としている時にいつでも対応できるようになっています。

また、介護士側もこのシフト制のおかげで、自分のライフスタイルに合わせた働き方を選べるため、求人を見る際はどんなシフトで働けるのかをチェックしておきましょう。

ここからはシフト制の施設を例に介護福祉士の一日について見ていきましょう。

情報共有は細やかな頻度で実施

介護施設での仕事は要介護者の対応のために24時間制のシフト制になっています。

シフト数は施設によって異なりますが、おおまかに日勤と夜勤に分かれます。

自分が働いている間にも次々とスタッフが出勤・退勤していくので、その都度情報共有を行い、スタッフ全員で入居者の状況がわかるようにします。

人それぞれ生活スタイルがあり、特に生理的な物事のタイミングは異なります。

スムーズに仕事を進めるために食事や入浴、排泄などのスケジュールは予め決められていますが、入居者本人の意思を尊重することが一番です。

要介護者が自立を目指しながらも快適な暮らしを送ることができるように、介護する側が思いやりの心を忘れないことが大切です。

有料老人ホーム

有料老人ホームは、高齢者が施設に入居して介護サービスが受けられる介護施設です。

介護施設には、有料老人ホームのほかにも、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などがありますが、まずは有料老人ホームでの仕事内容と一日についてご紹介します。

有料老人ホームでは、身体介助や食事介助が主な仕事となります。

有料老人ホームは民間の企業が運営しているため、入居者一人ひとりに合わせたサービスを提供しており、24時間いつでも対応できるよう、日中と夜間に分けて勤務シフトが組まれています。

有料老人ホームでの1日の勤務スケジュール例

カレンダーのイメージ

8:30~
出勤
9:30~
夜間勤務スタッフから仕事の引継ぎ・伝言、朝食の片付け、排泄介助、部屋掃除、健康チェックなど
11:30~
入浴介助、排泄介助、洗濯、外出介助など
14:00~
昼食準備、食事介助、排泄介助、外出支援、入浴介助、配薬など
15:00~
休憩、レクリエーションの企画、デスクワークなど
17:00~
おやつの準備、レクリエーション、排泄介助、散歩などの支援、入浴介助など
〜退勤
夜間スタッフへ申し送り、介護記録作成など

有料老人ホームにおける介護福祉士の1日は、特別養護老人ホームや介護老人保健施設とほぼ同じです。

異なっているのは施設規模だけで、特別養護老人ホームや介護老人保健施設では、50名以上の利用者を受け入れているのに対し、有料老人ホームは50名を超える大型施設は少なくなっています。

そのため、有料老人ホームでは介護に従事する介護士の労働量も比較的少ないといえるでしょう。

また、有料老人ホームに勤務している場合は入居者の状況は毎日記録し、行政に報告しなければなりません。

昼過ぎからは報告書作成や施設のイベント打ち合せなどのデスクワークが主になりますが、入居者とレクリエーション活動も午後の活動の一環となっています。

デイサービス

デイサービスとは、要介護の高齢者が、今ある能力で自立した生活ができるよう、歩行訓練や食事、入浴、排泄などの介護サービスを日帰りで提供している施設です。

ここでは、利用者の送迎、食事、排泄、入浴介助などメインに行います。

また、高齢者の社会的孤立を防ぐために施設職員や利用同士の交流を図るレクリエーションに参加したり、企画や運営にも携わります。

デイサービスでの1日の勤務スケジュール例

8:30~
利用者の自宅まで車でお出迎え
9:00~
利用者の健康チェック(体温、脈拍、血圧測定など)
10:00~
利用者と個別で生活機能訓練、入浴介助
11:30~
昼食準備、食事介助
13:00~
体操や生活機能訓練、レクリレーションの実施、散歩など
15:00~
おやつの準備
16:00~
帰宅の準備、トイレ誘導
17:00~
利用者の自宅まで車でお見送り
〜退勤
フロア清掃、翌日の準備、介護の記録、チームミーティング

訪問介護

訪問介護は、利用者の自宅に訪問して、身体介助や家事のサポートを行います。

食事の準備、日用品の買い出し、部屋の掃除、洗濯などの日常的な家事、そのほかには食事の介助、入浴、排泄介助などが主な仕事です。

有料老人ホームやデイサービスと違い、車やバイク、公共交通機関や自転車などの移動手段を使い、1日で複数件訪問します。

訪問解除の中にはケアマネージャーが作成したケアプランをもとに訪問介護を行い、仕事内容を記録し、ケアマネージャーに報告する仕事もあります。

介護福祉士とケアマネージャーの違いについてはこちらでご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

介護福祉士とケアマネージャの違いとは?仕事内容・資格・給料の3つで徹底比較

訪問介護での1日の勤務スケジュール例

9:00~
利用者の自宅へ訪問
10:00~
身体介護、朝食の配膳と介助
10:30~
移動
11:00~
2件目:利用者の自宅掃除、昼食の調理
12:00~
休憩、移動
13:30~
3件目:入浴介助、部屋掃除、洗濯
15:00~
事務作業、移動
15:30~
4件目:部屋掃除、入浴介助、夕食準備
17:30~
事務所に帰社し業務報告、明日の訪問予定先を確認
18:00~
帰宅

まとめ

施設ごとの介護福祉士の仕事内容や、1日のスケジュールは掴めましたでしょうか。

介護福祉士は要介護者の方からはもちろん、その家族からも感謝されるやりがいのあるお仕事です。

介護福祉士の資格取得を目指しながら、最終的にはどのような職場で働きたいのか、どんな役職になりたいのか、具体的なキャリアプランも考えてみてください。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。