介護資格・職種 情報

ケアマネジャーになるには?資格の取得方法をわかりやすく解説

ケアマネジャーになるには、「介護支援専門員実務研修受講試験」という試験を受けて合格したのち、実務研修を修了する必要があります。
介護保険制度はケアマネジャーを中心に構成されているため、ケアマネの資格を持っていることで介護に関する総合的な知識と経験をアピールできるのが強みです。

この記事では、ケアマネジャーになるための方法や必要な資格を始めとして、その他にも給料や仕事内容など、気になるケアマネジャーの情報を紹介します。
ケアマネジャーに関する内容がギッシリ詰まっているため、この記事を読むだけでケアマネジャーのことが理解できるでしょう。

目次

ケアマネジャーになる方法

ケアマネジャーになる方法

ケアマネジャーになるには、「介護支援専門員実務研修受講試験」という試験を受けて合格したのち、実務研修を修了する必要があります。

試験を受けるためには条件があります。
特定の職業を5年以上経験した人でないと受けることができないので、ケアマネジャーは貴重な資格と言えるでしょう。

ケアマネジャーの試験を受けるための条件

ケアマネジャーの試験を受けるためには以下の2つの条件を満たす必要があります。

  • 特定の職業に就いた年数が通算して5年以上であること
  • その仕事に従事した日数が900日以上であること

※実務経験は、試験前日のギリギリまでカウントすることができます。

また、ここでいう「特定の職業」とは以下の5つのうちどれかに該当すればOKです。

  1. 国家資格等に基づく業務
    →医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、精神保健福祉士
  2. 生活相談員
    →特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、介護老人福祉施設、介護予防特定施設入居者生活介護などでの、生活相談員としての業務
  3. 支援相談員
    →介護老人保健施設での、支援相談員としての業務
  4. 相談支援専門員
    →計画相談支援、障害児相談支援における、相談支援専門員としての業務
  5. 主任相談支援員
    →生活困窮者自立相談支援事業における、主任相談支援員としての業務

このような受験資格を満たすことで、ケアマネジャーの試験を受けることができます。
また、試験が終わった後には研修があり、その後も5年おきに資格の更新のための研修を受ける必要があります。

ケアマネジャー試験の概要

ケアマネジャーの試験は都道府県ごとに実施されるため、自分の対象となる都道府県の実施要綱を確認しましょう。
公益財団法人 社会福祉振興・試験センター

ケアマネジャーの試験は「介護支援専門員試験」といい、毎年10月頃に実施されます。
申し込みは6月、合格発表は12月です。

ケアマネジャーの試験を受験するまで

ケアマネジャーの試験を受験する際には、以下のような流れになっています。

  1. 願書を受け取る
    申し込み期間が始まる頃に、都道府県庁や市区町村の役所、社会福祉協議会などで配布されるので、うけとりにいく。
  2. 申し込み期間中に願書を作成して郵送する。
  3. 受験票が自宅に届く
    忘れずに、当日持っていくこと。試験の2週間前までに受験票が届かない場合には、受験要項に書いてある連絡先に、すぐに問い合わせすること。

試験合格後に、すぐにケアマネとして働けるわけではなく、以下のことが必要です。

  • 介護支援専門員実務研修を受講する…各都道府県で年に数回実施
  • 介護支援専門員資格登録簿に登録申請をする…3ヶ月以内に登録申請すること。

ケアマネジャー試験の難易度と合格率

ケアマネジャーの試験の難易度は高く、難しい試験であるといえます。
厚生労働省の「第21回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について」によると、平成30年度のケアマネジャー試験の合格率は10.1%と、かなり低くなっています。

このように、誰でもケアマネジャーになれる訳ではないため、介護業界では重宝される資格であると言えるでしょう。

社会人からケアマネジャーになるには?

社会人からケアマネジャーになるには

社会人からケアマネジャーになることも可能です。

方法としてはいくつかありますが、オススメは「介護福祉士」の資格を取ることです。
介護施設で働きながら、「介護福祉士」の資格を取得しましょう。

介護福祉士として5年間の実務経験を積むことで、ケアマネジャーの試験を受ける資格を得ることができます。

介護福祉士については、こちらの記事をチェック!

ケアマネジャーの仕事内容

ケアマネジャーの仕事内容

ケアマネジャーは介護サービスにおけるリーダーのような存在で、私たちが介護サービスを利用する時に最もお世話になる人たちです。
介護サービスの計画書を作ることを始め、利用者や家族からの相談業務や介護給付費の請求など、仕事内容は幅広いものとなっています。

ケアマネジャーの仕事内容①介護サービス計画書(ケアプラン)の作成

介護サービスを利用するときには、必ず「このように介護サービスを使っていきますよ」というプランを作る必要があります。
これを「介護サービス計画書(ケアプラン)」といい、自分で作ることも可能ですが、かなり大変です。

そこで、ケアマネジャーが利用者からの依頼を受けて、代わりに介護サービスを使うときの計画書を作ります。

作ったあとは、「利用者がきちんとプラン通りにサービスを受けてくれているか、健康状態はどうか」というモニタリング(観察)を行います。
場合によっては修正し、利用者に適したサービスを提供できるように心がけることが大切です。

ケアマネジャーの仕事内容②利用者や家族からの相談業務

利用者や家族からの相談に乗って、それを解決するために働きかけるのもケアマネジャーの大切な仕事です。

ケアマネジャーは利用者や家族が「何に困っているのか」「どの場面で助けが必要なのか」をしっかりと聞きとることで、抱えている不安や悩みをくみ取ります。

そして、その不安や悩みを低減・解消するために、「どんなサービスを受けるべきか」「どのくらいの回数をどのくらいの期間で行うべきか」を考えて、必要なサービスを組み合わせて介護プランを作っていきます。

介護プランを作ってからも定期的に利用者のもとへ訪れて、「体調や心の様子に変わりはないか」「最近困っていることはないか」しっかり状況を確認して、必要があれば介護プランの修正を行います。

ケアマネジャーの仕事内容③給付管理業務(介護報酬の計算・申請)

介護サービスを提供している事業所に介護報酬が入るまでには、以下のような流れになっています。

  1. 利用者が介護サービスを使ったときに、そのサービスを提供した事業所が、国民健康保険団体連合会(通称:国保連)に請求する。
  2. ケアマネが、利用者が毎月どんなサービスをどれくらい使ったのかをまとめた「給付管理票」というものを国保連に送る。
  3. 国保連がそれを突き合せて、ケアマネの給付管理表と一致したら事業所にお金が入る。

この介護報酬にかかる一連の流れの中で、ケアマネジャーは給付管理票の作成を担当します。
この給付管理に関する業務を「給付管理業務」といい、給付管理票は毎月10日までに国保連に送らなければならないので、毎月10日付近は全国のケアマネさんにとって忙しい時期といえます。

ケアマネジャーの仕事内容について、詳しくはこちらの記事をチェック!

ケアマネジャーの年収・給料

ケアマネジャーの年収と給料

ケアマネジャーの資格は誰でも取れるわけではなく、ベテランの介護士であることを証明する資格なので、非常に重宝される職種だといえます。

ケアマネジャーの雇用形態は正社員であることが多く、平均月給は常勤職員で349,980円、非常勤職員だと265,540円です。
(この中には各種の手当も含まれているため、実際の給料は低くなります。)

また、ケアマネジャーとして実務経験を積み、研修を受けると「主任ケアマネジャー」になることができます。
2021年度からは居宅介護支援事業所の管理者の要件が主任ケアマネに限定されるので、とても需要のある資格です。

ケアマネジャーに向いている人

ケアマネジャーに向いている人

ケアマネジャーに向いている人は、以下のような人です。

  • 責任感がある人
  • 自ら積極的に行動できる人

この2つについて、詳しく解説します。

責任感がある人

ケアマネジャーは、介護が必要なおじいちゃんやおばあちゃん、その家族の悩みや不安を解決するための介護プランを作るのが仕事です。
利用者は、このプランを元に介護サービスを使っていくことになるので、ケアマネジャーが作るプランはとても重要です。

自分が作るプランの重要性をしっかりと認識し、責任感を持って行動できる人は、ケアマネジャーに向いていると言えます。

自ら積極的に行動できる人

ケアマネジャーは、高齢者が介護を受けるためのプランを作成します。

介護が必要な人は、自分から助けを求めることができる人ばかりではありません。
そのため、相手の想いを汲み取り、必要なサービスを判断する必要があります。

高齢者や、その家族と「最近お変わりはないですか?」「具合はどうですか?」と、積極的にコミュニケーションを取り、少しでもおかしいなと思ったことがあれば対応していくことが大切です。

このように、積極的な行動ができる人は、ケアマネジャーに向いているでしょう。

ケアマネジャーの将来性

ケアマネジャーの将来性

高齢化が叫ばれている中、高齢化率はこれからもグングン伸び続けると予想されています。
介護職員の需要はあるにも関わらず、人材は足りていません。
そのため、ケアマネジャーはこれからさらに需要が高まることが明らかです。

また、ケアマネジャーは介護職の資格の中で、取得するのが最も困難な資格です。
そのため、取得することで介護に関する豊富な知識と経験をアピールすることができます。
ケアマネジャーの未来は明るいと言えるでしょう。

ケアマネジャーの活躍の場所

ケアマネジャーの活躍の場所

ケアマネジャーの勤務先としては、大きく分けて以下の3つの場所があります。

  • 居宅
  • 施設
  • 地域包括支援センター

この3つについて、詳しく見ていきましょう。

ケアマネジャーの勤務先①居宅支援事業所(居宅ケアマネ)

まず、ケアマネジャーが事業所を構えた「居宅介護支援事業所」です。
略して「居宅」と呼ばれ、ここに所属して働くケアマネジャーを「居宅ケアマネ」と言います。

居宅ケアマネは、自宅で介護サービスを使いたい利用者を担当し、その人の介護サービスの計画書を作成するのが仕事です。
ケアマネ1人につき40人ほどを担当し、定期的に利用者の自宅を訪れて、変わったことはないか様子を確認します。

ケアマネジャーの資格を取ったら、まずは居宅で働いて実務経験を積むケースが一般的です。

ケアマネジャーの勤務先②介護施設(施設ケアマネ)

次に、老人ホームなどの介護施設で働くケアマネジャーを「施設ケアマネ」と言います。
主な勤務先としては、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、介護医療院、有料老人ホームです。

介護施設に入所している方の介護サービスの計画書を作成するのが仕事で、人数が少ない介護施設では自らも介護職員として、入所者に直接介護サービスを提供することもあります。

介護施設ではケアマネ1人につき100人まで担当できるようになっているので、「介護施設に入所している人全員を1人で担当する」なんてこともあります。
そのため、1人で全てのケアマネジメント業務をこなせるスキルと知識を持ったベテランのケアマネジャーが勤務していることが多いです。

ケアマネジャーの勤務先③地域包括支援センター

地域包括支援センターは、介護に関する悩みを抱えている人の相談窓口です。
「介護サービスを受けたほうがいいか迷っている」という人の様子を見て、必要な場合には申請を勧めて手続きを代行することも行なっています。

ケアマネジャーの上級職として「主任ケアマネジャー」という資格があり、地域包括支援センターには主任ケアマネを必ず1人は置かなければならない決まりがあることも特徴です。
1つのケースに対して様々な角度から使えるサービスを検討するため、幅広い知識と経験を持ったケアマネジャーが働いています。

そのため、まずは居宅や施設で実務経験を積み、キャリアアップ先として地域包括支援センターで働くことが多いです。

ケアマネジャーの1日のタイムスケジュール

ケアマネジャーの1日

ここでは、居宅ケアマネと施設ケアマネの、それぞれの1日のタイムスケジュールについて紹介します。

居宅ケアマネは、自宅で介護サービスを受けている方を担当するため、急な呼び出しや休日出勤が発生することがあります。
担当する人数はケアマネ1人につき40人程度なので、施設ケアマネよりは余裕を持って業務にあたることができます。

一方で、施設ケアマネは、施設に入所している人を担当するため、残業や休日出勤はほとんどありません。
ただし、施設の入所者全員を自分1人で担当することが多いため、それなりのスキルと経験が求められます。

居宅ケアマネの1日のタイムスケジュール

居宅ケアマネの、とある1日を見てみましょう。

  • 9時:事業所でミーティング、1日のスケジュール確認
  • 10~12時:電話やケアプランの作成、事務処理。担当の利用者のお宅訪問、病院の付き添い
  • 12~13時:お昼休憩
  • 14~17時:サービス担当者会議を行い、事業所に戻りサービス計画を立てる。お宅訪問、相談業務、利用者の代理で役所に手続き、職員やケースワーカーとの情報共有、事業所に戻り事務作業
  • 18時:退勤(ただし、急な呼び出しに駆けつけたり、急遽残業が発生することがある)

施設ケアマネの1日のタイムスケジュール

次に、施設ケアマネのとある1日を見てみましょう。

  • 9時:施設職員で全体ミーティング、1日のスケジュール確認
  • 10~12時:ケアプランの作成や、要介護認定更新申請などの手続きの準備
  • 12~13時:入所者にお昼ご飯を食べさせるなど、介護職員としての仕事を行う。終わったら交代で職員もお昼休憩
  • 14~17時:入所者の部屋を訪れて様子を見る、サービス担当者会議を行いサービス計画を作成
  • 17時:今日の日報や入所者の様子をまとめた記録表をまとめ、夜勤担当者との引き継ぎを行う
  • 18時:退勤

大まかなタイムスケジュールは決まっていますが、ぴったり予定通りに行くことはありません。
毎日利用者1人1人の体調や様子が異なるので、その日によって柔軟な対応が求められます。

ケアマネジャーを志すきっかけ

ケアマネジャーを志すきっかけ

ケアマネジャーを目指す人は、「人の役に立ちたい」と、強い思いを抱いている人が多いです。
幼い頃に職業体験で介護職の素晴らしさを体験した人や、実際に自分の家族が介護を受けた経験から、ケアマネジャーを志すようになったという人もいます。

介護の仕事ほど、人から直接感謝の言葉をもらう職業はないでしょう。
それだけやりがいのある、魅力的な仕事だといえます。

ケアマネジャーと他の職種との違い

ケアマネジャーと他の職種との違い

ケアマネジャーの他に、似たような職種との違いを紹介します。

ケアマネジャーと介護福祉士の違い

ケアマネジャーと介護福祉士は、どちらも介護の現場で活躍する職業です。

ケアマネジャーが作る介護のサービス計画書を元に、実際にサービスを提供するのが介護福祉士の仕事になります。

ケアマネジャーと介護福祉士の違いについて、詳しくはこちらの記事をチェック!

ケアマネジャーとサービス提供責任者の違い

ケアマネジャーとサービス提供責任者は、どちらも介護が必要な人が介護サービスを受けるために必要なプランを作成します。
とはいえ、同じ仕事をするわけではなく、それぞれ担当が異なるのが特徴です。

ケアマネジャーが介護サービス全体の計画書を作成するのに対して、サービス提供責任者は、ケアマネジャーが作った全体の計画書を元に、訪問介護に関する詳細のプランを作ります。

ケアマネジャーとサービス提供責任者の違いについて、詳しくはこちらの記事をチェック!

ケアマネジャーとホームヘルパーの違い

ケアマネジャーとホームヘルパーは、どちらもカタカナで似たようなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、仕事内容としては全く別物となります。

ケアマネジャーが作成したケアプランを元に、実際に介護サービスを提供するのがホームヘルパーです。

ケアマネジャーとホームヘルパーの違いについて、詳しくはこちらの記事をチェック!

ケアマネジャーと社会福祉士の違い

ケアマネジャーと社会福祉士の大きな違いは、サービスの対象者です。
ケアマネジャーは主に介護サービスを必要とする高齢者のために働きます。
介護サービスの計画書を作り、介護が必要な人を総合的にサポートするのが仕事です。

一方で、社会福祉士は介護に限らず、障害者や児童福祉、生活困窮者など、社会福祉に関する問題を抱える全ての人を対象とします。
このような社会福祉に関する相談業務を行う、社会福祉のスペシャリストとして活躍する仕事です。

ケアマネジャーと社会福祉士の違いについて、詳しくはこちらの記事をチェック!

ニーズのあるケアマネジャーの資格を取得しよう!

ケアマネジャーの資格を取得しよう

今回の記事では、ケアマネジャーになるために必要な資格について紹介しました。

ケアマネジャーになるには、「介護支援専門員実務研修受講試験」という試験を受けて合格したのち、実務研修を修了する必要があります。
介護保険制度はケアマネジャーを中心に構成されているため、ケアマネの資格を持っていることで介護に関する総合的な知識と経験をアピールできるのが強みです。

ケアマネジャーは体力を必要とする一面もありますが、おじいちゃんやおばあちゃんから感謝の言葉を直接いただく機会が多い素敵な職業です。
仕事としてのやりがいや魅力はもちろん、活躍の場も広がっています。

今後はより一層、需要が高まるケアマネジャーの資格を取得して、憧れのケアマネジャーになりましょう!

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。