介護資格・職種 情報

ケアマネジャーとホームヘルパーの違いとは?仕事内容・資格・給料の3つで比較

ケアマネジャーとホームヘルパーは、どちらも介護を必要とする高齢者をサポートする仕事のため、違いがわからない方も多いかもしれません。
一見、似たような名前の2つの仕事ですが、それらの仕事内容や資格、給料には大きな違いがあるって知っていましたか?

ケアマネジャーは、介護保険サービスのリーダーとして、体の不自由や認知症などで介護サービスが必要な人のために、介護サービスの計画書を作るのが仕事です。
そして、ホームヘルパーは介護が必要な人の家を訪ねて、ケアマネジャーが作成した計画書を元に介護サービスを提供します。

今回の記事では、ケアマネジャーとホームヘルパーの違いを「仕事内容、資格、給料」の3つの面から紹介します。
また、それぞれの仕事に向いている人も併せて紹介しますので、今後の仕事を選ぶ際にぜひ参考にしてみてください。

ケアマネジャーとホームヘルパーの仕事内容の違い

ケアマネジャーとホームヘルパーの仕事内容の違い

ケアマネジャーは介護サービスのリーダー的な存在です。
仕事内容は、介護サービスの計画書の作成を始め、様々なことに携わります。
介護保険の中心的存在として、私たちが介護を利用する時に最も身近で頼れる存在です。

一方でホームヘルパーは、介護が必要な人の家を訪問して介護サービスを提供する訪問介護サービスというものを行います。
ご飯を食べさせたり部屋の掃除をしたりするなど、利用者が困っていることを手助けする仕事です。

ケアマネジャーの仕事内容

ケアマネジャーは省略して「ケアマネ」と呼ばれます。
介護サービスにおけるリーダー的な存在で、私たちが介護サービスを利用する時に最もお世話になる人たちです。

介護サービスの計画書を作ることを始め、利用者や家族からの相談業務や介護給付費の請求など、仕事内容は幅広いものとなっています。

ケアマネジャーの仕事内容①介護サービス計画書(ケアプラン)の作成

介護サービスを利用するときには、必ず「このように介護サービスを使っていきますよ」というプランを作るようがあります。
これを介護サービス計画書(ケアプラン)といい、自分で作ることも可能ですが、かなり大変です。
そこで、ケアマネジャーが利用者からの依頼を受けて、代わりに介護サービスを使うときの計画書を作ります。

作ったあとは、「利用者がきちんとプラン通りにサービスを受けてくれているか、健康状態はどうか」などのモニタリング(観察)を行います。
場合によっては修正し、利用者に適したサービスを提供できるように心がけることが大切です。

ケアマネジャーの仕事内容②利用者や家族からの相談業務

利用者や家族からの相談に乗って、それを解決するために働きかけるのもケアマネジャーの大切な仕事です。

ケアマネジャーは利用者や家族が「何に困っているのか」「どの場面で助けが必要なのか」をしっかりと聞きとることで、抱えている不安や悩みをくみ取ります。
そして、その不安や悩みを低減・解消するために、「どんなサービスを受けるべきか」「どのくらいの回数をどのくらいの期間で行うべきか」を考えて、必要なサービスを組み合わせて介護プランを作っていきます。

介護プランを作ってからも定期的に利用者のもとへ訪れて、「体調や心の様子に変わりはないか」「最近困っていることはないか」しっかり状況を確認して、必要があれば介護プランの修正を行います。

ケアマネジャーの仕事内容③給付管理業務(介護報酬の計算・申請)

給付管理業務とは何かを説明するために、まずは介護サービスの利用者がサービスを使ってから事業所にお金が入るまでの流れを理解しておきましょう。
以下のような流れになっています。

  1. 利用者が介護サービスを使ったときに、そのサービスを提供した事業所が国民健康保険団体連合会(通称:国保連)に請求する
  2. ケアマネは利用者が毎月どんなサービスをどれくらい使ったのかをまとめた給付管理票というものを国保連に送る
  3. 国保連はそれを突き合せて、一致したら事業所にお金が入る

この介護報酬にかかる一連の流れの中で、ケアマネジャーは給付管理票の作成を担当します。
この給付管理に関する業務を給付管理業務といい、給付管理票は毎月10日までに国保連に送らなければならないので、毎月10日付近は全国のケアマネさんにとって忙しい時期といえます。

ケアマネジャーの仕事内容について、詳しくはこちらの記事をチェック!

ホームヘルパーの仕事内容

ホームヘルパーは訪問介護員のことで、自力で生活することが難しい人の自宅に訪問して介護サービスを提供する仕事です。
ご飯を食べさせたり、掃除や洗濯などの身の回りのお手伝いを通して、<健康的な生活/span>が送れるようにお手伝いします。

外出できずに家にいる高齢者にとって、ホームヘルパーは最も身近な存在です。
体だけでなく心のサポートも、ホームヘルパーの大切な仕事の1つだと言えます。

ホームヘルパーの仕事内容①身体介護(体に触れるサービス)

利用者の体に直接触れて行うサービスを、身体介護といいます。
例えば、ご飯を食べさせる、体を拭く、髪を整えるなどのサービスのことです。

介護サービスはあくまで「利用者が自立した生活を送れるようになること」を目的としているため、利用者ができるところは自分でやってもらうように促す必要があります。
「できないところを手助けして、できるところを増やしていく」ことが、ホームヘルパーの仕事です。

ホームヘルパーの仕事内容②生活援助(身の回りのサービス)

部屋の掃除や洗濯など、日常生活において必要なサービスを提供するのが生活援助です。

「腰が痛くてしゃがむことができず、床拭きができない」「腕が上がらなくて洗濯物を干すことができない」など、高齢者の多くが日常生活において困難を抱えています。
そんな困難を少しでも軽減し、毎日を健康的に暮らしていけるように支援していくのがホームヘルパーの仕事です。

ホームヘルパーの仕事について、詳しくはこちらの記事をチェック!

ケアマネジャーとホームヘルパーの資格の違い

ケアマネジャーとホームヘルパーの資格の違い

ケアマネジャーは都道府県が認定する資格で、試験を受けるには受験資格を満たす必要があります。

一方でホームヘルパーは、それ自体が資格というわけではありません。
以前はホームヘルパー1〜3級という資格がありましたが今では廃止され、ホームヘルパーという資格はなくなりました。
今からホームヘルパーになりたい方は、「介護職員初任者研修」「介護福祉士実務者研修」「生活援助従事者研修」のどれかを受けることで、訪問介護サービスを行うことができます。

ケアマネジャーに必要な資格

ケアマネジャーの試験を受けるためには以下の2つの条件を満たす必要があります。

  • 特定の職業に就いた年数が通算して5年以上であること
  • その仕事に従事した日数が900日以上であること

(実務経験は、試験前日のギリギリまでカウントすることができます。)

また、ここでいう「特定の職業」とは以下の5つのうちどれかに該当すればOKです。

  1. 国家資格等に基づく業務
    →医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、精神保健福祉士
  2. 生活相談員
    →特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、介護老人福祉施設、介護予防特定施設入居者生活介護などでの、生活相談員としての業務
  3. 支援相談員
    →介護老人保健施設での、支援相談員としての業務
  4. 相談支援専門員
    →計画相談支援、障害児相談支援における、相談支援専門員としての業務
  5. 主任相談支援員
    →生活困窮者自立相談支援事業における、主任相談支援員としての業務

このような受験資格を満たすことで、ケアマネジャーの試験を受けることができます。
また、試験が終わった後には研修があり、その後も5年おきに資格の更新のための研修を受ける必要があります。

ケアマネジャーの資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

ホームヘルパーに必要な資格

施設などでヘルパーとして働く時には資格が必要ありませんが、利用者の家を訪問してサービスを提供するホームヘルパーの場合には、必ず資格が必要です。

ホームヘルパーの仕事をするのに必要な資格は、以下の4つです。
(どれか1つでも持っていればOK)

  • 介護福祉士
  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修
  • 生活援助従事者研修

介護福祉士は国が認定する国家資格で、試験に合格することで取得できます。
「介護職員初任者研修」の資格を取得するには、各自治体が指定するスクールの講義を受けて、筆記試験に合格することが必要です。
試験内容はそれほど難しいものではないため、講義をしっかり受けて内容を確認することで合格は十分に可能でしょう。

また、「介護福祉士実務者研修」も同じようにスクールで受講しますが、こちらは筆記試験はありません。
どちらの試験も受験資格等がなく誰でも受験することができるので、挑戦するハードルは低いと言えます。

また、2018年に「生活援助従事者研修」という資格が新たに作られ、この資格を取得すると、掃除や洗濯などの生活援助に限定して、ホームヘルパーとして働けるようになりました。
こちらも誰でも受けることができる試験になっているので、未経験の方はまずここから挑戦するのがおすすめです。

ホームヘルパーの資格について、詳しくはこちらの記事をチェック!

ケアマネジャーとホームヘルパーの給料の違い

ケアマネジャーとホームヘルパーの給料の違い

介護保険サービスは、ケアマネジャーを中心に構成されています。
資格を取ることが難しく、現場から重宝される資格であるため、平均給料は介護職の中では最も高くなっています。

一方でホームヘルパーは、介護職の中で最も挑戦しやすい職業のため、比較的に給料は低めです。
とはいえ、ホームヘルパーは全ての介護職の基本となる仕事なので、まずはホームヘルパーとして実務経験を積み、介護福祉士やケアマネジャーにキャリアアップすることで給料アップを目指しましょう。

ケアマネジャーの給料

ケアマネジャーの資格は誰でも取れるわけではなく、ベテランの介護士であることを証明する資格なので、非常に重宝される職種だといえます。
ケアマネジャーの雇用形態は正社員であることが多く、平均月給は常勤職員で349,980円、非常勤職員だと265,540円です。
(この中には各種の手当も含まれているため、実際の給料は低くなります。)

また、ケアマネジャーとして実務経験を積み、研修を受けると「主任ケアマネジャー」になることができます。
2021年度からは居宅介護支援事業所の管理者の要件が主任ケアマネに限定されるので、大変ニーズのある資格です。

スキルアップして主任ケアマネジャーになると、より一層の給料アップが見込めます。

ホームヘルパーの給料

ホームヘルパーは、介護職の中で最も挑戦しやすい職業のため、比較的に給料は低めです。
雇用形態はパートやアルバイトが多く、平均月給は常勤職員で285,610円、非常勤で187,530円となっています。

資格の難易度が低いため、初めて介護の仕事をする方はまず、ホームヘルパーとして働くのがおすすめです。
ホームヘルパーは全ての介護職において基本となる仕事なので、ホームヘルパーとして実務経験を積み、介護福祉士やケアマネジャーにキャリアアップすることで給料アップを目指しましょう。

ケアマネジャーとホームヘルパーに向いている人

ケアマネジャーとホームヘルパーに向いている人

ケアマネジャーは、利用者にとって最も頼れる存在であるため、責任感やコミュニケーション能力が必要です。
また、ホームヘルパーは利用者にとって多くの時間を一緒に過ごすことになります。

あまり外出できない利用者にとって、ホームヘルパーは家に来てくれる貴重な話し相手でもあります。
自分から積極的に話しかけられる人や、「今、利用者はどんなことを考えているんだろう?」と相手の気持ちになって考えることができる人は、ホームヘルパーに向いているといえるでしょう。

ケアマネジャーに向いている人

ケアマネジャーは、介護を必要とする人にとって最も身近で頼れる存在です。
利用者が困った時になんでも相談できる関係を築くことが大切なので、責任感やコミュニケーション能力、利用者を受け入れる包容力のある人がケアマネジャーに向いているといえます。

また、ケアマネジャーは病院の医師や看護師、市区町村の職員や他の施設の職員など様々な人々と関わります。
各種の関係機関と連携を取る必要があるため、調整力がある人が望ましいでしょう。

ホームヘルパーに向いている人

ホームヘルパーは、利用者にとっては日常生活で困っていることを実際に助けてくれるありがたい存在です。
また、あまり外出できない利用者にとっては、家に来てくれる貴重な話し相手でもあります。
「今日の調子はどうですか?」など、自分から積極的に話しかけることができる人は、利用者からの信頼を得ることができるでしょう。

また、ただサービスを提供すればいいというわけではないので、「利用者は今、どんなことを考えていて、どうすれば喜んでくれるんだろう?」と相手の気持ちになって考えることが必要です。
客観的に現状を見る力も必要になります。

ケアマネジャーとホームヘルパーの違いを理解して、介護職をめざそう!

ケアマネジャーとホームヘルパーの違いを理解して、介護職をめざそう!

今回の記事では、ケアマネジャーとホームヘルパーの違いについて紹介しました。

ケアマネジャーとホームヘルパーは、どちらも介護を必要とする人をサポートする仕事という点では共通します。
とはいえ、仕事内容は異なり、ケアマネジャーは、介護保険サービスのリーダーとして、体の不自由や認知症などで介護サービスが必要な人のために、介護サービスの計画書を作るのが仕事です。
一方で、ホームヘルパーは介護が必要な人の家を訪ねて、ケアマネジャーが作成したプランを元に介護サービスを提供します。

介護職は大変ですが、おじいちゃんやおばあちゃんから感謝されるなど、その分やりがいも大きい仕事です。
ケアマネジャーとサービス提供責任者の違いを理解して、自分にあった職業を選びましょう。

著者の画像

ゆかっち

新卒で介護職を経験し、介護の仕事の魅力を体感しました。現在は「介護ノート」の運営者として、介護職の厳しさだけでなく魅力を伝えるために活動しています。