介護資格・職種 情報

ケアマネジャーの1日とは?|仕事の流れを解説

ケアマネジャーの仕事はケアプランの作成や更新などのデスクワークが中心です。

とはいえもちろん仕事はそれだけではなく、居宅ケアマネは定期的に介護支援利用者の自宅をモニタリング訪問。
施設ケアマネの場合は介護スタッフを兼任しながらケアマネジャーのとしての仕事を進めなくてはならない場合もあります。

そこでこの記事では、とあるケアマネジャーの1日に密着!
ケアマネジャーの1日の業務内容や、1か月に行うべきタスクについて解説します。

 

ケアマネジャーの業務内容

ケアマネジャーの業務内容

ケアマネジャーは、介護支援利用者のケアプランを作成・提供するのが主なお仕事です。

まずは介護利用者とその家族に生活状況をヒアリング。
利用者の意向をもとに目標を設定し、ケアプランの作成に入ります。
その後サービス担当者との打ち合わせや、利用者との相談を重ねて原案により磨きをかけて、サービスの提供を開始。
以後は定期訪問でサービスの利用状況や、新たなニーズを把握し、ケアプランを最適なものに更新するというのが大まかな流れです。

もちろん、ケアマネジャーの業務はケアプランの作成だけではありません。

仕事の合間を縫って、要介護認定の申請書類の作成代行給付管理業務など、多大な事務処理もこなす必要があります。

ケアマネージャーの仕事内容はこちら

居宅ケアマネジャーの1日

居宅ケアマネジャーの1日

一口にケアマネジャーといっても、その働き方は2つあります。

1つ目が、在宅で介護を必要とする人のサポートをする居宅ケアマネ
そして2つ目が、特別養護老人ホームなどの介護保険施設で働く施設ケアマネです。

さっそく、介護支援事業所に勤務する居宅ケアマネのとある1日をのぞいてみましょう。

居宅ケアマネのとある1日
時間 業務内容
10時 スケジュールの確認
11時 モニタリング訪問
12時 昼休憩
14時 区役所訪問
16時 サービス担当者との打ち合わせ
18時 電話相談
19時 事務処理

10:00 スケジュールの確認

居宅介護事業所で今日1日のスケジュールを確認。
仕事の進捗状況を確認し、スタッフ同士で伝達事項を共有します。
また、今後必要なアポイントメントの電話なども午前中に済ませます。

11:00 モニタリング訪問

担当する介護支援利用者の元を訪問
利用者本人や家族と会話し、サービスの利用状況や今後のニーズ・課題を探ります。

12:00 昼休憩

12時〜12時半の間、自由な時間でお昼ご飯。

14.00 区役所訪問

代行で作成した要介護認定の手続き書類を区役所に提出。

16:00 サービス担当者と打ち合わせ

介護支援利用者のサービスを担当する複数のスタッフと打ち合わせです。
実際にサービスを担当する介護士から報告を受け、介護支援利用者のかかりつけの医師やデイサービスの相談員などとも相談。
設定した目標の進捗状況や今後の方針について話し合います。

18:00 電話相談

ある介護支援利用者の家族から、相談の電話がかかってきました。
相談内容からケアプランの更新を検討するために、医療関係者に電話。
資料をFAXし、今後の打ち合わせのスケジュールを組みます。

19:00 事務処理

給付管理業務など、日中にはできなかった事務仕事や残務処理を行います。

施設ケアマネジャーの1日

施設ケアマネジャーの1日

施設ケアマネのとある1日
時間 業務内容
10時 朝礼
11時 ケアプラン作成・事務作業
12時 入所者の食事介助
13時 休憩
14時 入所者のモニタリング
16時 看護師・介護士と打ち合わせ
18時 ケア記録の記入

9:00 朝礼

出勤後は制服に着替えて、朝礼に参加。
夜勤スタッフから申し送りを受けて、入所者の健康状態を確認。
必要な情報をスタッフで共有後、関係者はすぐミーティングに入ります。

11:00 ケアプラン作成・事務作業

施設ケアマネは、特別養護老人ホームなど施設利用者をケアプランを作成するのが主な仕事です。
現場スタッフや看護師からの報告と照らし合わせながら、ケアプランの作成や更新業務に励みます。

12:00 入居者の食事介助

施設ケアマネジャーは、介護士の仕事と兼任することも多いのが特徴。
何気ない食事の時間でも入居者の動作や会話を注意深く見守り、ケアプラン更新のヒントを探します。

13;00 休憩

施設のスタッフと交替で食事をとります。

14:00 入所者のモニタリング

午後からは、現在提供されているケアプランが適正かどうか、入所者のモニタリングにうつります。
施設ケアマネが担当する介護支援利用者は、最大100人
一人当たりの人の最大担当数が30人である居宅ケアマネと比べると多いように感じられますが、全員施設内の利用者なので、まとめてケアプランをサポートすることができます。

16:00 看護師・介護スタッフとの打ち合わせ

入所者を担当する看護師や介護スタッフと、ケアプランの進捗や今後についてミーティングを行います。

18:00 ケア記録を記入

デスクに戻って、入所者一人一人のケア記録を記入。
ミーティングや打ち合わせで議題にあがった、今後のケアプランに活かすべき点・問題をおさらいし、スタッフとの共有事項をまとめます。

ケアマネジャーの1ヶ月の流れは?

ケアマネジャーの1ヶ月の流れは?

ここまで、ケアマネジャーの1日の流れについて見てきました。
それでは、ケアマネジャーの月単位の仕事としてはどのようなスケジューリングになるのでしょうか?

月の上旬・中旬・下旬にケアマネジャーが行う主なタスクについてまとめました。

月の上旬

月初の第1週になると、役所から対象者に対して「介護保険更新に伴ういお知らせ」が配達されます。

ケアマネジャーは介護支援利用者の対象者に、書類が届いてたかどうか確認の連絡。
更新すべき書類があった場合は、手続きの説明や代行申請を行います。

また、提供した介護サービスの代金の一部は、介護給付費用として国民健康保険団体連合会(国保連)によって支払われます。
ケアマネジャーは毎月10日までに、このサービス内容や明細をまとめる給付管理業務を完了しなければなりません。

月の中旬

10日を過ぎて給付管理業務が落ち着いた月の中旬からは、ケアマネジャーの本業に専念します。

介護支援利用者の自宅をモニタリング訪問
また、新たな介護認定者の認定状況を確認し、介護支援に向けてケアプランを作成します。

月の下旬

月の下旬からは、翌月に向けてタスクの確認作業に入ります。

ケアプランの更新、見直しが必要な介護支援利用者や、介護保険の更新者をリストアップ。
翌月に祝日がある場合は、介護サービスのスケジュールを調整します。

to doリストやタスクに漏れがないか確認したら翌月のサービス提供票を作成し、各事業所に配布して今月の業務は終了です。

まとめ

ケアマネジャーとして自分にあった働き方を選択しよう

上記で紹介したのケアマネジャーの1日はほんの一例に過ぎません。
まず、居宅ケアマネか施設ケアマネかによって1日の流れは大きく変化します。

居宅ケアマネは、ある程度日程を自分でコントロールすることが可能。
もちろんそのぶんスケジュール管理能力が求められますが、うまく調整すれば自分に合った働き方が実現できます。

一方施設ケアマネは、施設にいる介護支援利用者の面倒を見ることになるので、仕事は基本的に施設内で完結します。
無駄な移動時間が少なくて済むので、そのぶん業務に時間を当てることができますが、介護スタッフの兼任や夜勤等がある施設だと、なかなかデスクワークに集中できないということもあるようです。

自分のスタイルに合った働き方ができる居宅介護支援事業所や特別老人ホームで、ケアマネジャーとして活躍しましょう。

ケアマネージャーになるには?資格の取得方法を解説

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。