介護資格・職種 情報

ケアマネジャー(介護支援専門員)とサービス提供責任者の違いとは?仕事内容・資格・給料で比較

ケアマネジャーとサービス提供責任者は、どちらも介護を必要とする高齢者をサポートする仕事のため、違いがわからない方も多いかもしれません。
仕事内容は似ているこの2つの仕事ですが、それらの仕事内容や資格、給料には大きな違いがあるって知っていましたか?

ケアマネジャーは、介護保険サービスのリーダーとして、体の不自由や認知症などで介護サービスが必要な人のために、介護サービスの計画書を作るのが仕事です。
そして、ケアマネジャーが作成した介護全体の計画書をもとに、訪問介護サービスのプランを作るのがサービス提供責任者の仕事になります。

今回の記事では、ケアマネジャーとサービス提供責任者の違いを「仕事内容、資格、給料」の3つの面から紹介します。
また、それぞれの仕事に向いている人も併せて紹介しますので、今後の仕事を選ぶ際にぜひ参考にしてみてください。

ケアマネジャーとサービス提供責任者の仕事内容の違い

ケアマネジャーとサービス提供責任者の仕事内容の違い

ケアマネジャーは介護サービスのリーダー的な存在です。
仕事内容は、介護サービスの計画書の作成を始め、様々なことに携わります。
介護保険の中心的存在として、私たちが介護を利用する時に最も身近で頼れる存在です。

一方で、サービス提供責任者は、ケアマネジャーが作成した介護全体のサービス計画書をもとに、訪問介護サービスのプランを作ります。
ケアマネジャーが立てた計画書はあくまでも介護サービスの全体像なので、訪問介護サービス用に、詳しいプランを作る必要があります。

ケアマネジャーの仕事内容

ケアマネジャーは省略して「ケアマネ」と呼ばれます。
介護サービスにおけるリーダー的な存在で、私たちが介護サービスを利用する時に最もお世話になる人たちです。

介護サービスの計画書を作ることを始め、利用者や家族からの相談業務や介護給付費の請求など、仕事内容は幅広いものとなっています。

ケアマネジャーの仕事内容①介護サービス計画書(ケアプラン)の作成

介護サービスを利用するときには、必ず「このように介護サービスを使っていきますよ」というプランを作るようがあります。
これを介護サービス計画書(ケアプラン)といい、自分で作ることも可能ですが、かなり大変です。
そこで、ケアマネジャーが利用者からの依頼を受けて、代わりに介護サービスを使うときの計画書を作ります。

作ったあとは、「利用者がきちんとプラン通りにサービスを受けてくれているか、健康状態はどうか」などのモニタリング(観察)を行います。
場合によっては修正し、利用者に適したサービスを提供できるように心がけることが大切です。

ケアマネジャーの仕事内容②利用者や家族からの相談業務

利用者や家族からの相談に乗って、それを解決するために働きかけるのもケアマネジャーの大切な仕事です。

ケアマネジャーは利用者や家族が「何に困っているのか」「どの場面で助けが必要なのか」をしっかりと聞きとることで、抱えている不安や悩みをくみ取ります。
そして、その不安や悩みを低減・解消するために、「どんなサービスを受けるべきか」「どのくらいの回数をどのくらいの期間で行うべきか」を考えて、必要なサービスを組み合わせて介護プランを作っていきます。

介護プランを作ってからも定期的に利用者のもとへ訪れて、「体調や心の様子に変わりはないか」「最近困っていることはないか」しっかり状況を確認して、必要があれば介護プランの修正を行います。

ケアマネジャーの仕事内容③給付管理業務(介護報酬の計算・申請)

給付管理業務とは何かを説明するために、まずは介護サービスの利用者がサービスを使ってから事業所にお金が入るまでの流れを理解しておきましょう。
以下のような流れになっています。

  1. 利用者が介護サービスを使ったときに、そのサービスを提供した事業所が国民健康保険団体連合会(通称:国保連)に請求する
  2. ケアマネは利用者が毎月どんなサービスをどれくらい使ったのかをまとめた給付管理票というものを国保連に送る
  3. 国保連はそれを突き合せて、一致したら事業所にお金が入る

この介護報酬にかかる一連の流れの中で、ケアマネジャーは給付管理票の作成を担当します。
この給付管理に関する業務を給付管理業務といい、給付管理票は毎月10日までに国保連に送らなければならないので、毎月10日付近は全国のケアマネさんにとって忙しい時期といえます。

ケアマネジャーの仕事内容について、詳しくはこちらの記事をチェック!

サービス提供責任者の仕事内容

サービス提供責任者は省略して「サ責」とも呼ばれ、主な仕事は訪問介護サービスの計画書を作ることです。
現場で働くホームヘルパーに指示を出し、まとめる司令塔のような役割でもあるため、管理職としても活躍します。
時には自らホームヘルパーとして訪問介護をする場面もあるため、訪問介護のプロフェッショナルといえるでしょう。

サービス提供責任者の仕事内容①訪問介護サービスの計画書の作成

サービス提供責任者は、ケアマネジャーが作成した介護サービス全体の計画書をもとに、具体的に「いつ、何時間、どのようなサービスを提供するか」という内容をまとめた「訪問介護計画書」を作成します。

訪問介護計画書を作るためには、利用者とその家族にしっかりと事情を聞き、必要な情報をくみ取ることが必要です。
具体的には、「要介護者や家族は何に困っているのか、どういう手助けが必要なのか」徹底的な聞き取りを元に、その悩みを解決するための訪問介護サービスを組んでいきます。

利用者が自立した生活を送るためにサービス計画を考え、それによって利用者の状態が良くなっていく過程でやりがいを感じるところが、サービス提供責任者の魅力だと言えるでしょう。

サービス提供責任者の仕事内容②ホームヘルパーの業務管理

サービス提供責任者は、ホームヘルパーの業務管理を行い、ホームヘルパーをまとめるリーダーのような存在です。
訪問介護サービスの利用者ごとにふさわしいホームヘルパーを配置し、業務の進捗管理を行います。

ホームヘルパーの養成・教育も担当するため、ホームヘルパーたちの成長を伺えた時には大きなやりがいを感じます。

職場の全てのホームヘルパーから頼られる存在であるため、責任感とリーダーシップが求められるでしょう。

サービス提供責任者の仕事内容③ホームヘルパーとして訪問介護サービスを提供する

サービス提供責任者は、その名の通り「訪問介護サービスを提供する際の責任者」です。
そのため、ホームヘルパーが急きょ欠勤になってしまった時には責任を持ち、自らホームヘルパーとして訪問介護を行うこともあります。

たとえ代理だとしても質の高い訪問介護サービスを提供するため、日頃からホームヘルパーとしてのスキルアップも欠かせません。

ケアマネジャーとサービス提供責任者の資格の違い

ケアマネジャーとサービス提供責任者の資格の違い

ケアマネジャーは都道府県が認定する資格で、試験を受けるには受験資格を満たす必要があります。

一方でサービス提供責任者はケアマネジャーのような資格ではなく、業務上の役割やポジションです。
とはいえ、サービス提供責任者の仕事をするには介護福祉士の資格が必要で、持っていない場合には介護福祉士の実務者研修を受ければ資格を満たすことができます。

ケアマネジャーに必要な資格

ケアマネジャーの試験を受けるためには以下の2つの条件を満たす必要があります。

  • 特定の職業に就いた年数が通算して5年以上であること
  • その仕事に従事した日数が900日以上であること

(実務経験は、試験前日のギリギリまでカウントすることができます。)

また、ここでいう「特定の職業」とは以下の5つのうちどれかに該当すればOKです。

  1. 国家資格等に基づく業務
    →医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、精神保健福祉士
  2. 生活相談員
    →特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、介護老人福祉施設、介護予防特定施設入居者生活介護などでの、生活相談員としての業務
  3. 支援相談員
    →介護老人保健施設での、支援相談員としての業務
  4. 相談支援専門員
    →計画相談支援、障害児相談支援における、相談支援専門員としての業務
  5. 主任相談支援員
    →生活困窮者自立相談支援事業における、主任相談支援員としての業務

このような受験資格を満たすことで、ケアマネジャーの試験を受けることができます。
また、試験が終わった後には研修があり、その後も5年おきに資格の更新のための研修を受ける必要があります。

ケアマネジャーの資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

サービス提供責任者に必要な資格

サービス提供責任者は、業務上の役割・ポジションのことであり、ケアマネジャーのような資格ではありません。
サービス提供責任者を行うにあたり、以下のどちらかにあてはまることが条件です。

  • 介護福祉士の資格を持っている人
  • 介護職員実務者研修を修了した人

サービス提供責任者として働くには、介護福祉士の資格を持っている必要があります。
そのため、介護福祉士からの役割替えでサービス提供責任者になる方も多いです。

介護職員実務者研修とは、介護福祉士の試験を受けるための条件のひとつとなっている研修で、指定されたスクールでカリキュラムを修了することが求められます。
介護職員初任者研修と違って、筆記試験はありません。
内容としては、介護に関するものはもちろん、医療の分野まで幅広く学習するものです。

誰でも受講することができる上、修了後に介護施設で働き実務経験を積むことで、介護福祉士の試験を受ける資格を得ることができます。
そのため、介護職の経験がない方はまず実務者研修を修了してサービス提供責任者として働き、介護福祉士になるのがおすすめです。

サービス提供責任者の資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

ケアマネジャーとサービス提供責任者の給料の違い

ケアマネジャーとサービス提供責任者の給料の違い

介護保険サービスは、ケアマネジャーを中心に構成されています。
資格を取ることが難しく、現場から重宝される資格であるため、平均給料は介護職の中では最も高くなっています。

一方でサービス提供責任者は、ケアマネジャーに比べると低いものの、訪問介護サービスを提供する際の責任者なので、一般的な介護職よりも平均給料は高いです。

ケアマネジャーの給料

ケアマネジャーの資格は誰でも取れるわけではなく、ベテランの介護士であることを証明する資格なので、非常に重宝される職種だといえます。
ケアマネジャーの雇用形態は正社員であることが多く、平均月給は常勤職員で349,980円、非常勤職員だと265,540円です。(この中には各種の手当も含まれているため、実際の給料は低くなります。)

また、ケアマネジャーとして実務経験を積み、研修を受けると「主任ケアマネジャー」になることができます。
2021年度からは居宅介護支援事業所の管理者の要件が主任ケアマネに限定されるので、大変ニーズのある資格です。
スキルアップして主任ケアマネジャーになると、より一層の給料アップが見込めます。

サービス提供責任者の給料

訪問介護サービス事業所には、最低1名以上のサービス提供責任者を置くことが決められています。
また、事業所のホームヘルパーをまとめる存在であることから、サービス提供責任者は非常にニーズのある仕事といえます。
そのため、雇用形態は正社員の場合が多く、一般の介護職員より給料は高めに設定されています。

平均月給は常勤職員で306,150円、非常勤職員で235,300円です。
キャリアアップして「主任サービス提供責任者」になることで、さらに給料アップが期待できます。

ケアマネジャーとサービス提供責任者に向いている人

ケアマネジャーとサービス提供責任者に向いている人

ケアマネジャーは、介護が必要な人に寄り添って総合的なサポートをします。
そのため、調整力やコミュニケーション能力、包容力のある人が向いているでしょう。

サービス提供責任者は訪問介護事業所のホームヘルパーたちをまとめる存在でもあるので、責任感やリーダーシップを発揮できる人が活躍できる職種です。

ケアマネジャーに向いている人

ケアマネジャーは、介護を必要とする人にとって最も身近で頼れる存在です。
利用者が困った時になんでも相談できる関係を築くことが大切なので、コミュニケーション能力が高い人や、包容力のある人がケアマネジャーに向いているといえます。

また、ケアマネジャーは病院の医師や看護師、市区町村の職員や他の施設の職員など様々な人々と関わります。
各種の関係機関と連携を取る必要があるため、調整力がある人が望ましいでしょう。

サービス提供責任者に向いている人

訪問介護サービスの計画書を作る時には、利用者の思いをくみ取り、そのニーズを満たす必要があります。
そのため、相手の話をしっかり聞くことができる人や、他人の相談に乗ることが得意な人が向いているといえます。

また、事業所のホームヘルパーたちをまとめる役割であるため、リーダーシップを発揮できる人や、責任感がある人が活躍できるでしょう。

ケアマネジャーとサービス提供責任者の違いを理解して、介護職をめざそう!

ケアマネジャーとサービス提供責任者の違いを理解して、介護職をめざそう!

今回の記事では、ケアマネジャーとサービス提供責任者の違いについて紹介しました。

ケアマネジャーとサービス提供責任者は、どちらも介護を必要とする人をサポートする仕事という点では共通します。
とはいえ、仕事内容は異なり、ケアマネジャーは、介護保険サービスのリーダーとして、体の不自由や認知症などで介護サービスが必要な人のために、介護サービスの計画書を作るのが仕事です。
そして、ケアマネジャーが作成した介護全体の計画書をもとに、訪問介護サービスのプランを作るのがサービス提供責任者の仕事になります。

介護職は大変なこともありますが、おじいちゃんやおばあちゃんから感謝されるなど、その分やりがいも大きい仕事です。
ケアマネジャーとサービス提供責任者の違いを理解して、自分にあった職業を選びましょう。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。