介護資格・職種 情報

介護福祉士とケアマネジャーの違いとは?仕事内容・資格・給料の3つで徹底比較

介護福祉士とケアマネジャー(介護支援専門員)は、どちらも介護を必要とする高齢者をサポートする仕事のため、違いがわからない方も多いかもしれません。
ですが、それらの仕事内容や資格、お給料には大きな違いがあるって知っていましたか?

簡単にいうと、介護福祉士は、介護を必要とする人に実際に介護サービスを提供する仕事です。
一方で、ケアマネジャーは、介護サービスを受けるために必要な「ケアプラン」を作成する仕事です。

介護福祉士からキャリアアップした仕事がケアマネジャーなので、ケアマネジャーの方が給料が高い傾向にあります。

今回の記事では、ケアマネジャーと介護福祉士の違いを「仕事内容、資格、給料」の3つの面から紹介します。
また、それぞれの仕事に向いている人も併せて紹介しますので、今後の仕事を選ぶ際にぜひ参考にしてみてください。

介護福祉士とケアマネジャーの仕事内容の違い

介護福祉士とケアマネジャーの仕事内容の違い

介護福祉士は、介護を必要とする人に実際に介護サービスを提供する仕事です。
一方で、ケアマネジャーは、介護サービスを受けるために必要な「ケアプラン」を作成する仕事です。

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士は仕事内容が幅広く、いろいろな仕事を経験できることが特徴です。
現場の最前線で要介護者をサポートし、自立した生活を送れるように努めます。

介護福祉士の仕事内容①身体介護

身体介護とは、要介護者の体に直接触れて行うサービスのことで、ご飯を食べさせたり、お風呂で体を洗ったります。
日常生活に必要な行為を手助けするものであり、できるところは自分でやってもらうなど自立を促すことも大切です。

介護福祉士の仕事内容②生活援助

生活援助とは、生活する上で必要となる動作のことで、例えばお部屋の掃除や食事作りなどがそれに当たります。
要介護者の身の回りを清潔に保ち、生活しやすい環境を整えることも介護福祉士の大切な仕事です。

介護福祉士の仕事内容③要介護者や、その家族からの相談業務

介護福祉士はサービスを提供する側として、要介護者やその家族と近い距離にいます。
そのため、家族から介護の相談に乗ったり、要介護者に介護指導したりする必要があります。
要介護者やその家族との距離が近いぶん、感謝の言葉をもらう機会も多いです。

ケアマネジャーの仕事内容

ケアマネジャーの仕事内容は、ケアプランの作成をはじめ相談業務や給付管理業務、要介護認定申請業務など、ケアマネジャーとしての専門性が高くなります。

ケアマネジャーの仕事内容①ケアプランの作成

ケアマネジャーの主な仕事は、ケアプランを作成することです。
ケアプランとは、介護のスケジュール表のようなもので、「何曜日の何時からこのサービスを入れる」のように介護サービスの予定を組んでいきます。

このケアプランの作成は、要介護者が自立した生活を送れるようになるために大切なもので、対象者をよく観察し、課題を分析してどのようなサービスを入れていくのかを考える必要があります。

ケアマネジャーの仕事内容②要介護者や家族からの相談業務

ケアマネジャーは要介護者や家族と、サービス事業所をつなぐ存在です。
自分の親が介護を必要とする状況となった時に、もっともお世話になるのがケアマネジャーだと言えます。

サービス事業所にクレームがあったり、介護に関して相談したい事がある場合には、ケアマネに相談することになるので、うまく調整する能力が求められます。

ケアマネジャーの仕事内容③給付管理業務(介護報酬の計算・申請)

まず、給付管理について説明します。

  • 利用者が介護サービスを使ったときに、そのサービスを提供した事業所が国民健康保険団体連合会(通称:国保連)に請求する
  • ケアマネは利用者が毎月どんなサービスをどれくらい使ったのかをまとめた給付管理票というものを国保連に送る
  • 国保連はそれを突き合せて、一致したら事業所にお金が入る

この介護報酬にかかる一連の流れの中で、ケアマネジャーは給付管理票の作成を担当します。
この給付管理に関する業務を給付管理業務といい、給付管理票は毎月10日までに国保連に送らなければならないので、毎月10日付近は全国のケアマネさんにとって忙しい時期といえます。

ケアマネジャーの仕事内容④要介護認定申請業務

要介護認定には期限があるため、期限が来るたびに更新する必要があります。
そのため、担当している要介護者の介護認定の更新時期が来たら、要介護認定の更新申請を市区町村に提出します。

ケアマネジャーの仕事内容について、詳しくはこちらの記事をチェック!

介護福祉士とケアマネジャーの資格の違い

介護福祉士とケアマネジャーの資格の違い

介護福祉士は国家資格であり、国が認定する資格です。
一方で、ケアマネジャーは公的資格であり、都道府県庁が認定する資格となっています。

介護福祉士とケアマネジャーのどちらの試験も受験する際に受験資格を満たしている必要があります。
誰でも資格を取れるわけではないため、介護の現場から重宝される資格です。

介護福祉士の資格

介護福祉士は「国家資格」です。
介護福祉士の資格を取得するには国家試験を受けて合格する必要があります。

厚生労働省の「第31回介護福祉士国家試験合格発表」によると、平成31年度の合格率は73.7%となっているため、合格の可能性は高いです。

介護福祉士の試験を受けるには、受験資格を満たしている必要があります。
受験資格は以下の3つのうち、いずれかに当てはまる人です。

  • 福祉系の高校でカリキュラムを修業すること
  • 介護福祉士の養成施設を卒業すること
  • 従業期間3年以上(1,095日)かつ、従事日数540日以上で、実務者研修を終了した者

要するに、介護福祉士の試験を受けるためには福祉系の高校または介護福祉士の養成所で勉強するか、3年以上介護施設等で働く必要があるということです。
福祉系の高校を卒業していない方は、養成所に通うか、実際に介護施設で働きながら実務経験を積んだ上で研修を受けることで、介護福祉士の試験を受けるチャンスが与えられます。

介護福祉士の資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

ケアマネジャーの資格

ケアマネジャーの資格を取る際には試験に合格する必要があり、試験を受ける際には受験条件があります。
受験資格は以下の人です。
「対象の職務を経験した期間が通算して5年以上であり、かつ、当該業務に従事した日数が900日以上であること」

ここでいう「対象の職務」というのは、医師や看護師などの国家資格が必要な職務や、生活相談員、支援相談員、生活支援専門員、主任相談支援員のことを言います。
これらの職務を経験した期間を全て合わせて5年以上であること、かつその業務に従事した日数が900日以上あることが必要です。

そのため、すぐにケアマネジャーになることはできず、まずはホームヘルパーや介護福祉士として働き、実務経験を積んでからケアマネジャーにステップアップする流れが一般的です。

ケアマネジャーの試験の難易度は高く、厚生労働省の「第21回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について(
)」
によると、平成30年度のケアマネジャー試験の合格率は10.1%と、かなり低くなっています。

ケアマネジャーの資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

介護福祉士とケアマネジャーの給料の違い

介護福祉士とケアマネジャーの給料の違い

介護福祉士からキャリアアップした仕事がケアマネジャーになります。
そのため、介護福祉士に比べてケアマネジャーの給料の方が高めに設定されています。

介護福祉士の給料

介護福祉士の試験には受験条件があるため、誰でも介護福祉士になれるわけではありません。
介護福祉士は正社員として雇用されることが多く、給料もホームヘルパーのような介護職と比べて高く設定されています。
平均月給は常勤職員で313,920円、非常勤職員233,730円です。

介護福祉士は、その幅広い仕事内容から活躍の場が多く、介護施設にとって重宝される存在です。
そのため、事業所によっては介護福祉士の資格を持っていると資格手当が出るところもあります。
また、努力次第でケアマネにキャリアアップすることもできるため、まずは介護福祉士を目指すという人も多いです。

ケアマネジャーの給料

ケアマネジャーは現場で活躍する介護職員に指示を出す存在であり、資格を取ることがかなり難しいため、そのぶん給料が高い傾向にあります。
平均月給は常勤職員で349,980円、非常勤で265,540円です。

ケアマネジャーとして経験を積むことで、キャリアアップして「主任ケアマネ」になることもできます。
こちらはより責任もアップしますが、そのぶんお給料も上がります。
2021年度からは居宅介護支援事業所の管理者の要件が主任ケアマネに限定されるので、大変ニーズのある資格です。

介護福祉士とケアマネジャーに向いている人

介護福祉士とケアマネジャーに向いている人

介護福祉士とケアマネジャーの仕事内容を踏まえて、それぞれの仕事に向いている人を紹介します。
基本的にはどちらも人と関わる仕事なので、人付き合いが得意だったりコミュニケーション能力が高い人に向いています。

介護福祉士に向いている人

介護福祉士は介護の現場で活躍する機会が多いので、体力がある人が望ましいです。
要介護者の体を持ち上げたり、要介護者の緊急時にはすぐに走って駆けつけるなど、体力が求められるところが多いです。

また、人と接する機会が多いので、コミュニケーション能力が高いと要介護者と良い関係を築くことができるでしょう。

ケアマネジャーに向いている人

ケアマネジャーは、要介護者や家族はもちろんのこと、看護師や施設職員など様々な人と関わります。
人と人との橋渡し役をする機会が多いので、調整能力が求められる仕事です。
双方にとって納得してもらえるように、均衡力がある人が望ましいといえます。

また、要介護者や家族にとって最も頼りになる存在なので、たくさん悩みや不安を相談されるのがケアマネジャーです。
そのため、世話好きであったり人の相談に乗るのが得意な人は、ケアマネジャーに向いているといえます。

介護福祉士とケアマネジャーの違いを理解して、介護職を目指そう!

介護福祉士とケアマネジャーの違いを理解して、介護職を目指そう!

今回の記事では、介護福祉士とケアマネジャーの違いについて紹介しました。

介護福祉士は、介護を必要とする人に実際に介護サービスを提供する仕事です。
一方で、ケアマネジャーは、介護サービスを受けるために必要な「ケアプラン」を作成する仕事です。

介護職は大変ですが、おじいちゃんやおばあちゃんから感謝されるなど、その分やりがいも大きい仕事です。
介護福祉士とケアマネジャーの違いを理解して、自分にあった職業を選びましょう。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。