介護資格・職種 情報

介護福祉士とサービス提供責任者の違いとは?仕事内容・資格・給料で徹底比較

「介護福祉士」「サービス提供責任者」といっても、違いがわからない方も多いかもしれません。
どちらも介護に関係する仕事ですが、仕事内容や資格、お給料には違いがあるって知っていましたか?

介護福祉士は、現場の最前線に立って介護を必要とする人(要介護者)にサービスを提供し、現場をまとめる司令塔のような存在です。
一方でサービス提供責任者は、ホームヘルパー(訪問介護員)の配置や調整を行なっているまとめ役で、要介護者の自宅で介護サービスを行う訪問介護の計画書を作ります。

介護福祉士は国家資格ですが、サービス提供責任者は職務上の「役割・ポジション」であり、このような資格があるわけではありません。
介護福祉士の資格を持っている職員か、介護福祉士の実務者研修を受けた職員のみ行うことができる仕事のため、介護福祉士からこのポジションにつく方が多いです。

今回の記事では、介護福祉士とサービス提供責任者の違いを「仕事内容、資格、給料」の3つの面から紹介します。
また、それぞれの仕事に向いている人も併せて紹介しますので、今後の仕事を選ぶ際にぜひ参考にしてみてください。

介護福祉士とサービス提供責任者の仕事内容の違い

介護福祉士とサービス提供責任者の仕事内容の違い

介護福祉士とサービス提供責任者の仕事内容は、基本的に異なります。

介護福祉士はおじいちゃんやおばあちゃの元で、ご飯を食べさせたり体を拭いたり、家の掃除や洗濯など、直接的に介護を行うのが仕事です。
一方でサービス提供責任者は、ケアマネジャーが作ったケアプラン(介護全体の計画書)を元に、要介護者の訪問介護サービスの計画書を作ります。

どちらの仕事も、要介護者やその家族から相談を受けたときに、それを解決するために行動する点において共通しています。

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士は仕事内容が幅広く、いろいろな仕事を経験できることが特徴です。
介護サービスを必要とする人に寄り添い、彼らが自立した生活を送れるようになることを目標とします。

また、ホームヘルパーなどの介護職員たちをまとめる司令塔のような存在でもあるため、責任感が求められる職種です。

介護福祉士の仕事内容①身体介護

身体介護とは、要介護者の体に直接触れて行うサービスのことです。
ご飯を食べさせたり、お風呂で体を洗ったりします。
介護サービスはあくまでも日常生活に必要な行為を手助けするものであるため、できるところは自分でやってもらうなど自立を促すことも大切です。

介護福祉士の仕事内容②生活援助

生活援助とは、生活する上で必要となる動作のことで、例えばお部屋の掃除や食事作りなどがそれに当たります。
要介護者の身の回りを清潔に保ち、生活しやすい環境を整えることも介護福祉士の大切な仕事です。

介護福祉士の仕事内容③要介護者や、その家族からの相談業務

介護福祉士はサービスを提供する側として、要介護者やその家族と近い距離にいます。
そのため、家族から介護の相談に乗ったり、要介護者に介護指導したりする必要があります。

要介護者やその家族との距離が近いぶん、感謝の言葉を直接もらう機会も多いため、やりがいを感じられる仕事でもあります。

サービス提供責任者の仕事内容

サービス提供責任者は省略して「サ責」とも呼ばれ、主な仕事は訪問介護サービスの計画書を作ることです。
職場のホームヘルパーに対して指示を出し、まとめる司令塔のような役割でもあるため、管理職としてのスキルを磨くこともできます。

時には自らホームヘルパーとして訪問介護をする場面もあるため、訪問介護のプロフェッショナルといえるでしょう。

サービス提供責任者の仕事内容①訪問介護サービスの計画書の作成

サービス提供責任者は、ケアマネジャーが作成した介護サービス全体の大まかな計画書をもとに、具体的に「いつ、何時間、どのようなサービスを提供するか」という内容をまとめた「訪問介護計画書」を作成します。

ちなみに。ケアマネジャーの資格や仕事内容については、こちらの記事をチェック!

訪問介護計画書を作るためには、要介護者とその家族にしっかりとヒアリングして、必要な情報をくみ取ることが必要です。
具体的には、「要介護者や家族は何に困っているのか、どういう手助けが必要なのか」徹底的なヒアリングを元に、その悩みを解決するための訪問介護サービスを組んでいきます。

利用者が自立した生活を送るためにサービス計画を考え、それによって利用者の状態が良くなっていく過程でやりがいを感じるところが、サービス提供責任者の魅力だと言えるでしょう。

サービス提供責任者の仕事内容②ホームヘルパーの業務管理

サービス提供責任者は、ホームヘルパーの業務管理を行い、ホームヘルパーをまとめるリーダーのような存在です。
訪問介護サービスの利用者ごとにふさわしいホームヘルパーを配置し、業務の進捗管理を行います。

ホームヘルパーの養成・教育も担当するため、ホームヘルパーたちの成長を伺えた時には大きなやりがいを感じます。
職場の全てのホームヘルパーから頼られる存在であるため、責任感とリーダーシップが求められるでしょう。

サービス提供責任者の仕事内容③ホームヘルパーとして訪問介護サービスを提供する

サービス提供責任者は、その名の通り「訪問介護サービスを提供する際の責任者」です。
そのため、ホームヘルパーが急きょ欠勤になってしまった時には責任を持ち、自らホームヘルパーとして訪問介護を行うこともあります。

たとえ代理だとしても常に完璧な訪問介護サービスを提供する必要があり、そのためには日頃からホームヘルパーとしてのスキルアップも欠かせません。

介護福祉士とサービス提供責任者の資格の違い

介護福祉士とサービス提供責任者の資格の違い

介護福祉士は国家資格ですが、サービス提供責任者は職務上の「役割・ポジション」であり、このような資格があるわけではありません。

サービス提供責任者として働くためには、介護福祉士の資格または介護福祉士の実務者研修を受ける必要があります。
そのため、介護福祉士の資格を取ることで、介護福祉士とサービス提供責任者の両方の仕事をすることが可能になります。

介護福祉士に必要な資格

介護福祉士は「国家資格」です。
「介護福祉士国家試験」に合格することで、介護福祉士の資格を取得することができます。

介護福祉士の試験を受けるには、受験資格を満たしている必要があります。
受験資格は以下の3つのうち、いずれかに当てはまる人です。

  • 福祉系の高校でカリキュラムを修業すること
  • 介護福祉士の養成施設を卒業すること
  • 従業期間3年以上(1,095日)かつ、従事日数540日以上で、介護福祉士実務者研修を終了した者

簡単にいうと、介護福祉士の試験を受けるためには福祉系の高校または介護福祉士の養成所で勉強するか、3年以上介護施設等で働く必要があるということです。
福祉系以外の高校を卒業された方は、養成所に通うか、実際に介護施設で働きながら実務経験を積んだ上で研修を受けることで、介護福祉士の試験を受けるチャンスが与えられます。

厚生労働省の「第31回介護福祉士国家試験合格発表」によると、平成31年度の合格率は73.7%となっています。
しっかりと勉強することで、合格することは十分に可能だといえるでしょう。

介護福祉士に必要な資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

サービス提供責任者に必要な資格

サービス提供責任者は、介護業務上のポジションのことであり、介護福祉士や社会福祉士のような資格ではありません。
サービス提供責任者を行うにあたり、以下のどちらかにあてはまることが条件です。

  • 介護福祉士の資格を持っている人
  • 介護職員実務者研修を修了した人

サービス提供責任者は、介護福祉士の資格を持っている場合に業務を行うことができます。
そのため、介護福祉士からの役割替えでサービス提供責任者になる方も多いです。

介護職員実務者研修とは、介護福祉士の試験を受けるための条件のひとつとなっている研修で、指定されたスクールにおいてカリキュラムを修了することが求められます。
介護職員初任者研修と違って、筆記試験はありません。

内容としては、介護に関するものはもちろん、医療の分野まで幅広く学習するものとなります。
誰でも受講することができる上、修了後に介護施設で働き実務経験を積むことで介護福祉士の試験を受ける資格を得ることができます。

そのため、介護職の経験がない方はまず実務者研修を修了してサービス提供責任者として働き、介護福祉士になるのがおすすめです。

サービス提供責任者に必要な資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

介護福祉士とサービス提供責任者の給料の違い

介護福祉士とサービス提供責任者の給料の違い

介護福祉士とサービス提供責任者のどちらの資格も、誰でも受けられる試験ではないので、一般の介護職よりは高めの給料をもらえるようになっています。

厚生労働省の「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、それぞれの平均月給は、介護福祉士は313,920円、サービス提供責任者は306,150円と、介護福祉士の方が若干高くなっています。
この平均月給は諸々の手当などが含まれているため、実際のお給料はこれよりも低くなります。

介護福祉士の給料

介護福祉士の試験には受験条件があるため、誰でも介護福祉士になれるわけではありません。
介護福祉士は正社員として雇用されることが多く、給料も一般的な介護職と比べて高く設定されています。
平均月給は常勤職員で313,920円、非常勤職員233,730円です。

介護福祉士は、その幅広い仕事内容から活躍の場が多く、介護施設にとって重宝される存在です。
そのため、事業所によっては介護福祉士の資格を持っていると資格手当が出るところもあります。

サービス提供責任者の給料

訪問介護サービス事業所には、最低1名以上のサービス提供責任者を置くことが決められています。
また、事業所のホームヘルパーをまとめる存在であることから、サービス提供責任者は非常にニーズのある仕事といえます。

そのため、雇用形態は正社員の場合が多く、一般の介護職員より給料は高めに設定されています。
平均月給は常勤職員で306,150円、非常勤職員で235,300円です。

介護福祉士とサービス提供責任者に向いている人

介護福祉士とサービス提供責任者に向いている人

ここまで介護福祉士とサービス提供責任者の違いについて紹介しましたが、最後にそれぞれの仕事に向いている人を紹介します。

介護福祉士は介護の最前線で働くため、人との距離感が近いところがポイントです。
そのため、人と関わることが好きな人が向いているといえます。

一方でサービス提供責任者は、訪問介護サービスの計画書作成やホームヘルパーの業務管理を主に行っているので、きちんと相手の話を聞くことができる人、予定を組むのが得意な人に向いています。

介護福祉士に向いている人

介護福祉士は介護の現場でたくさんの人と触れ合う仕事なので、人と関わることが好きな人に向いています。
おじいちゃんやおばあちゃん一人一人に向き合ってサービスを提供する際には、自ら積極的に話しかけ、コミュニケーションを取ることが大切です。

また、要介護者の体を持ち上げたり、緊急時には走って駆けつけるなど、体力が求められる場面が多いです。
そのため、体力がある人も介護福祉士に向いているといえます。

サービス提供責任者に向いている人

訪問介護サービスの計画書を作る時には、利用者の思いをくみ取り、そのニーズを満たす必要があります。r>相手の話をしっかり聞くことができる人や、他人の相談に乗ることが得意な人が向いているといえます。

また、事業所のホームヘルパーたちをまとめる役割であるため、リーダーシップを発揮できる人や、責任感がある人が活躍できるでしょう。

介護福祉士とサービス提供責任者の違いを理解して、介護職をめざそう!

介護福祉士とサービス提供責任者の違いを理解して、介護職をめざそう!

今回の記事では、介護福祉士とサービス提供責任者の違いについて紹介しました。

介護福祉士とサービス提供責任者は、どちらも介護を必要とする人をサポートする仕事という点では共通します。
とはいえ、仕事内容は異なり、介護福祉士は現場で直接介護サービスを提供する仕事、サービス提供責任者はケアマネジャーが作成した介護の大まかな計画書をもとに訪問介護サービスのプランを作る仕事です。

介護職は大変ですが、おじいちゃんやおばあちゃんから感謝されるなど、その分やりがいも大きい仕事です。
介護福祉士とサービス提供責任者の違いを理解して、自分にあった職業を選びましょう。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。